« 【レビュー】初めてのトラックボール(Logicool M570t Wireless Trackball) | トップページ | 【充電池】とっても気になるので18650のサイズについて調べてみた »

2018年7月15日 (日)

【レビュー】AUKELLY LED懐中電灯(XML-T6)

タイムセールで1280円で安い中国製(多分・・・)と思われるLEDフラッシュライトを購入。

71jb00odawl_sl1200_

もちろん、こういう商品はアマゾンですね(怪しい・・・?)

型式も無く、下記の名称で販売されています。
AUKELLY 懐中電灯LED 強力 ハンディライト 充電 高輝度 CREE LED 懐中電灯 ズーム式 5モード 軽量 IP65防水 18650充電電池付属 停電 防災 防犯 軍事用 キャンプ アウトドア 夜釣り

では早速いつものように写真をアップします(クリックで拡大表示)。

Img_0571

箱です。思いっきりチープ感満載で100均で売っている商品という感じです。

Img_0572

相当薄いプラスチックか何か樹脂のせいか、上記赤丸のように早くもクラック(ひび割れ)
が発生していました。
面倒なので返品なんかしないであきらめです。

Img_0573

簡単なマニュアルと感謝状。

Img_0574

本体、ストラップ、充電池、充電器、充電池使用時のスペーサ(半透明)、単4を3本で
使う時の電池ボックス、ホルダーです。

Img_0575

充電器に充電池(18650???)を装着した状態です。
充電しているわけでも無いのに右端のLEDが緑に光るのはコストダウン故でしょうか。
プラグは折れる形になっていて一見便利そうですが、90度にすると緩くてAC100V
電源タップに入れる時には一苦労です。

とてもちゃちな作りで「これで大丈夫か?」という不安があります。

Img_0586

単4電池(付属しません)3本を電源ボックスに装着した状態。
エネループでも正常に動作しました。

Img_0576

左からLED LENSER M8、ANKER BOLDER LC90、本製品(AUKELLY)です。

関連記事:
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】Anker Bolder LC90 (LEDフラッシュライト)はハイコストパフォーマンスだった!

このサイズで1000ルーメン(と書いてある)なので凄いですね。

Img_0578

テール部分のスイッチ部分です。
さすがLED LENSERはほぼツラ位置にありデザイン性が高い。
ANKERはちょっとわかりにくいのですがちょっと外れそうな作り。
本製品はどちらかと言うとLED LENSERに近い感じで外れないようです。

Img_0581

ANKERとの比較写真です。
写真だとわかりにくいのですが、ANKERの質感は非常に高いのでこちらの商品が
とってもチープに感じます。
実際、小さな傷が2か所、バリが1か所購入時点でありました。
バリは爪でゴリゴリやったら取れたので、強度がそれほど強くないのかもしれません。

XML-T6というのが型式なのかな?

Img_0582

両方とも同じ18650という充電池仕様のはずです。
しかし、上記写真にあるようにANKERに比べると非常(異常)に短いです(???)。

Img_0583

なぜか、+端子の形状も全然違う・・・

Img_0584

電圧が3.7Vとの記載。

Img_0585

ANKERは3.6Vとの記載。

どういう事だ・・・

Img_0587

前述の通り単4電池との共用設計になっているので、充電池で駆動する場合には
上記のような半透明スペーサを一緒に入れるようです。

Img_0588

とっても安っぽいホルダーがありまして、一応入るのですがよく見るとわかるように
ベルクロに隙間ができる設計。
縫製もまあいかにもMADE IN CHINA感満載でした。

Img_0589

ワイド、スポット照射との切り替えはヘッド部分を前後させるとできるのは他社製品と
同様です。
ワイド側は上記のように綺麗な円になり2重になったりしないのは意外でした。

Img_0591

一方、スポット照射だとLEDの形になってしまうようです。
(写真だと綺麗ですが実際の目視だとかなり目立ちます。)

このスポットは綺麗じゃないですね。

Img_0592

別の照射写真(スポット側)も上記に載せます。
こんな感じでLEDの形が目立ちます。

アマゾンでのレビュー評価は意外に高いのですが個人的には値段相応かなと。
一番の心配事は安全性ですかね。
充電池の形が違うのはどういうことなんでしょう?

最初買った時は「うわー、チープだ!!!」と非常に後悔していたのですが、数日経つと
結構見慣れてきて、「これはこれでアリかも」と思えてきました。

この値段で充電池、充電器、ホルダー付きということ、単4電池でも使えるという
機能性は値段の割には頑張っているのかもしれません。

と言うか、これでよく儲けがでるなぁ、という気がします。

では。

関連記事:
【レビュー】LED フラッシュライト Wsiiroon XML-T6は評判通りコスパが良い
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】LED フラッシュライト OTYTY 小型低価格が魅力
【レビュー】Anker Bolder LC90 (LEDフラッシュライト)はハイコストパフォーマンスだった!
【充電池】とっても気になるので18650のサイズについて調べてみた
【レビュー】LED フラッシュライト WUBEN L50
【レビュー】LED フラッシュライト(Odepro KL42)
【レビュー】LED フラッシュライト INFRAY H1107

« 【レビュー】初めてのトラックボール(Logicool M570t Wireless Trackball) | トップページ | 【充電池】とっても気になるので18650のサイズについて調べてみた »

趣味」カテゴリの記事

関連サイト

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ