« iPhoneバッテリ激減現象と対処方法について(不具合改善) | トップページ | ミツトヨ デジタルノギス、初期不良に当たった話(品質保証) »

2020年7月 6日 (月)

【レビュー】Magic Keyboard (for iPad Pro)で得たもの、失ったもの

遅ればせながら、Apple iPad Pro用のMagic Keyboardを購入しました。
これ、相当悩みに悩んでの購入でした。

Magic_keyboard

まず購入前に悩んだ理由は以下の通りです。
・価格が高価(iPad Pro 12.9用は41,000円超え!!)
・重さが重く、iPad本体との組み合わせで1kgを超える
・そんなにiPadで文字入力する機会があるか?

まず価格ですが、トラックパッド付き、バックライト付きとは言えキーボードに4万円はさすがに躊躇します。

重さはiPad Pro 12.9自体が重いのですがネット上のレビューなどとかを見ると「ずっしり重い」というコメントが多く恐れをなしたのがあります。

あと文字入力ですが、実は単体のMagic Keyboard(新型と旧型)持っていますが実際にBluetoothペアリングして使ったことがほとんどない。

それとiPad用Magic Keyboard(同じ名前でややこしい)にはESCキー、照明、音量調節のキー(上1段)が省略されています。

それならMacBookの方が良くない?と思うのは誰しも同じなのです。
実際にストアでキータッチなどを確認したかったのですが新型コロナウイルス問題などあったので実機を確認できませんでした。
(Smart Keyboard folioは実際に過去触ってキータッチがどうにも好きになれませんでした。)

前置きが長くなりましたが実際に購入しての感想です。

・ヒンジの曲がる角度は懸念していたより実用的だった
・重くはなったが(ずっしりとする)許容範囲
・キータッチは単体のMagic Keyboardよりストロークがわずかに薄く、個人的にはとても好みのキータッチだった
・iPadの開閉がやりにくくなる(開閉しずらい)
・トラックパッドは想像以上に使える

最後に書いたトラックパッド、これが超快適。
今までマウスをペアリングしたり色々やってきたけどiPadにトラックパッドが付くと本当にキーボード側から手を離さず、まるでPC/Macのように操作できることを実感。

今回のiPad用Magic Keyboardによって得た物:
・PC/Macライクな使い勝手
・快適な文字入力
・膝上でiPadを置きながら操作できる
・PCと違いFanレスで静か(旧MacBook 12'だとFanレスだったけど...)

逆に失った物:
・タブレットとしての可搬性
・縦型アプリへの対応ができなくなる(90度回転状態になる)
・スタンドとして使う場合の可動域の狭さにより視聴モードが制限される
・指を使って直感的に扱うタブレットの機能性、直感性、操作性の体感


全体的に買って後悔はしていませんがトラックパッド体験が面白いと感動した事が慣れてしまったらそれはそれで使う喜びが無くなりそうで怖いです。

これから購入しようとされる方はできればコロナウィルスが落ち着いてから家電量販店やApple Storeなどで実機を触ってみることをお勧めします。

また、MacのヘビーユーザーでMacのトラックパッドに慣れている人には最強のツールになるとも思えます。

最後に意味があるかどうかわかりませんがNote PC(Laptop)やMacBook Airなどとの比較なんですが、先にも書いたようにFanの存在が大きいです。
最近、新型(2020年モデル)のMacBook Airのレビューを読んでいてちょっとした負荷(アプリ起動)でもFanが高速回転してうるさいというのがありました。
MacBook Proだと2ファン構成なのですがMacBook Airは1ファン構成なんですよね。
確かに冷却能力的に1個で冷やすとすればより高速で無いと必要な風量が確保できないつまり冷却できないので当然ですね。

それと最近話題のApple Silicon。
つまりA13チップなどのようにアップル自身がチップ開発(SoC開発)に参入して今後のMacはそれに置き換えるという話。
現在のIntelのコア(またはプロセッサ)はご存知のようにAMDのコアよりもプロセルルールが遅れています。
つまり消費電力に対する性能という点ではかなり不利なのです。

ご存知の通り、A13などiPhoneやiPadなどに使われるこのチップはファンが無いデバイスに実装されるため、高い性能と低消費電力とを両立させなければなりません。

iPad Pro 12.9 3rdモデルはA12X、4thモデルはA12Zで残念ながらA13では無い1つ古いモデルなのですが、それでもベンチマークスペックだけでも十分高速です。
なので、実はMagic Keyboardと組み合わせても決して低スペックでは無いと言うこと。


それに、今後ソフト面(iPad OS 14以降)ではよりキーボード、トラックパッドによる操作性を考慮したOS設計になると見られているので案外この組み合わせもアリなのかなと思った次第です。

あと、自分はApple Pencil 2も持っていますが実は全然使っていないのです。
もしもガシガシApple Pencilを使って絵を描いたりメモを取ったりする人は今までのキーボードレスのタブレット状態の方が使いやすいと思います。

幸いな事に(?)iPad2台持ちなので古い方は今まで通り、タブレットとして使いもう1台だけMagic Keyboard有りの横向き配置で使おうかなと考えています。

では。

 

« iPhoneバッテリ激減現象と対処方法について(不具合改善) | トップページ | ミツトヨ デジタルノギス、初期不良に当たった話(品質保証) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Apple アップル関連」カテゴリの記事

関連サイト

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ