« 大雪で知る、会社の器量 | トップページ | スマホ成長神話の終わり »

2018年1月22日 (月)

今日が人生の最後だと思って・・・悔いなくブログを綴る

今年のブログ、ちょっと毛色が違うって気づきました?

一時期、体調(メンタル、フィジカル)が超悪くて、書けませんでした。
あとは、何をテーマにすればいいのか、という悩みも書けなかった理由です。

最近、「逃げ恥」「アンナチュラル」の脚本家、野木亜紀子作品にはまってます
原因は2016年、ブームだったはずの「逃げ恥」を一度も見なかったのを悔いて
先の年末年始の2日間の一挙公開で「凄いわぁ~」と感心したのがきっかけ。

Amazon Primeで逃げ恥はあるんですが1話ずつのばら売り(レンタル)。
それでもいいんだろうけど、ちょっとねぇ。。。

そこで他の作品で見つけたのが「空飛ぶ広報室」
最初は「何だ、トップガンのパクリか?」と思ったのですが、我慢して見ていくと
まあ、これがテンポいいし、人間の描き方が丁寧だし、ガッキーの目の演技で
もうすっかり夢中です。

下手すると「逃げ恥」よりもいい作品かも。

何となく、元気になれそうな、そんな題材。
笑いあり、ほろりと泣かせる部分あり。

若いころ、仕事人間だったころ、たまーにテレビドラマ見て、「全然仕事してないじゃん」
って軽く軽蔑していた頃がありました。

その頃って仕事がとても泥臭くて、ドラマのように簡単に答えが出なくて(不具合の
原因がわからずにみんなで深夜残業、休日出勤したり)。。。

ところが、ドラマってオシャレなウチに、仕事忙しいのにお酒を平日から飲んで
それでも支障なくバリバリ仕事しちゃったり。
どうみても泥臭い苦労、本気で仕事にぶつかって悩んでないだろう、なんて思ってました。

でもね、やっぱりドラマって非現実の世界
そこで非現実を仮想体験するのが面白いはずなのです。

そう思うと、これらの作品って何とも言えなく、共感できる部分が多い。

Amazon Prime会員の方は無料だから、騙されたと思って見てみてください。

多分、見る人それぞれの感じ方、あると思うんです。

その気持ちを大切にしたいです。

現在まで2回くらい繰り返し見てます。
はまると、こうなっちゃうのが自分の欠点であり、特徴なんですよね。

昔は映画作りをちょっとかじった事があるので、カメラワークを観ながら、
これってどうやってカメラ撮っているんだろう、なんて視点で見ちゃうのは
自分くらいかな。
でも、ほんと、よく撮っている。凄い。


このブログが誰の何に役立つかはわかりません。
でも、書き留めていきたいと思います。

今日が最後だと思って。。。

では。




« 大雪で知る、会社の器量 | トップページ | スマホ成長神話の終わり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ