« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月20日 (月)

傲慢なマスコミ。逆ギレ記事(羽生結弦離婚)

先日書いた羽生結弦さんの離婚の件。

最初に相手の女性を特定して記事にしたと言われる「日刊新周南」(新周南新聞社発行)の反論記事が鬼畜でした。

「うちが叩かれていることは把握しています。また、羽生さんがSNSで明かした内容についても把握していますが、田舎に住む我々には有名な方の感覚はよくわかりません。

ご本人は有名アスリート。しかも奥さんも芸能人です。にもかかわらず、プライベートが、プライバシーが、とメディアを批難する。羽生さんは少し前に写真集を盛んに宣伝していましたが、都合のいいときだけメディアを使い、都合が悪ければメディアのせいにする。これはいかがなものか。

そもそもこのような発表の仕方は普通なんですか。結婚発表では麻裕子さんの名前を明かしませんでしたが、そもそも内緒にするような話だったのか。彼女はコソコソする必要がない方だと思います。立派なバイオリニストであり、田舎に帰ってくればノーギャラでも子供たちに演奏を聞かせてくれます。素敵な女性であり、地元の宝です。

ところが、彼女の名前が公になり、取材が殺到したら『じゃ離婚します』と。『いや、ちょっと待ってくれ』という思いです。我々からすれば地元の子が泣かされた。最後までまゆちゃんを守ってくれよ。男なら最後まで守り抜けよ。それが素直な気持ちです。

先ほど人権の話をしましたが、結婚相手を隠し通そうなんて女性蔑視もいいところです。女性に対して失礼極まりない。この時代に許されるのか。世間に知られたから出て行けということでしょうか。よくもまぁこれだけ女性をバカにしたことができるなと思います。ひとりの人間を不幸にしたことに対する感覚が薄すぎるのではないか。

わずか3ヵ月で…。私が彼女の父親なら訴えています。彼女のお父さんのことはよく知っていますが、天国でガッカリしていますよ。大事に大事に宝物のように育てていましたからね」

マスコミのせいと言われて逆ギレですね。

本人が非公開にしている事を公表しておきながら話をすり替えて奥様が芸能人だとか、記事は単におめでとうという声を書いただけとか。

挙句の果てには本人同士が納得の上での離婚の原因を羽生結弦さんに押し付けて「私が彼女の父親なら訴えています」とか、どの口が言うのでしょう?

今回の件でマスコミ批判したせいか、ネット上には羽生氏をバッシングする報道が目立つようになった気がします。

そんなに彼は万能でメンタルが強靭なのでしょうか?

それこそが男性に対する蔑視です。それがわからないんでしょうね。

ストーキングに近い行動や誹謗中傷、そういうものを有名人なら全て受け止めろろでもいいたいのでしょうか?

あと、こんな簡単に離婚するなとか訳分からん第三者のコメントも、このような経験をしたことも無いのにどの口が言うのでしょう?

昨日は悲しみでしたが、今日は怒りでいっぱいです。

苦渋の決断で結婚、離婚した彼を一体どういう理由で非難するのでしょう? あなたは羽生さんの何なんでしょうか? 責任も持てないのに無責任な事を書いたり言ったりして欲しくないです。

もし、これで羽生氏や元奥様が自殺とかされたら誰がどう責任取るのでしょう?

お二人がメンタルやられないか、本当に心配になります。

では。

関連記事:

【驚きと悲しみ】羽生結弦さんの離婚発表

 

2023年11月18日 (土)

【驚きと悲しみ】羽生結弦さんの離婚発表

今朝、Yahoo!ニュースにいきなり大ニュースが。

フィギュアスケートの羽生結弦さんが結婚してから3ヶ月程度で離婚したとのこと。

以下、本人のコメントです。

応援してくださっている皆様へ

 いつも暖かいお言葉や応援、ご声援、本当にありがとうございます。

 私事ではありますが、皆様にお伝えしたいことがございます。

 私は、一般の方と結婚いたしました。

 互いを心から尊敬し、大切にしていく覚悟を持って結婚いたしました。

 それぞれを守るために様々なことを考えながら共に乗り越え、過ごしてきました。

 そんな生活の中で、お相手は、家から一歩も外に出られない状況が続いても、私を守るために行動し、支えてくれていました。

 現在、様々なメディア媒体で、一般人であるお相手、そのご親族や関係者の方々に対して、そして、私の親族、関係者に対しても、誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道がなされています。生活空間においても、不審な車や人物に徘徊されることや、突然声をかけられることもあります。

 私たちは、共に思い悩みながらも、このような事態から、互いをなんとか守っていけるように努めてきました。

 しかし、私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした。

 このような状況が続いていく可能性と、一時改善されたとしても再びこのような状況になってしまう可能性がある中で、これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました。

 これからは、一般人であるお相手、そのご親族や関係者の方々、また、私の親族、関係者に対しての誹謗中傷や無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください。

 心より、お願い申し上げます。

 この先も、前に進んでいきます。

 これからも、よろしくお願いいたします。

 羽生結弦

これ、ショックでした。

確か、一般女性と結婚したと公表した後、マスコミが配偶者の氏名等を公開していましたから。

あれ見た時、何でわざわざ一般人と書いているのに素性を明らかにするのだろうとマスコミに不信感を持ちました。

(ツイッター、現Xで拡散しないよう自重しましたが、ネット社会なので拡散は避けられなかったのが残念です。)

また、プライバシーを侵害するような行為をしたことに憤りを覚えます。

もっと悲しかったのは、こういう発表にも関わらず、マスコミや一部のファンのせいにして離婚したという羽生さんをより一層傷つけるようなコメントがヤフコメに沢山書かれていたこと。

価値観がとか他にも理由があったとしても、本人が静かに見守って欲しいと祈念したのにそれが守られなければ結婚生活を維持することがどれほど困難な事か想像がつかないのが悲しいです。

一部マスコミでは今回の羽生さんの発表内容を一部改変して一部ファンによる問題のようなニュアンスにして報道していたようですが、マスコミ(マスゴミ)自体がプライバシー侵害して報道するせいでこういう事が起きたことを反省していないのが情けなかったです。

確かにマスコミは有名人のスキャンダルなどを明かすことで生計立てている商売ですが、それにしてもこのような過熱な報道合戦があったことは猛省して欲しいと思いました。

関連記事:傲慢なマスコミ。逆ギレ記事(羽生結弦離婚)

 

2023年11月13日 (月)

【地獄】NTTグループのおまとめ請求が地獄過ぎた件

物騒な件名ですがさすがにサービスが酷すぎるのでここに残します。

背景ですが、NTT東(固定電話)とOCNモバイル(スマホ)の契約をNTTグループカードというクレカで支払っていました。

このカードですがNTTグループなのですが突然サービス終了となりました。

ところが、おまとめ請求の場合、どこでクレカ支払方法の変更をすれば良いのかわからないのです。

電話での問い合わせ、数回、何十分も待てど暮せど全く繋がらない。

メールでの問い合わせは1ヶ月近く返信無し。

今日、さすがにもう1度問い合わせ(今回は回答遅延の件と今後遅延するなら消費生活センターに連絡すると書きました。)

すると、今まで全くレスが無かったのに今日いきなり回答が来ました。(合わせて4回分の回答が一度に!!!)

で、結局は、以下のサイトから手続きしてください、ということらしいです。

https://www.ntt.com/billing/c/shiharai/creditcard.html

Photo_20231113173501

ここはOCNのサイトにリンクしています。

そしてログインして支払方法変更しようとすると

Photo_20231113173701

これによると

■請求情報の変更ができるご契約ではない
下記に該当するお客さまでご請求元会社が当社でない場合、OCNマイページでのお手続きができません。※
恐れ入りますが各請求元会社(NTT東日本・西日本、NTTファイナンス、NTTドコモ)にてお手続きをお願いいたします。
※ご契約状況や登録状況により、一部のお手続きが可能な場合があります。
・「OCN 光 with フレッツ」をご契約のお客さま
・「OCN for ドコモ光」をご契約でOCNのオプションサービスをご利用のお客さま
NTT各社のサービス利用料金をまとめてお支払い(おまとめ請求)いただいているお客さま
・その他、当社からの直接のご請求でなく、NTT各社の利用料金と合算してお支払いいただいているお客さま

赤文字のおまとめ請求だと変更できない、というオチ。

確か、以前もコレが駄目で結局、問い合わせ先(e-billing)というサービスに問い合わせしたはず。。。

これ無限ループじゃない???

仕方ないので、このエラー内容の場合の回避方法と最悪のケースを想定しておまとめ請求をやめてそれぞれの会社からの支払に戻したいと問い合わせしました。

果たしてどうなることやら。。。

何しろ、おまとめ請求のwebが全く使えないサイトでこういう問い合わせしなくても簡単に支払方法変更する方法が記載ないのですから。

(しかも問い合わせ先がほとんど電話で問い合わせしろ、という指示。

電話会社のクセにその電話が繋がらない

というのが凄く残念ですが。。。)

では。

Photo_20231113174801 https://amzn.to/3sxKjr7

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

関連サイト

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ