« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月29日 (火)

ZARD「時間の翼」なぜ廃盤?(音楽)

2007年にがんの治療入院中に転落死したZARDの坂井泉水。

彼女は生前、11枚のオリジナルアルバムを販売していますがその中の1枚、「時間の翼(ときのつばさ)」だけが現在廃盤となり新品が入手できません。

Toki_no_tsubasa 時間の翼

Album_list

(アルバムリスト:出典Wikipedia クリックで拡大表示)

上記のWikiの情報では廃盤扱いになっていませんが、ネット上では廃盤との情報が出ていること、新規購入できない模様からほぼ間違いないでしょう。

彼女が亡くなった今、真相はわかりませんが、アルバム制作にかなり何度もやり直すという徹底さを坂井泉水さんがしていたということ、「時間の翼」の中のタイトル曲である「時間の翼」が未完成の状態でリリースされたことから坂井さんがアルバムを廃盤にした、というのが一番信憑性が高そうです。

ちなみに、「時間の翼」は次のアルバム「止まっていた時計が今動き出した」(2004年1月発売)に完成された別のバージョンとして収録されています。

「時間の翼」は2001年2月発売です。Wikiによるとこの時期の前後頃から坂井さんは体調を崩していたようです。

さて、ここまでは問題無いと思うのですが、不思議な事が1つだけあります。

ベスト版ボックス(ZARD ALBUM COLLECTION~20th ANNIVERSARY~)を2012年に発売されるのですが、その商品紹介を以下に記述します。
公式サイトより抜粋)

Info (クリックで拡大表示)

1stアルバム『Good-bye My Loneliness』から最後のオリジナルアルバム『君とのDistance』までのオリジナルアルバム11作と未発表音源及びレア音源を収録したプレミアムディスクを含む、全12枚・全128曲を収録!
2枚のダブルミリオン・アルバムと4枚のミリオン・アルバム、そして現在生産中止となっている『時間の翼』も、もちろん収録!

何と言うことでしょう?絶句です。

このボックスは2万円以上もする高価なものです。
生産中止していると認識している「時間の翼」をこういう形で販売するということは一体どういうことなのでしょう?

販売してもいいと判断するなら、生産を再開すべきです。

逆に廃盤にしたのなら、再販すべきでは無いのでは?と思うのですが。。。

私は中古で上記アルバムを入手して聞きましたが結構いい曲もあり決して廃盤にしなくてもいいのではと思っています。

でも、ボーカル、作詞担当の坂井泉水さんが、もしも、廃盤にして欲しいという意思(遺志)を持っていたのなら未完成の曲は外すとか別の形で販売すべきだったのではないかと。いや、どういう形であれ再販すべきでは無いのかもしれません。

残念ながらZARDはApple Music等のストリーミングサービスではリリースされていません。
(Apple Music Storeでは何枚かのアルバムは購入可能ですが。)
なので私は中古でアルバムを入手して聞きました。

何が言いたいかといえば、結局、彼女の曲を販売する権利を持っている事務所はファンを大切にしているのかな、ということです。

1990年から2000年にかけて、日本のポピュラー音楽ではそれなりのリリースを残した彼女の作品をこういうボックスでしか新譜購入できないのはファンのためになるのか、という点です。

それにしても、ZARD生前時はリアルタイムで聞くチャンスはあったはずだったのに仕事の毎日で音楽を聴けず、今頃こういう形で聞くことになるとは何とも複雑な思いです。

では。

2019年1月21日 (月)

2019.1.19 センター入試の英語リスニング問題の件...

ツイッターを見ていたら流れてきたのがコレ。

2019年1月のセンター入試、英語リスニング問題です。

この謎のキャラクター、よく考えたものだと思う反面、大学受験生つまり18歳以上の学生へのリスニング問題にしては幼稚過ぎないかと思うのは私だけでしょうか?

大昔はリスニングの問題なんか無くて、発音が同じ単語を選ぶとかそんな試験だった気がします。

もちろん、リスニング試験ができるのであればそっちの方がいいのですが、実用的と言うか使える英語というものを目指すのであればもう少し知性のある問題にすべきではないかと。。。

そうでは無く基礎的な英語の聞き取り能力を中立的に判断すると言う目的で無理やり作った苦肉の問題、という考え方もできるのですが。

言語というものは奥深くて、社会的なバックグラウンドの差というのが問題正解のキーとなることは可能性としてあるので、そういう部分を排除させたいという出題者の意図もわかります。

でも、言語はそういう社会的な部分、つまり文脈とか知識とかそういう部分で補完する能力も言語能力の1つとして存在するのですから、やっぱりもっと普通の問題にして欲しかったですね。

この意表を突く問題は早速、ネタにされる始末。。。

なぜ作った センター試験の謎キャラ、速攻で3D化される「先を越されないようスピード優先で仕上げた」(ねとらぼ)

全く仕事早すぎでしょ(笑)

難題過ぎるということが昔問題視されたことがありましたが、あまりにも奇問ではないかな、と思うのは私が歳を取ったからなのかな?

受験生の方々、メンタルのタフさも試される試験になっているようです。
来年からも要注意ですかね(苦笑)

では。

2019年1月19日 (土)

新型iPad Pro、表示バーが邪魔!!!(iPad Pro11, iPad Pro12.9 3rd)

Face ID対応した新型iPad Pro11, iPad Pro12.9(第3世代)。

使っているとアプリによっては表示領域に「下からスワイプ」を示す横のバーが邪魔になることに気づきました。

以下は有名なあのYouTubeアプリを起動した状態の写真キャプチャです。

Youtube_2  クリックで拡大表示

本来この一番下の領域には「登録チャンネル」などのアイコン説明があるのにこれでは文字が重なって判読不明。

UI的にこの横バーって何のためなんだろう、って常々思います。
上下の状態を示すにはアイコンの文字、向きが360度回転するからどこが下かはこのバーを目印にはしていない。

そもそもホームボタンを廃止してスワイプ動作に変更したことは一回理解できれGばUIで明示する必要ないのに。

この問題がアプリ側で対応するとなると表示エリアが狭くなり、縦横比の保持のために前回の記事の様なことが起きてせっかくの大画面が活かされない。

過去記事:iPad Pro 11はiPad Pro 10.5より表示が狭い/小さかった

アップルさん、改善してくれませんかねぇ?

では。

2019.2.5更新
関連記事:不具合改善:YouTubeアプリの文字が正常表示されました

2019年1月 3日 (木)

iPad Pro 11はiPad Pro 10.5より表示が狭い/小さかった

新年、明けましておめでとうございます。

さて、早速ですが今まで新しいFace ID対応していたiPad Pro 11を使っていたんですが、ちょっと気が向いて2017年モデルのiPad Pro 10.5で動画を見ていましたら「ん?何か画面が大きくないか?」と思ったのです。

ちなみに視聴していたのはAmazon Prime Videoの4:3画質のテレビ番組。

実際にスケールで測定すると確かにiPad Pro 11 < iPad Pro 10.5 なのです。

ブラウザ(Dolphin Browser)での比較キャプチャを以下参考に載せます。

まずはiPad Pro 10.5(2017モデル)です。

Ipadpro10_5 クリックで拡大表示

次にiPad Pro 11(2018年モデル)です。

Ipadpro_11 クリックで拡大表示

縦方向を見ると表示エリアが明らかにiPad Pro 11の方が狭いです。

これはどういう事かと言うと、上記キャプチャのようにFace IDのためにホームボタンが無くなったiPad Pro 11はスワイプ用の横バーが画面下部に発生。
そのためのエリアが表示エリアから除外されています。

また上部は通知エリアで時間/日付、等々がそのままブラウザの表示エリアから除外されています。

その縦方向が圧縮された分、横方向が狭くなり全体が小さくなっています。

先のAmazon Prime Videoの4:3画像の場合、iPad Pro 10.5は画面のアプリの表示内に時間/日付等の情報が上にレイアウトされていて表示エリアを削っていません。

(本当はキャプチャしたものを載せたいのですがAmazon Prime Videoは著作権保護のためかキャプチャがうまく撮れない仕様になっています。)

普通11インチモデルと10.5インチモデルだと11インチモデルの方が表示領域が大きいと思うのですが、それが可能なのは16:9のような横長画面の場合、つまり上下に黒い無駄エリアが発生するようなアプリでないと意味が無い、ということです。

実はiPad Pro 12.9の2018年モデルも実際に何となく小さくなった気がしていたのはこういう理由だったんですね。

数字だけじゃなくて実際に使用してみないとわからないトラップ(罠)ですね。

以上、iPad Pro 11はiPad Pro 10.5より表示が狭い/小さかったという話でした。

では。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

関連サイト

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ