« ミツトヨ デジタルノギス、初期不良に当たった話(品質保証) | トップページ | 吉村大阪知事の発言でイソジン買い占め・・・デマ拡散はやめてくれ!(コロナウイルス) »

2020年7月20日 (月)

意外と知らない正しいノギスの保管法

またもノギスの話です。

下に2社のノギスの写真を掲示します。
(写真はクリックで拡大表示します。)

Shinwa
シンワ製ノギスと保管用付属ケース

Mitutoyo
ミツトヨ製ノギスと保管用付属ケース

違いわかりますか?

答えは以下の写真で説明します。

Space

ノギスは保管する時、測定面(上の写真では外側ジョウの部分)はピッタリ付けるのでは無く1~2mm開けて保管するのが正しいそうです。
(参考文献:長さ測定べからず集/ミツトヨ計測学院 p35)

理由は保管状態で温度変化による膨張などの影響を排除するとかネット上に情報がありますが上記本の中では特に記載されてませんでした。

それにしても、シンワのノギスを購入した時、写真のように綺麗にノギスを保管する場所だけくり抜いてあって、逆にミツトヨはスペースがあって最初「持ち運ぶ時の振動で揺れて良くないのでは?」と思ったほどです。
実は上記のような理由から測定面のスペースを空ける必要から緩い形状の保管ケースなのかと納得しました。

器差は±0.02mm。

器差とは測定器の精度をあらわす用語のひとつです。

JIS Z 8103:2000 4344 では下記のように説明されております。

a)測定器が示す値から示すべき真の値を引いた値

b)標準器の公称値から真の値を引いた値

  ※「真の値」についても上記JISにて定義されております。 (参考先:こちら

デジタルでは0.01mm単位で測定できるのですが実際には±0.02mmはばらつきがあるという解釈でしょう(多分)。
当然デジタルなので量子化誤差もあるのでそこを理解して使う必要がありますね。

いずれにせよ高精度が要求されるので正しい測定のためにも保管にも気をつけたいですね。

さて、シンワとミツトヨですがお互い良い点があるので参考までに列記します。

シンワ:ホールド(HOLD)機能あり 狭い場所などで測定値を読めない場合にデジタル測定値を保持できる機能。
ミツトヨの場合、このHOLDスイッチが無いので固定ネジで止めるしかありません。
ここはミツトヨはアナログな考え方なんですよね。

逆にミツトヨは一度ゼロ点調整をすれば、測定の度にゼロ点調整する必要がありません。
(絶対値ABSで移動量を計算する仕組みだそうです。)
これ、例えば上述のように1~2mm程度測定面を広げた状態で保管していても次に電源をいれたらその位置はゼロにリセットされずに広げた1.数ミリの数値を表示するのですが、シンワの場合にはゼロリセットされてしまうので一度ノギス外側ジョウを閉じてそこでゼロ(ZERO)スイッチを押してやらないといけないのです。

シンワは比較的安価にデジタルノギスを購入できるのもいいです。
ミツトヨは1万円以上ザラにするので個人で趣味で購入するには結構痛いです。

では。

関連記事:ミツトヨ デジタルノギス、初期不良に当たった話(品質保証)

« ミツトヨ デジタルノギス、初期不良に当たった話(品質保証) | トップページ | 吉村大阪知事の発言でイソジン買い占め・・・デマ拡散はやめてくれ!(コロナウイルス) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ