« ちょっと待って!iPadにiOS11をアップデートする時の注意 | トップページ | Apple HomePod発売延期・・・世間ではAIスピーカ元年か? »

2017年11月19日 (日)

【iPhone】 背面ガラスは修理不可?--- AppleCare +を購入した理由

iPhone8からiPhone Xまで今年発売されたiPhone 3機種は全て背面に
ガラス素材を使用しています。

さて、いつも分解をしてくれることで有名なiFixitではリペア容易性がどうか
を実際の分解結果から示してくれます。
今年のiPhoneはどうでしょう?

Teardown1 (クリックで拡大表示)

Teardown2   (クリックで拡大表示)

注目すべきは以下のコメント。
言われてきた耐久性とは異なり、バックパネルのガラスは壊れやすく、ひびが入ってしまうと交換はほぼ不可能に近いです。

なぜか?
ガラス化と同時に無線充電(Qi)対応となりコイルも追加されて接着が強くなっている
ことのように思えます。

さて、実際にバックパネルが破損した場合、Appleでの修理代金を調べた結果が
以下の通りです。

Repair_price

iPhone Xが当然一番高くて60,800円。
次がiPhone8 Plusの43,800円。
iPhone8は38,800円。

今まで(iPhone7より前)のiPhoneなら背面のFelicaを使う必要が無いので
手帳タイプの分厚いケースに入れておけばよかったのに、iPhone8系は
それができない。
QiとFelicaを使いたい場合、必然的に薄いケースが必要になります。
となると、当然、落下時の破損リスクも上昇します。

と言う事で、AppleCare +に加入することに。
まあ、決して安くはないんですけどね。

初めてオンラインで加入してみたのでざっくり流れを。

まず、iTunesでiPhoneを接続して、シリアルナンバーをコピー。
Apple Care +の購入ページをググって、シリアルを入力。
次にemailアドレス入力。

以下のようなメールが飛んできます。

Email

この時、iPhoneの場合、Apple標準アプリで起動すると「iOS診断」という
箇所をクリックするとSafariが起動します。

どうやら、事前に故障していないかの診断を行うようです。
さすがはアップル。

Agreement

上記の規約に同意して診断を実行。
数分で終了(下記参照)。

Diagnosis

さて、先のシリアル入力をしたパソコンに戻って、次のステップに。
後はAppleCare規約に同意して、住所等の情報を確認して、決済という
流れになります。

なぜか、Windows PCで夜やった時は、どのクレジットカードの入力でも
決済エラーが出たので翌朝、Macでやったら一発で決済完了しました。
原因不明ですね。

それにしても、iPhone Xは本体も高い、修理費も高い、AppleCare +も
高いと、なかなかハードルの高い商品ですね。

修理費でiPhone SEなどの新品が1台、余裕で買えるんですから。
そういう意味でiPhone SEのコストパフォーマンスが高いですね。

やっぱり、安いモデルが良かったかなぁ・・・

以上、新iPhone 8/8 Plus/Xの背面ガラスとその修理費、AppleCare +の
話でした。

では。

« ちょっと待って!iPadにiOS11をアップデートする時の注意 | トップページ | Apple HomePod発売延期・・・世間ではAIスピーカ元年か? »

Apple アップル関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ