« 「FREETEL」プラスワン・マーケティング民事再生法申請について振り返る | トップページ | 販売ランキングから見るiPhoneハイエンド志向の終わり? »

2017年12月 6日 (水)

HuaweiヘビーユーザだけどMate 10 Proは薦めない理由。

HuaweiヘビーユーザだけどMate 10 Proは薦めない理由。
一言で言えば、高い

Screenshot

Huaweiの戦略は明確で、安くても上質なデザイン(値段の割にデザインにコストを掛ける)
そして、そこそこのスペック。
Leicaというブランドをハイエンドに入れることのカメラのプレミアム感演出。

なので、P9, P9 Lite, Mate9はとても安い価格で日本販売されました。
特にハイエンドのMate9は当初6万円で現在は5万円ですから。
iPhoneと比較すると割安感があります。

Kirin 970のスペックはAI搭載ということがありますがKirin 960(Mate9)と
それほど劇的に性能向上していません。(少なくともベンチマークアプリの結果ですが。)

Apple iPhone8 A11プロセッサがマルチコアで前機種のA10より大幅に向上しているのと
比べるとちょっとがっかりします。

もちろん、ベンチマークのスコア=端末の性能とは言えないのですが。

それにしても、今回は定価が89,800円。
実売はポイント還元10%の96,980円。
(Amazonは当初8万台だったのが売れ行きが好調なので価格が9万円台に値上がり中)

Mate9は第2世代LeicaのカメラでMate10 Proも第2世代でF値が1.8に向上しています。
AIによる非測定物を認識し、カメラモードを自動選択する、という機能、これって
コンデジ(キャノンなど)に付いているiAモードと言うのと何が違うんでしょう?
最適って、どの程度、コントロールできるのか?
結局、カメラに凝る人は自分でそれなりに設定しちゃうんじゃないだろうか?

他に向上した機能は防水、防塵機能。
でも、ヘッドフォンジャックは廃止。
ディスプレイはIPSから有機ELに。
有機ELって外では多少見にくい印象があるのと、焼け付き問題が気になります。
それに、Mate9はFULL HDレベルだったのに画素数が今回増えているから
動作としては不利な状況でしょう。

とにかく、Apple iPhone XやSamsung Galaxy S8/S8+/Note8を意識した
プライス設定で、「どうだ、Huawei独自APUチップによるハイエンドモデルだ」
という押し出し感が残念。

スナドラと比較すると、Android端末としては確かにハイエンドですが、
突出している、というわけではないのです。
(この辺はベンチマークでググるとわかります。)

最近、P10もP10 Plusも昨年からのP9, P9 Liteの成功で価格を高めに
設定してきているHuawei、って気づきましたか?

なので、日本で今一番お買い得なのはMate9だと確信持っています。
コスパが高い。

Mate10 Proをもし買うなら、もう少し値下がりを待つか、Mate11(仮称)とかの
次期APUを搭載するモデルかもしれません。

最初に安いモデルで高品質な物を導入して評判を良くする。
次に少しずつ性能を上げ、それを価格転嫁して少し高めに設定する。
最後にハイエンドと言って、iPhone Xと比較して安いイメージを与え10万円
近くの高額スマホを売る。

それが今のHuaweiモデル。

多分、iPhoneを横目に見ているのと、Huawei関係者のインタビュー結果から
わかるのが次のモデルはHuawei Payという決算対応。
つまり、Felicaなどのおさいふのような機能を追加するでしょう。
もしかすると、Qiの無線給電にも対応するかもしれません。
いやいや、何だかんだ言っても顔認証に対応するかもしれません。

そう考えると、今は待ちではないかと。

以上です。

関連記事:
ちょっと待って。Huawei Mate10 Proの意外な欠点とは。

« 「FREETEL」プラスワン・マーケティング民事再生法申請について振り返る | トップページ | 販売ランキングから見るiPhoneハイエンド志向の終わり? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ