« 【購入レビュー】モバイルバッテリー RAVPower 32000mAh RP-PB064 | トップページ | iPhone10周年完全図鑑、発売そして購入 »

2018年5月12日 (土)

【レビュー】iPhone用無線充電器(Anker PowerWave 7.5)

iPhone8/iPhone8 Plus/iPhone Xから追加された機能、無線給電(充電)。
こんな記事があったので購入してみました。
Image
まずは外観から。
Pict1 上面
Pict2 底面
Pict3 充電器本体の仕様
Pict4付属のAC/DC変換器
Pict5プラグは折り畳み可能
Pict6給電器の仕様関係
Pict7USB出力口
Pict8充電器のUSB入力口
Pict9充電の様子

写真はiPhone8にTPUのカバーを付けた状態ですが左に見える青色LEDが点灯して
正常に充電ができました。

ちなみに、付属のAC/DC変換器を使わずに他のUSB 5V出力器と接続したところ
LEDが点滅状態になりました。

一応電圧、電流がどれ位流れているのかを確認しました。

Pict10(クリックで拡大)

11.9V, 0.44Aです。
つまりUSBですが12Vの出力仕様みたいですね。
専用のAC/DC変換との組み合わせが必須の模様です。

面白いのは充電始めるとかすかにファンの音がします。
上述の写真のように裏面にファン用の排気孔があるのに気が付きました。
内部は相当発熱するんでしょうね。
発熱するということはロスが多いということ。
やっぱり無線充電って効率は良くないんだろうなぁと感じました。

ちなみに充電速度ですが、10分で74%→79%程度の速度でしたが暫く置いて起きたら
90%以上に充電できたので急ぎでなければ十分実用的かな、と思いました。

過去のブログ記事にも書いていますがiPhone8やiPad Proは急速充電器
(USB-C to Lightningケーブル)で高圧&大電流充電に対応しています。
急ぎの時、容量が非常に少ない時はそちらの方が実用的でしょう。

関連記事:
【お勧め】iPad Pro用急速充電器(ANKER PowerPort Speed 1 PD30)

それにしてもAppleからこの春に発売予定だったAirPowerは一体どうなったんでしょうね?

そろそろ販売されそうな「AirPower」。パワフルな最大29W出力仕様で価格は高め…?
(gizmodo)

まだ出ないということは技術的に何か問題あるのか、調達問題か?
AirPodsもなかなか発売されなかったけど、無線品質は他社に比べて非常に
安定しているから、製品評価に時間が掛かっているだけなのかもしれません。

では。

« 【購入レビュー】モバイルバッテリー RAVPower 32000mAh RP-PB064 | トップページ | iPhone10周年完全図鑑、発売そして購入 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ