« iPhone8からiPhone11に変更してみました(レビュー?) | トップページ | 【レビュー】これは今年のヒット商品間違いなし(Apple AirPods Pro) »

2019年10月26日 (土)

OPPO RENO Aはお買い得?(レビュー)

最近話題になっているスマホと言えばiPhone 11 Pro、Google Pixel 4などがありますが個人的に気になっていた製品がありました。
それは、OPPO RENO A。

防水防塵、おサイフケータイ対応のSIMフリースマホ「OPPO Reno A」10月18日発売(ケータイWatch)
防水とFeliCa対応で3万円台 OPPOがSIMフリー「Reno A」を10月18日に発売(ITmedia)
公式サイト(OPPOジャパン)

楽天モバイル版(128GBストレージ)もあるようですが家電量販店やMVNO各社からも購入できるSIMフリー版に興味がありました。

なぜ、コレが気になったかですが、
・Huaweiの今後の製品(Mate30 Proなど)がアメリカ制裁でGoogleストアアプリをインストールされない状態で出荷される事
・防水防塵であること(IP67)
・おサイフ機能があること
・有機ELを搭載しながら価格が3万円台後半であること

同じような事を考える方が多いようで価格comの人気ランキングでも売上一位。
発売当初はブルーとブラック2色の両方在庫があったのですが、悩んでいるうちに人気のブルーは入荷未定で仕方なくブラックを購入。
なので久々にレビューを書こうかと思います。

前もって書いておきますが、有機ELはスマホが流行り始めた当時、まだiPhoneをソフトバンクでしか扱っていなかった頃からサムスンのGalaxyシリーズで経験済でむしろiPhoneがiPhone Xから有機ELを採用しても「あれ、今頃有機ELなの?」という冷めた目で見ていました。
当時のGalaxyの経験では屋外での視認性が良くなかったり、自分は経験無かったですが「焼け付き」問題も気になっていて比較した感じだとiPhoneの普通の液晶パネルの方が綺麗に感じていました。
有機ELと言うかサムスンの色の味付けが「派手」な感じでiPhoneの方が自然な感じで好きでした。
つまり、有機ELだからイイ、高い、みたいな事でスマホを選択する必要は無く、実際に見て使って気にいるかどうか、気になるかどうかという嗜好の問題だと思います。

OPPO RENO Aの第一印象は「画面がすごく綺麗だな」というのがありました。
ちなみにスペックですが、2340×1080ドット(フルHD+)6.4型。
iPhone11を持っていることは過去記事でも書いてますがその液晶(注:Proじゃないので有機ELで無いです)も綺麗だと思っていましたがそれよりもイイか同等かなと感じました。
まあ、そもそも安いと言われているiPhone11でも7~8万円すると思えばOPPO RENO Aはコスパ高いなと感じます。

OSはAndroidベースのColor OSというiPhnoeみたいな独自OS。
Huaweiは独自のEMUIというOSを使っていますがそれよりもちょっと慣れないせいか使いにくい気がしました。
特にアプリアイコンが丸型になってしまうのはちょっと気になります。

驚いたのは顔認証と指紋認証両方、しかも指紋認証は今後流行りそうな画面内の指紋認証。

Finger-verification 

この価格でこんな機能があるのか、という感じ。
今までのハード(物理的)な指紋認証より認証が遅いみたいな心配もあったのですが、非常に快適に動作しますね。
顔認証はiPhone11 ProやPixelのような赤外線を使った本格的なモノでは無いようでフロントカメラを使う「なんちゃって顔認証」ですが暗い所では上述の指紋認証を使えるので問題にはならないかなと思いました。

さて、肝心のスペックはどうなのか。
スペックではメモリ6GBと多め、CPUはQualcomm SDM710(Snapdragon 710 )というミドルレンジ レンジのチップが乗っています。
ベンチマークとしてAnTuTuベンチマークを実行しました。
以下がその結果。

Oppo-a

約18万台でした。

比較としてiPhone11(無印)とHuawei Mate 9も実施しました。
まずはiPhone 11。

Iphone11_20191026190401

OSが違うので単純比較できませんが、45万台のスコアです。
ネット上での情報でiPhone 11 Proのベンチマーク結果がありましたがそれも大体同じ位(46万弱)でした。

最後にHuawei Mate 9です。

Mate9  

こちらは20万台でOPPO RENO Aよりも高いスコアでした。
参考までにHuawei Mate 9のスペックですがメモリ4GB、CPU HiSilicon Kirin 960です。(2016年11月リリース)
約3年前のスマホですがOPPO RENO Aよりまさかの上スペックでした。
個人的には実はMate 9の代替になるんじゃないかと思っていたフシもありましたがやや残念な結果でした。

皆様も関心があると思われるGoogle Pixel 4ではネット上の情報だと40万台のスコアのようです。
さすがはハイエンドスマホです。

さてこれから買う人に注意すべき点を幾つか紹介しておきます。

・スピーカーはモノラル
 iPhone11/11 Pro、iPhone8/8 Plus、Mate9はすべて上部フロントカメラ位の位置にスピーカーがあって横置きするとステレオ再生します。
 しかしこのOPPO RENO AやHuawei P30などはモノラルスピーカーなので注意してください。

・付属のリア保護ケースがキツイ(サイズが)
 付属してくれるのは有り難いのですがなぜかサイズがキツくて着脱は難しい、力とかコツが必要です。
 過去に沢山のスマホケースを買ってきましたがこれはダントツにキツイです。

・アクセサリー類(ケース類)の社外品が少ない
 このRENO Aはおサイフ機能があるように日本向けに開発されたモデルだと思います。
 そのためか、iPhoneやHuaweiのスマホのようにAmazonでケースを探してもなかなか見つかりません。
 これは注意した方がいいです。

逆に嬉しい点もあります。
・ヘッドフォン端子がある(3.5mmΦの普通のステレオミニプラグ)
 有線ヘッドフォン、イヤフォンが繋げられるのは最近では珍しいのでちょっと嬉しい。
 (Bluetoothヘッドフォンも持ってますが電池の持ちを気にしないといけないので有線は嬉しい。)

以上、簡単なレビューでした。
では。

関連記事:大人気OPPO RENO(レノ)A レビュー(その2)

 

« iPhone8からiPhone11に変更してみました(レビュー?) | トップページ | 【レビュー】これは今年のヒット商品間違いなし(Apple AirPods Pro) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

スマホ・アプリ」カテゴリの記事

関連サイト

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ