« モバイルPCという絶滅危惧種を探す旅、大学ではPCが必要!? | トップページ | Apple Pencil対応iPad 9.7(2018)、コレでいいのかな?(買う前にちょっと読んで) »

2018年3月24日 (土)

iPhoneバッテリ交換、その前にバッテリ診断アプリで調べてみた

アマゾンのタイムセールでiPhoneの交換用バッテリが売られていました。
評判もそこそこ良くて、価格も1,500円以下と安くて思わずポチりそうに。

その前にそもそも自分のiPhoneのバッテリ容量はどのくらい有効なのか、と思いアプリをインストールして確認してみました。

使ったのは以下の2つ。
①Battery Life
②Battery Care

まずは①のBattery Lifeの測定結果から。

Iphone5s1

これはiPhone5sで主に目覚まし時計代わりに最近まで使っていたもの。
最近、バッテリ減が速くてそろそろヤバいかな、と思っていたのに意外に問題無くて肩透かし。

正しく測定できているのかの比較用にiPhone8 Plusの測定結果は 以下の通り。

Iphone8plus1

出ました、「完璧」

さて次に②のBattery Careでも比較測定。
まずはiPhone5sです。

Iphone5s2

容量 (83%)が実容量のようですからマイナス17%程度でしょうか。
先の結果と一致しています。

こちらも参考までに比較データとしてiPhone8 Plusの結果です。

Iphone8plus2

こうして見るとiPhone5sは総容量1560mAhに対し、 iPhone8 Plusは2800mAhと約2倍もの容量を積んでいますね。

この手のアプリは一体何のデータを見て容量値を表示しているのか?
技術者的には気になります。

通常バッテリモニタには電圧値をモニタするのが普通です。
しかしバッテリそのものの総残量というのはどうして算出しているのか?

謎ですね。
では。

関連記事:
ついでにMacのバッテリのへたり具合も確認してみました
今度はWindowsノートPCのバッテリへたり具合を確認してみた

« モバイルPCという絶滅危惧種を探す旅、大学ではPCが必要!? | トップページ | Apple Pencil対応iPad 9.7(2018)、コレでいいのかな?(買う前にちょっと読んで) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ