« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

PCベンチマークアプリを実行してみた(PCMark 10)

一応、新しいPCを先日購入しましたのでここはベンチマークとかやってみようかと思い、色々調べて下記を実行してみました。

PCMark 10 - The Complete Benchmark

Pcmark10

有料版もあるようですが、無料版をダウンロード。
上記リンクをスクロールして行きますと一番下にあります。

PCMark 10 Basic Edition

ダウンロードすると圧縮ファイルで2.5GBもあります(汗)。
展開して実行するまで結構時間が掛かるので時間のある時にやるのが良いかと。

実行した結果は以下の通りです(クリックで拡大表示)。

Pcmark10_result_2

測定環境:
PC HP Pavilion 15
CPU

Cpu_spec

MEMORY

Memory_spec

SSD

Ssd_spec

意外にベンチマーク結果が低い気がします。
過度に期待しすぎたのか、それとも実際のパフォーマンスを引き出せていないのかは謎ですが、一応参考にします。

では。

関連記事:
PC購入しました---詳細について
M.2 NVMe SSD交換作業やってみた(ノートPC)

2018年9月28日 (金)

【レビュー】格安中華ミラネーゼループは本物と比べてどうなのか?(Apple Watch)

前々から気になっていた格安のミラネーゼループ。

とうとう、実際に買ってどうなのかを確認してみました。

購入したのはこちら(文末参照)。

早速、比べてみました。

Img_0676 クリックで拡大表示

左のApple Watchはステンレスモデル。
右はアルミモデルです。

さて、本物はどちらでしょうか?

わかりますか?

答えは右側、もとい、左側が本物、アップル純正のミラネーゼループ。
そのお値段、税抜き16,800円(税込み18,144円)

右が今回購入した製品。
お値段、購入時点で税込み1,699円。
ちなみに、Apple Watch 4が出る前は1,399円だったのが最近値上げ傾向。
恐らく、皆さん購入しているのでは?と思われます。

では、もっと詳細に見比べましょう。

Img_0677

Img_0678

これが格安の方なんですが、写真だと判別つきません。

Img_0679

Img_0680

こっちが本物(アップル純正品)。

実際、違いらしい違いはマグネットの部分が数ミリ本物が短いくらい。

格安品は薄いかな?と思って見比べても判別できません。

唯一わかるのは擦った時の手触り。
それも微妙です。

これが本物の10分の1の価格で買える、恐るべし中華クオリティ。

まだ買って日が経っていない、実際に一日装着しての感想はまだ書けませんが
これはなかなか凄い製品だと思います。

私が心配していたのは、純正で無い場合にはApple Watch本体に装着する
部分で破損の心配があるのでは、という点でした。
なので、最初は本物を購入しました。

今回、Watch本体に装着させてみてその部分も完璧コピーされているようで
精度もかなり高そうです。

と言うことで保証外となりますが、非純正のリストバンドの紹介でした。

では。

関連記事:
Apple Watch Series 4のバンドはそれ以前のバンドが使えるのか?
【レビュー】Apple Watchベルト(バンド)レビュー


BRG コンパチブル apple watch バンド,ミラネーゼループ コンパチブルアップルウォッチバンド コンパチブル アップルウォッチ4 コンパチブルapple watch series4/3/2/1に対応 ステンレス留め金製(42mm/44mm,シルバー)

2018年9月25日 (火)

iPhone XS Maxがどうしても買えない1つの理由

それはiOSの制限。

何で、アイコン、下から並べられない?

Androidだとできるのに。

ああいう大画面モデルだと下の方によく使うアプリを並べたい。

だって簡単に指が届くから。

もちろん、iOSでも上から使用頻度の低いアプリを詰めて下に並べることができるけど、

そもそも、使用頻度の低いアプリはメイン画面(ホーム)に並べないでしょ?

同じようなサイズのiPhone 8 PlusとMate9使っているけど
Mate9のストレス少ないよ。

当然、両方とも両手で操作するのがいいけど。
Mate9の方がAndroidの「戻る」などのキーがあるのも慣れの問題か
使うストレス少ない。

ホームキーの無いiPhoneに対するUIの慣れは頑張れば何とかなりそうだけど。

という事でしばし、XS MaxよりXSの方が使いやすそうです。

では。

2018年9月24日 (月)

ディスククリーンアップ非推奨となる(Windows10)

ちょっと前の記事でしたが大切そうなのでご紹介。

「ディスク クリーンアップ」は非推奨に ~“ストレージ センサー”への移行を
互換性維持のため、当面の間は残される
(Impress)

Image2

会社ではシンクライアント端末で未だにWindows7なんです、実は。
で、何が不便かと言うとディスク容量が凄く少ないこと。

数GBしか残量が無いのでWindows updateとかがヒヤヒヤものなのです。
上記のストレージセンサーでディスク容量が増やせればマシになるのだと
思うんですが、まあ、会社のシンクラの場合はちょっと事情が違いますね。

自宅のPCは先日記述したように、Cドライブには余裕を持つようにストレージ
容量を増やしました。

まあ、写真バシバシ撮ったりしなけりゃプライベートで容量が増える、
足りなくなる、なんて無いことなんですけど。

と言うことで今後、上述のように推奨がストレージセンサーに移行する
ようになるようですが、問題なのは「マイクロソフトはなぜ告知しない?」
という点。

今回は私がたまたまいつものようにImpressのサイトを見ていたりしたから
発見したのですが、本来こういう情報こそ、何らかの告知方法があるべきでは、
と思うのです。

情報リテラシーの問題だけと片付けるのは簡単。
みんな忙しいから、こういう情報がもっと広く告知されるような仕組み、
大事だと思うのですけどね。

では。

2018年9月21日 (金)

ホントは凄いぞ、Apple Watch Series 4の衝撃

今日からいよいよiPhone XS/XS MaxとApple Watch Series 4が発売開始されましたね。

今回のApple Watch 4ですが、私もですが会社の人もかなり衝撃を受けていました。

まず大きかったのは心電図を取る機能。

特にどうって事なさそうですが、凄いのはこれがFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されたということ。

知っている人ならわかると思いますがここは日本では厚労省のように薬事関係を管轄している所。

で、これが意味することは心電図データを米国内では医療機器でのデータとして認められるということ。

凄くないですか?

国の認可って日本だと数年掛かるほど面倒な薬事法等があり参入障壁の大きな分野。
そこにサクッとアップルが開発して認可を受けた、つまりずっと前からこの認可をもらうために開発を進めていたという事実。

AbemaTVで解説者の方から聞いた情報ですが米国は日本のような医療保障制度が無いので心電図取るだけの医療行為でも数万取られるとか。

でもこのApple Watchを買えばそのデータ、異常データを医者に見せてちゃんと臨床データとして認められるということ。

これ、上手い所をちゃんと突いているなぁ。

心電計を作るにしてもあの大きさで作る、それに応じたソフトを作る、こんな事ハードもソフトも開発しているアップルにしかできないでしょ。
しかも上述の通り、凄い開発スピードで認可を貰う。凄すぎ。

Applewatch_2

Soft

もう1つの衝撃は転倒検知。
会社の人によると、世界中の開発者が転倒検知のデバイスを開発しようと苦心しているのにアップルはあの小さな時計サイズのデバイスに組み込んでしまった。

しかも、ソフトの連携もバッチリで転倒後反応が無いと救急連絡が通知される自動システム付き。

アベプラ(AbemaTVの番組)のITジャーナリスト三上洋氏によると何万ものデータを取り本当の転倒なのか違うのかの識別データもしっかり盛り込んでいるとか。

どこまで凄いねん!

世界中の医療機器開発者は震撼したでしょうね。
もうこれ勝ち目ないでしょ。

残念なのは日本では医療機器として認められていない(国ごとの認可制なので仕方ないのですが)ために上述の心電図関連はまだ非公開になっているらしい点。

まあアメリカ企業ですからアメリカ人が自分たちの欲しいデバイスを開発したということで仕方ないですね。

凄いねぇ。もっと評価されてもいいと思いますよ。

世間では新型iPhoneがやれ10万超えだとか20万近くになるとか、今日は朝からアップルストアで行列が出来たとか次元の低い話をしていますが、こういう技術の凄いところをきちんと報道しないとダメだなぁと思います。

ということで長くなりましたがApple Watch Series 4の凄さに驚いた、と言う話でした。

では。

関連記事:
結局Apple Watch Series 4買いました、からの第一印象
ホントは凄いぞ、Apple Watch Series 4の衝撃
Apple Watch Series 4のバンドはそれ以前のバンドが使えるのか?
デフォルトで転倒機能がオフになっているぞ!(Apple Watch Series 4)
Apple Watchによって心房細動を検出し命を救ったお話

2018年9月15日 (土)

Apple Watch Series 4のバンドはそれ以前のバンドが使えるのか?

新しく今までの38mm/42mmというラインアップからサイズアップして
40mm/44mmになった新型Apple Watch Series 4 (Watch 4)。

アップルストアのサイトを見ると40mmと44mmの表記しか無かったので
これまでの38mm, 42mmのバンド資産は使えないのかな?と思い確認。

Watch4 (クリックで拡大表示)

しかもお気に入りのリンクブレスレットが無い?

Applestore(クリックで拡大表示)

これまでのシーズンのバンドもそろっています、との記載。
リンクを辿ると・・・

Watch(クリックで拡大表示)

昨日は記載が無かったようですがちゃんと
Apple Watch Series 4に対応します。
と書かれています。

どういうことか、バンドの互換性について詳しく、というリンクを辿ります。

Compatibility(クリックで拡大表示)

どうやら38mmと40mmは同サイズ、42mmと44mmは同サイズの
バンドが使える仕様のようです。

うーむ。

だったら最初から38/40mmと42/44mmと選択ボタンの表記をして
くれればいいのでは?
Webページの書き換えが面倒くさかったのかな?

いずれにせよ、過去の資産が無駄にならないようでホッとしました。

では。

関連記事:
【レビュー】Apple Watchベルト(バンド)レビュー
Apple Watchによって心房細動を検出し命を救ったお話
結局Apple Watch Series 4買いました、からの第一印象
ホントは凄いぞ、Apple Watch Series 4の衝撃
Apple Watch Series 4のバンドはそれ以前のバンドが使えるのか?
デフォルトで転倒機能がオフになっているぞ!(Apple Watch Series 4)

2018年9月11日 (火)

ちょっと手ごわいノートPCのHDDをSSDにしてみた(HP Pavilion 15)

ちょっと急に夏から秋(?)になったらしく体調を崩しました。

遅くなりましたがノートPCのHDDをSSD(SATA)交換作業をしましたので
簡単に記録を残します。

過去記事:M.2 NVMe SSD交換作業やってみた(ノートPC)

本体裏蓋を開ける作業は同じです。

で、何が面倒だったか、いや正確に書くと戸惑ったという表現が正しいですが、
「コネクタの外し方」でした。

以下、一気に写真を載せますね(クリックで拡大表示します。)

Img_0664

Img_0665

上記、赤丸の部分が問題のコネクタ。

フレキのような、でも圧接しているような10極の端子でした。
(後の写真参照ください。)

Img_0666

HDDを取り外すにはバッテリが邪魔になるので外します。
まあ、これ、常識なんですが、バッテリ外すのをサボってHDDを抜こうと
したらHDDを固定している樹脂(両脇に付いている)が干渉するので断念。

Img_0667

上の写真、わかりますか?

そうです、左に90度、丁度上向きになるようにするとコネクタが外れます。
ケーブルは抜けていません。

そーっと右に引く(青いタブを使う)と外れます。

マニュアルにも記載があったのですが英語で微妙な感じが理解できてなくて
慎重に慎重を重ねて作業しました。

Img_0668_2

小ささがわかりますか?
いやー、コンシューマー製品ってホント凄いわ~。

後は簡単。
HDD固定の樹脂はHDDの突起に丁度穴が入る構造。
ネジレスです。賢い。

私のSSDは9mm用にスペーサが付いていたけど無くても問題無いでしょうね。

SATAのコネクタを慎重に外し、SSDに付け替え、両脇のホルダーを付けて
元の位置に戻し、コネクタを再挿入して終了。

と こ ろ が !

1回めはDドライブ認識せず。

再度よーく見ると完全に奥まで10極のコネクタが左に挿入されていなかった
模様で再トライして無事Dドライブとして認識しました。

現在のPCの状況を最後にお見せします。

Img_0669

Image1_3 Cドライブ(NVMe SSD)

Image2  Dドライブ(SATA SSD)

Dドライブの方は元のPCからの移設で中古。でも98%も正常でした。
もっと悪かったら新しいのを購入してたかも。

今回思ったのですがM.2 SSDとSATA HDDのハイブリッドって結構
使いにくいなぁと。
これが単純な2.5インチSATA HDD/SSDだとすべてCドライブに
フォーマットして便利に使えるのに。

NVMe M.2 SSDはスピードは早いかもしれませんが高いので
上述のような運用はコスト高。

しかもWindowsのフォルダは大体どんなアプリでもデータ領域の
デフォルトがCドライブのdocument, music, video, photoなんで
いちいちiTunes等のアプリで参照先をDドライブにするのが結構面倒。

別ドライブなんで移動したつもりがコピーになっていたりして
両方の領域を無駄遣いしないようにカット&ペーストをしたり。

前のPCのSATA SSD 2.5インチの場合全てCドライブにフォーマット
したのでそれはそれは快適でしたよ。

どうせバックアップやクローンを別ディスクにしていたので。

長くなりましたが、こんな感じで暫く運用してみようかと思います。

では。

関連記事:
【告知】PC買いました
PC購入しました---詳細について
HP Pavilion 15 開封(開腹?)の儀 
M.2 NVMe SSD交換作業やってみた(ノートPC)

2018年9月 9日 (日)

【つぶやき】震災時テレビ報道はほとんど意味が無い

北海道で震度7という大地震が発生しました。

関東に住んでいて過去2011年3月11日の東日本大震災を経験した一人として
マスコミ、特にテレビ報道について一言書きたいと思います。

今のテレビ報道、あれはホント意味無いと思います。

震災時に役立った事、何だったろうと思います。
必要なのはどこのガソリンスタンドが営業しているか、どこへ行けば
食料が調達できるのか、電池などを売っているストアはどこなのか、
そういった実際の生活圏での具体的な情報でした。

テレビでヘリを飛ばして崩れた家、土砂、そういうモノは見ている方の
気持ちを暗くさせます。

時に見ていると、捜索作業の邪魔になっているのではないか?と思える
ようなそんな報道スタッフもいます。

正直、彼らは何をしたいのでしょう?

震災で身内を失った人にコメントもらってどうするの?助けてくれるの?

避難している人に何が困っているか聞く、そういう無神経な質問ばかりで
自分たちは何か助けてくれるの?

感情的になってしまいましたが、そんな理由から無意味な報道は
なるべく見ないように心がけています。

見ている方が辛いから。

あと、どこでも災害が起こるからコレとアレを準備しましょうと
呼びかけるのも、(煽るのも)やめて欲しいです。

物流がただでさえ関西での降雨被害、北海道のインフラ破損で
弱っている時にアマゾンなど大手サイトではLEDランタンなどが
一時品切れ、また暫くすると新規投稿者からの便乗値上げ商品が。

だから、今無事なところは、無理せずに急に防災グッズなんか買わないで
欲しいですし、変なボッタクリ業者からは買わないようにして欲しいです。

話がそれましたが、テレビというマスメディアは影響力が大きいという
事を改めて認識して頂き、もっと静かに報道して欲しいです。

関西は北海道地震の影響で停電情報が全く報道されなくなりました。
現地はまだまだ復旧から遠いのです。

他のところにも、広く目を向けて、偏りの無い報道を希望します。

では。

M.2 NVMe SSD交換作業やってみた(ノートPC)

まだまだ終わらないセットアップ作業。

過去記事:
【告知】PC買いました
PC購入しました---詳細について
HP Pavilion 15 開封(開腹?)の儀 

今回は内蔵のSSDの交換作業編です。

その前にちょっとSSDについて。

今までNEC Lavieという古いノートPCのSATA HDDをSSDに変更していました。

このSATAというインターフェイスって古くて(IDEの方がもっと古いですが)
SSDの高速化のボトルネックとなる可能性が出てきました。

またSSDはNAND FLASHやコントローラなどの半導体部品だけで構成できるので
省スペース化が可能。

最近、M.2というタイプのSSDがAmazonなででもよく見られます。

なので、甘く考えていました。

ところがこれにも幾つか仕様があることが判明。
答えはSATAとNVMe(PCIe 4レーン)。

NVM Express:wikipedia

当初自分のPCはSATAだと思っていたのですがNVMeだと判明。

実際に購入時の仕様書でもPCでのコンフィグ情報からもほぼ間違いない。
最後に実際にケースを開けて実物を目視確認。

Dsc00250 クリックで拡大表示

Dsc00251

Dsc00252

切り欠きが上記写真の様に5ピンで切れています。
これがType MというNVMe PCIexpress の証拠。

実際はこのようなSSDが実装されていました。

Samsung pm961ポラリスPCIe gen3 x4、NVMe 128 GB M。2 NGFFソリッドステートドライブSSD、OEM (2280 ) (mzvlw128hegr-00000 )

そこでネット上の情報を調べて下記のSSDを購入。

HDDからSSDだと消費電力は明らかに少なくなるので相性は気にしなくても
いいはずですが、SSDで上記のように高速動作するものは発熱、消費電力にも
注意が必要だと思ったからです。

EVO 960よりEVO 970の方がプロセスが新しく消費電力が少ないのです。

ところがもう1つ問題が発生。

このM.2でSATAのケースは簡単に見つかるのですがNVMeのモノは見つからない。

仕方ないから実際にブートUSBからWindowsを再インストールしようかな、
と思ったら偶然、ケースを見つけました。
(文末参照)

あとは、今まで通り、フォーマットソフト(AOMEI)、クローンソフト
(AOMEI)を使ってクローンを作成しました。

Img_0669_2

1回めはBootデバイスが見つからないというエラーが発生して撃沈。
再度、bootデバイスになるようにフォーマットしなおしてクローン。
2回めはヒヤヒヤでしたが無事起動しました。

ケースがネジ締めなど細かい作業が多くてNEC Lavieのネジ1本でクローン
ディスクを入れ替えられるのと比べるとかなり時間が掛かり疲れました。

クローンやっていた後、SSDケースがかなり熱くなっていて本当に
負荷を掛けると発熱問題がありそうだ
と実感。

最後にパフォーマンスのベンチマーク結果。

Result 元々のSSD

Samsung_evo970 EVO 970の結果

体感ですがそんなに変わりないです。
結果もそうですし。

HDDをSSD化すると10倍位早くなるのでその時の感動とは違いますね。

次回は1TB HDDをSSDに変更する記事を書く予定です。

では。

Samsung SSD 970 EVO (M.2/NVMe)の情報

2018年9月 8日 (土)

HP Pavilion 15 開封(開腹?)の儀 

今回は早速本体の裏蓋の開封の儀です。

過去記事:PC購入しました---詳細について

参考にしたのはHP公式サイトにあるガイドブック(英語のみ)。

私のノートPCの正式名称は以下の通り:
HP Pavilion Power - 15-cb071tx

なのでこの名前から検索してマニュアルのページを辿ります。
HP Pavilion Power - 15-cb071tx - ユーザーガイド

HPの製品って計測器の頃から回路図とかを公開している、つまり
ユーザが保守、修理することも想定しているのです。
(当然、資格を持った保守員専用と現在は記載されています。)

アメリカ人は自分で修理する文化。
なので日本のサイトには上述のマニュアルは非公開なのですが
英語サイトに行くとあります。

HP Pavilion Power 15 Laptop PC * Model numbers: 15-cb000 - 15-cb099 - Maintenance and Service Guide

裏蓋のネジ、一部隠しネジもありますがそれを外します。

使った工具はコレ

Tool

以下が開封後の結果です。

Dsc00249_2 クリンクで拡大表示

次回はCドライブが割り付いているSSD(M.2 MVMe)の交換を書く予定です。

では。

関連記事:
M.2 NVMe SSD交換作業やってみた(ノートPC)

2018年9月 7日 (金)

PC購入しました---詳細について

すっかり時間が掛かりましたが一応ノートPCを新調しましたのでご報告。

過去記事:【告知】PC買いました

製品名:HP Pavilion Power 15-cb000

Hp

仕様:
・    Windows 10 Home (64bit)
・    HP Pavilion Power 15-cb000
・    【50%OFF】Microsoft Office Personal Premium
・    インテル Core i7-7700HQ プロセッサー (2.80-3.80/6)
・    15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ
・    シャドウブラック
・    16GB (8GB×2) DDR4
・    128GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ (7200回転)
・    NVIDIA GeForce GTX 1050 グラフィックス
・    内蔵Gigabit LAN (10/100/1000)
・    IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth
・    バックライトキーボード (日本語配列、テンキー付き)
・    B&O Playデュアルスピーカー
・    HP Wide Vision HD Webcam

まず、何でApple MacBook Pro/Airなどで無いかですが、単純に
Macが高いから、という理由です。

個人的には家で使うのが主なので、ディスプレイは15型以上が希望。
FHDかHDかはどちらでも良かったです。
結果的には4Kも選べるHPのモデルだったんですがWindow10と4Kは
まだスケーリングの問題があるようなのと、描画にCPU使いたくなかったので
FHDを選択。

メモリは8GBでもいいんでしょうけど64bit OSで今後もし長く使う時に
重いソフトを起動することも考えると16GBにしたかったです。

そうなるとMacBook Pro 15だと20万を軽く超えます。
10万台で抑えたかったのと過去のWindowsの資産を活かすために
Windows PCにしました。

メーカですが、先日レノボでサポセンと面倒なやり取りをしたのと
いきなり初期不良だったので今度は他メーカを検討。

たまたまHP(ヒューレットパッカード)のWEBを見て見積り試算して
みたら思ったより安かったのでコレに決定。

おまけでOffice Personal Premium (Office 365 1年無料プラス)が
プラス1万円で買えたので要らないと思っていたオフィスソフトも
バンドルしました。

さて、次回は開封(蓋の開封)について書きたいと思います。

では。

関連記事:
HP Pavilion 15 開封(開腹?)の儀 
M.2 NVMe SSD交換作業やってみた(ノートPC)

2018年9月 6日 (木)

Windowsのカレンダ設定がおかしいので直してみた

パソコン購入しました。

過去記事:【告知】PC買いました

で早速使っているのですが(レビューは落ち着いてから書く予定ですが)、
今日の日付を確認しようとWindows10の右下のカレンダを表示させたら
何やら設定がおかしい。。。

Image

さすがに長いことパソコン使っているけど初体験。

で、その原因がわかったのでメモします。

原因は以下の通り。

Solution クリックにて拡大表示

「設定」→「日付と時刻」にて
追加のカレンダーを表示しますとなっていて上記のように
繁体字中国語(旧暦)
となっていたのが原因でした。

戻したら無事変な表示が消えてホッとしました。

中国製なんでしょうかねぇ。

デフォルトのWindows10 OSが日本語設定じゃないのか、ちょっと不安。

では。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

関連サイト

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ