« 山本太郎よ、震災は自己アピールのためのものじゃない(ボランティアの意味) | トップページ | 動画の概要を一瞬で把握する方法(YouTube) »

2024年2月 6日 (火)

映画「ダイ・ハード(Die Hard)」の意味は?(英語)

突然ですが、映画「ダイ・ハード」のDie Hardってどういう意味かご存知ですか?

Diehardcoverlink

以前何かで見た情報では「なかなか死なないヤツ」だったと思ったのですが、改めて調べてみました。

まずは、ChatGPTに聞いた結果が以下の通り。

"Die hard"(ダイ・ハード)というフレーズは、強固に生き残ることや抵抗することを指します。この表現は一般的に、困難な状況や苦境に直面しても、断固として立ち向かい、決して屈しない様子を表現するために使われます。

"Die hard"は、もともとは英語のスラングとして使われていましたが、1988年に公開されたブルース・ウィリス主演の映画「ダイ・ハード」に由来して、より広く知られるようになりました。この映画では、ウィリス演じるジョン・マクレーンが困難な状況に直面しながらも、粘り強さや頑強さを示す姿が描かれており、その姿勢が「ダイ・ハード」の意味として広まりました。

しかし、AIですからファクトチェック(真偽の確認)も必要ですのでググってみたら同じような説明がネット上にあったのである程度正しいのかなと。

若い頃、この表現が文法的になんかしっくりこなくて、モヤモヤしていたのですが、スラングと聞いて納得。

ちなみに、この言葉を使った慣用句で以下の物が有名なようです。

Old habits die hard. 「身についた癖は容易に直らない」

身につまされることわざですね。。。

以下は余談。

なぜ、こんな事を突然書いているかと言うとさっきAmazon Prime無料映画(会員無料という意味)で久々にダイ・ハードを見たので。

大分昔に見たのでもうあらすじ等ほとんど覚えてないです。調べるとアメリカ公開1988年、日本公開1989年でした。そりゃ無理ないわ。

でも改めて見てもハラハラドキドキが凄くて、娯楽映画とはこういうものだよね、という感想。

最近値上がりされたがまだアメリカ本土より割安な日本のAmazon Primeの元を少しでも取ろうというセコい考えで懐かしい映画(無料に限る)を数日おきに見てます。

過去に見たトップガン(初期作)、プリティ・ウーマン、見たことなかったフォレスト・ガンプ、フルメタル・ジャケット、サタデー・ナイト・フィーバー。

映画って本当に面白いですね、と昔淀川長治さんがテレビで言ってた(歳がバレるか?)のがしみじみわかる今日このごろ。

ちなみに、ダイ・ハードの英語ですが、やっぱりブルース・ウィリスのボゾボソした喋りは聞き取りにくいですが、日本語字幕の助けを借りて聞き取れる箇所が増えているのは英語学習の数少ない励みにはなりますね。

英語を言語のまま視聴するのは恐らく一生掛かってももう無理だと思っていますが。

それにしても自分が学生時代にこんな素晴らしいサービスがあったら映画見まくっていただろうなぁ。。。

インターネットの発達した今の時代に生きている若者達が本当に羨ましいですし、もっと遅くに生まれたかったなぁと最近思います。

長くなりましたのでそろそろこの辺で。

では。

ダイ・ハード Blu-ray版(アマゾン)

« 山本太郎よ、震災は自己アピールのためのものじゃない(ボランティアの意味) | トップページ | 動画の概要を一瞬で把握する方法(YouTube) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

関連サイト

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ