« ちょっと待って。Huawei Mate10 Proの意外な欠点とは。 | トップページ | HuaweiヘビーユーザだけどMate 10 Proは薦めない理由。 »

2017年12月 4日 (月)

「FREETEL」プラスワン・マーケティング民事再生法申請について振り返る

先日、通信の方は楽天に売却して会社を分割したプラスワン・マーケティング、
別ブランド名はFREETEL(フリーテル)。

今日、早くもその残っていた端末事業が破たんしたとの報道が。。。

「FREETEL」のプラスワン・マーケティングが民事再生法申請 (ケータイWatch)
「FREETEL」のプラスワン・マーケティングが民事再生申し立て (ITmedia)
格安スマホ「フリーテル」端末会社、民事再生法申請 (日経)

Freetel

振り返って自分のブログで取り上げた記事は以下の2件。

【格安SIM】FREETEL(フリーテル)の評判はどう? (See_You_Laterのブログ Part 2)
格安だけど妥協無し?(Freetel SAMRAI REI) (See_You_Laterのブログ Part 2)

最初の記事は2015年12月23日付けなのでかれこれ2年前ですね。
記事の中では評判があまり良くないという印象を持って、様子見状態でした。

2本目の記事は端末についての記事。
実際、自社製品と言いながら、実は中国あたりのEMSによる外部設計委託&製造
のスタイルを取っていたと思われますが、当時はそこまで本気で調査していません。

今回の事例について教訓を幾つか考えたいと思います。
つまり、格安SIMの会社選びの際の注意点でしょうか。

①会社の決算、規模等に注意する
 これは、私がIIJmioというサービスや以前はbmobile(日本通信)などを使用していた
 時の経験から、決算関係はなるべく見るようにしています。
 自分の契約している会社の財務状況、顧客の推移などを知るためです。

②ネット上のニュースにいつも注目する
 ①と似ていますが、PC Watch/ケータイWatch/ITmedia等々のニュースサイトに
 大体会社説明関係、プレスリリース関係が出るのでチェックします。

③口コミ
 あまり使わないけどやっぱりGoogleさんに聞いてみることもします。
 やっぱり、上述のフリーテルなんかは速度アプリだと高速だとよく色んな雑誌、サイト
 などに情報がありますが噂では速度アプリだけ高スペックとなるように会社側で
 操作していた
という情報もありました。
(つまり、速度アプリだと速いのに動画が重い、遅いという噂)

そもそも、IIJなんかは価格競争に巻き込まれそうなのに、なかなか残念ながら
下げてくれません。
なぜかと言うとやっぱり品質を保つため、というIIJ中の人のツイート等などを
見ていると、なるほど、と理解できるからです。

MVO(ドコモなど)から回線卸してもらう金額って基本決まっているので、
フリーテルのような価格設定ってそもそも無理があった、という噂。

次に端末ですが、今はほぼ寡占状態ではないかと思います。
やっぱり日本メーカが次々撤退していったように、開発を早くする人員、技術力、
また早く製品化するための調達力などは大手(アップル、サムスン、Huawei、ASUS等)
にならないと難しいということ。

また、今、急激に日本でのシェアを伸ばしているHuaweiでさえ端末の利益って
そんなに無く、端末ビジネスという点ではiOS、つまりアップルの一人勝ち状態です。

だって、iFixItのサイトみても原価サイトを見ても、原価は無茶苦茶安いのに
あの高額プライスで売っている
んですもの。

ですから、日本だけで商売しているフリーテルではとても開発費を回収できる
はずが無いのです。

先日の楽天による通信事業売買報道を見て、端末事業は破たんするだろう、と
容易に想像できました。

あの時でさえ、やっぱりキャッシュがショートしていたんでしょうね。

とどめは、高田純次や佐々木希と言った有名タレントを使って広告を出すという
そりゃ、格安SIMではユーザを増やさないとペイしない→ユーザ増えると速度落ちる
という矛盾したビジネスゆえに、コスト管理はしっかりしないと。

悲しいことにIIJなんか広告、ほとんど見ませんから(苦笑)。

まあ、IIJもダメになったらやっぱりドコモやauにMNPしないとダメでしょうね。
Y!mobileやUQ Mobileと言った大手キャリアのサブブランドが格安攻勢を掛けて
来たのがトドメになったのでしょう。

今後、格安SIM、MVNO各社に向けられる目は厳しくなることでしょう。

そういう意味では競争原理が働かなくなり、大手キャリアの思うつぼに
なるのは健全な通信事業のあるべき姿なのか、疑問は残ります。

と、色々な事を考えさせられる今回の事件でした。

では。

関連記事:
【格安SIM】FREETEL(フリーテル)の評判はどう? 

« ちょっと待って。Huawei Mate10 Proの意外な欠点とは。 | トップページ | HuaweiヘビーユーザだけどMate 10 Proは薦めない理由。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ