« Li-ion(リチウムイオン)バッテリの処分方法 | トップページ | Apple Store以外で買った製品の修理依頼手順(Apple Watchの例) »

2018年6月 2日 (土)

【故障】Apple Watch初代モデル、背面蓋が外れる

それは突然の出来事でした。
昼休みにApple Watchを充電器に付けて充電していて、昼休み終了時に
本体と充電マグネット部を外した時に裏蓋が一緒に外れたのです。

(以下写真はクリックで拡大表示します。)

Image1

Image2

Image3

Image4

さすがに滅多に無いことでしょうから上記の様に写真を撮りました。
マグネットに付けると本体と裏蓋を接続しているケーブルを切りそうなので
この写真のようにマスキングテープで便宜上撮影しています。

ググって見るとどうも既知の問題のようです。
(Gizmodo)

裏蓋にとりつけるマグネット式の充電ケーブルを取り外すときに、裏蓋も一緒に剥がれることがあるそう。修理の対象となるのは、Apple Watch SportやEdition(金モデル)、Hermesモデルを含む初代Apple Watchです(Series 1 2は含まない)。
(以上、抜粋)

早速、アップルのHPから修理依頼をしようとしたのですが、オンラインでは
どうもApple Care+対象外のせいか、サポートできません、というコメント表示。

仕方ないので電話してサポートと話をしたのですが、やっぱり同じようなコメント。
でも、購入したのがまだ1年経過していないと説明すると、その保証書等が必要に
なるので別途メールする、との事でした。

また、今回の件についてもアップル側は非を認めているかのような口ぶりでした。

幸いな事に、電源on/offなど動作上は問題が無かったので、iPhoneとの

ペアリングを解除して予備機とペアリングを変えて、ベルトも交換して
当面は凌げそうです。

それにしてもアップルのサポートの態度はイイですよね。いつも感心します。
ただ、裏蓋が外れる問題なのに(つまり物理的な問題)、iPhoneのOSバージョンとか
IMEIとかWatch OSのバージョンを確認するのは面白いと言うか不可解でした。
気になるのはいつ修理ができるかと他のApple Watchは大丈夫なのかな?という事。
Watch Series3もあるので本問題の無いApple Watchもあるけど困りますよね。

という事で裏蓋が外れた件でした。

では。
関連記事:

« Li-ion(リチウムイオン)バッテリの処分方法 | トップページ | Apple Store以外で買った製品の修理依頼手順(Apple Watchの例) »

Apple アップル関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ