« 【レビュー】AUKEY 18W USB-C PA-Y18 v.s. Anker PowerPort Atom PD 1 購入の注意点など | トップページ | Apple Watch Series 5はスマートウオッチの完成形になった »

2019年8月31日 (土)

乱立しカオスなWebと簡単便利なモバイルSuicaを実感(出張)

久々に電車を使って出張に行く機会がありました。
今日はその時の話です。

目的地は宮城県仙台市。
関東なのでJR東のサービスエリア内です。

ネットを使い、事前に新幹線の特急券(指定席)等の予約をしようとPCに向かいました。
久々なので「そういえば複雑怪奇なWEBサイトが幾つかあったけどもう改善されているよな?」と思っていたのですが何とまだ残っていました。

具体的に書くと以下の通り。
・えきねっと
・VIEW's NET
・モバイルSuica
・Suicaインターネットサービス
・JREポイント
・My JR-EAST

私のように普通の会社員でもこんなに複数の似たようなサイトが存在するのは不可解。
でも、どうやら別々の機能を実装しているようです。

さすがにクレームがあったのか(IDとパスワードを複数設定しないといけないから)、My JR-EASTに「統合」という機能が実装されていました。

そこで早速リンク付けしたのが以下の結果です。

Screenshot

実を言うと、このID連携という設定をして初めてこれらが別々で全くリンクされていないと知った次第です。

そりゃ、忘れるわ。
しかも、モバイルSuicaは以前ガラケーの時代にアカウント登録してガラケー(au)のメールアドレスだったためにもうログインできなくなり、新しく設定し直したという黒歴史を思い出させますし。

関東圏以外の方々にはこれらのサイトに馴染みがないと思うので今回学習したことを忘れないため(次回確認する備忘録として)列記しておきます。

まず、「えきねっと」
これは、インターネット上(PCやスマホ)で特急券(指定席など)や乗車券の予約ができるというもの。
これの肝はカード決済という点。
登録してもメールが登録完了のメールが飛ばない、自分でキャプチャーや印刷しないとダメですよ、表示が出るという意味不明な仕様。
(実際には、搭乗予定前日にメールが来て列車番号などの情報が来ます。だったら登録完了時に飛ばせよ!と思うのですが。。。)
このチケットは当日など事前にJRの券売機、みどりの窓口で受け取る必要があります。
当日迷わないように(心配症ですのでw)サイトで券売機でのシミュレーションを見て手順を確認。
はて?予約番号もメールアドレスも無くてどうやって予約本人と認識するんだ?と思ったら、そうなんです、決済に使ったカードが必要なんです。
コレって、気が付かないと駅で受け取れないトラップ(罠)じゃない?
まあ、1回やれば(失敗すれば)学習するのでしょうかね?
最後にもう1つ愚痴ですが、HP上の券売機と実際の券売機の表示仕様が全然違っていて最初戸惑いましたよ。

Ekinet

左下にある緑のボタンがなぜか全く違っていて右にあったり、画面イメージが古すぎてメンテされていないのか、「これは初めてじゃハマるわw」と思ったものでした。(券売機で戸惑うのって後ろからのプレッシャーを感じて嫌なんですよね。だからスムーズにやりたいのよね。)

次のVIEW's NETはVIEWカード(ビックカメラカードとか)のサイト。なので今回は割愛。

次はモバイルSuica。これはね、とにかく優秀過ぎる、出来杉くんなので最後に説明します。

次のSuicaインターネットサービス。これはPCとSuicaカードリーダーとカードのSuicaを使ってPC上でチャージできるサービス。
私は以前から自宅でカード登録した状態でチャージして便利に使っていたのでこれは楽勝。
な の に 来年にはサービス終了 とか。(2020年9月)
何でも利用者減とか何とか適当な理由が付けられていました。

【重要なお知らせ】Suicaインターネットサービスの終了について

私は以前のPCにはNFCリーダがあったけど新PCに無かったのでわざわざソニー製のリーダーを購入したのに!!!!!!!
さ よ う な ら (^_^)/~

以下2つは省略(もう疲れた。。。)

さて、今回の収穫は先に述べたモバイルSuica。
私はiPhone8ユーザなのでSuica対応なのです。
最初は知らなかったのですが、モバイルSuicaだけで在来線と新幹線の特急券+乗車券すべてiPhoneだけで完結できるのでした。

しかも、特急券予約の変更は乗車数分前まで何度も変更可能(追加費用無し)という素晴らしさ。
帰りは時間がわからなかったので少し遅めに予約を取り、早く終わったので前の時間帯の電車を探し、変更でok!!

行きは在来線はSuicaで新幹線は紙のきっぷ。最初に乗車券と新幹線特急券を重ねて投入しその後でSuicaでタッチして決算する仕掛け。
いやー、時代は変わったと思いましたが帰りはiPhoneをバン、バン、とタッチするたけで面白いように自動改札が開きます
快感ですね。

えきねっと(JR東日本)って買いてあるから関西とか他の地域じゃ違うサービスなんでしょうかね?
逆に言うと、東海道新幹線以外で新幹線を使って行くのは別のハードルがありそうですね。
(当然、モバイルSuicaなんてJR東エリアしか使えないでしょうからね。)

昔の人しか知らないでしょうけど、JRって今は民間企業だけど、昔は国鉄という国有会社で1987年に分割民営化されてしまった会社です。

NTTは複数(PHSの会社、携帯の会社、固定電話の会社)に分割されたけどNTTドコモに統合されましたよね。
(NTTは昔、電電公社という名前の国有企業だった。)

鉄道は東海道新幹線はドル箱でJR東海。関東はJR東。
最近やっと開通した北陸新幹線は金沢がJR西日本で別会社なので色々ゴタゴタあったし、今でも利便性はJR東と違うデメリットがありそうです。

鉄ちゃんで無いのであまり詳しくないのですが、JR北海道は当初から言われていた通り、経営は厳しい。JR九州や四国など地方ほど鉄道のコストは人口減少の影響で厳しいので、今こそNTTのように、うまく吸収合併などして利便性を向上させて欲しいです。

長くなりましたが、分断されたサイト構成と非常に快適なモバイルSuicaの体験談でした。

では。

 

 

« 【レビュー】AUKEY 18W USB-C PA-Y18 v.s. Anker PowerPort Atom PD 1 購入の注意点など | トップページ | Apple Watch Series 5はスマートウオッチの完成形になった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ