Apple アップル関連

2018年9月21日 (金)

ホントは凄いぞ、Apple Watch Series 4の衝撃

今日からいよいよiPhone XS/XS MaxとApple Watch Series 4が発売開始されましたね。

今回のApple Watch 4ですが、私もですが会社の人もかなり衝撃を受けていました。

まず大きかったのは心電図を取る機能。

特にどうって事なさそうですが、凄いのはこれがFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されたということ。

知っている人ならわかると思いますがここは日本では厚労省のように薬事関係を管轄している所。

で、これが意味することは心電図データを米国内では医療機器でのデータとして認められるということ。

凄くないですか?

国の認可って日本だと数年掛かるほど面倒な薬事法等があり参入障壁の大きな分野。
そこにサクッとアップルが開発して認可を受けた、つまりずっと前からこの認可をもらうために開発を進めていたという事実。

AbemaTVで解説者の方から聞いた情報ですが米国は日本のような医療保障制度が無いので心電図取るだけの医療行為でも数万取られるとか。

でもこのApple Watchを買えばそのデータ、異常データを医者に見せてちゃんと臨床データとして認められるということ。

これ、上手い所をちゃんと突いているなぁ。

心電計を作るにしてもあの大きさで作る、それに応じたソフトを作る、こんな事ハードもソフトも開発しているアップルにしかできないでしょ。
しかも上述の通り、凄い開発スピードで認可を貰う。凄すぎ。

Applewatch_2

Soft

もう1つの衝撃は転倒検知。
会社の人によると、世界中の開発者が転倒検知のデバイスを開発しようと苦心しているのにアップルはあの小さな時計サイズのデバイスに組み込んでしまった。

しかも、ソフトの連携もバッチリで転倒後反応が無いと救急連絡が通知される自動システム付き。

アベプラ(AbemaTVの番組)のITジャーナリスト三上洋氏によると何万ものデータを取り本当の転倒なのか違うのかの識別データもしっかり盛り込んでいるとか。

どこまで凄いねん!

世界中の医療機器開発者は震撼したでしょうね。
もうこれ勝ち目ないでしょ。

残念なのは日本では医療機器として認められていない(国ごとの認可制なので仕方ないのですが)ために上述の心電図関連はまだ非公開になっているらしい点。

まあアメリカ企業ですからアメリカ人が自分たちの欲しいデバイスを開発したということで仕方ないですね。

凄いねぇ。もっと評価されてもいいと思いますよ。

世間では新型iPhoneがやれ10万超えだとか20万近くになるとか、今日は朝からアップルストアで行列が出来たとか次元の低い話をしていますが、こういう技術の凄いところをきちんと報道しないとダメだなぁと思います。

ということで長くなりましたがApple Watch Series 4の凄さに驚いた、と言う話でした。

では。

2018年9月15日 (土)

Apple Watch Series 4のバンドはそれ以前のバンドが使えるのか?

新しく今までの38mm/42mmというラインアップからサイズアップして
40mm/44mmになった新型Apple Watch Series 4 (Watch 4)。

アップルストアのサイトを見ると40mmと44mmの表記しか無かったので
これまでの38mm, 42mmのバンド資産は使えないのかな?と思い確認。

Watch4 (クリックで拡大表示)

しかもお気に入りのリンクブレスレットが無い?

Applestore(クリックで拡大表示)

これまでのシーズンのバンドもそろっています、との記載。
リンクを辿ると・・・

Watch(クリックで拡大表示)

昨日は記載が無かったようですがちゃんと
Apple Watch Series 4に対応します。
と書かれています。

どういうことか、バンドの互換性について詳しく、というリンクを辿ります。

Compatibility(クリックで拡大表示)

どうやら38mmと40mmは同サイズ、42mmと44mmは同サイズの
バンドが使える仕様のようです。

うーむ。

だったら最初から38/40mmと42/44mmと選択ボタンの表記をして
くれればいいのでは?
Webページの書き換えが面倒くさかったのかな?

いずれにせよ、過去の資産が無駄にならないようでホッとしました。

では。

関連記事:
【レビュー】Apple Watchベルト(バンド)レビュー

2018年8月14日 (火)

【FAQ】アップルストアのサポセンからよく聞かれる質問事項をまとめました

Apple Watch初代モデル裏蓋外れ修理でアップルのサポセンに何度も電話した私。

自分はエンジニアなので「そうきたか(それはこっちを疑っているな)」
思われる質問を何回も受けましたが冷静に相手の意図を悟って回答できました。

そこで今回のケースでよくある質問とその回答例をFAQ(よくある質問)として
まとめてみます。

Q:落としたり水に付けたりしたことはありませんか?
A:いいえありません。本体は非常に綺麗です(事実です。)

 <解説>原因が別であっても外的ストレスを与えた場合には無償保証対象外となるため
       敢えてこういう意地悪質問をすると思われます。
       不具合の原因が外的要因かそうでないのか切り分けができないためです。

Q:腕にスプレーなど付けてApple Watchを使ったとかありませんか?
A:全くありません(これも事実です。)

  →もしスプレーや日焼け止めとか使ったらどういうストーリーになるのかな?
   その場合、もっと詳細に確認されて有償修理になるのかな?怖い。

Q:iPhoneとApple WatchのOSのレビジョンを教えてください
A:(関係ないだろう?と思いつつ)レビジョンを回答しました。

 <解説>デフォルトのフォームがあるケースでしょう。
       ハードの不具合と特定できないケースの場合、OSのREVを確認するのは
       テンプレートなのでサポートの人に文句言ってもしょうがないので
       心を冷静に(我慢して)お答えしましょう。

Q:今、Apple Watchはどのような状態でしょうか?
A:電源は正常に入る状態で裏蓋が取れた以外は問題はありません。

 <解説>これは後で修理に出す場合にApple Watchを探す=ペアリングが
       残った状態、だと修理に入れない設定にストア側の端末設定がなって
       いるため。
       セキュリティの仕様からiPhone/Apple WatchはGPSで位置情報を発信
       できる状態では修理用のプロセス(完全にペアリング解除)に入れない
       設計仕様なんでしょうね(多分)。

Q:どのような状況で今回の不具合に至りましたか?
A:充電をしていて充電後に充電器から外す時に裏蓋がマグネットで充電器に付いて
 外れてしまいました。それ以前は正常に使用できていました。
 (不具合前には問題無かったことを強調する)

 <解説>不具合に至った時、まず疑うのは「変化点の有無」です。
       これは不具合調査の基本中の基本。
       なので、不具合発生以前に異常が無かったことを強調することで
       原因切り分けが明確にでき、修理に進みやすくなります。

取り敢えず思い出せるのは以上です。(本当はもっと沢山あったと思います。)

では。

関連記事:
【故障】Apple Watch初代モデル、背面蓋が外れる
Apple Watch裏蓋取れ→修理により交換される
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる その2
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる その3
【悲報】初代Apple Watchついに3回目の裏蓋外れに遭遇・・・

【悲報】初代Apple Watchついに3回目の裏蓋外れに遭遇・・・

タイトルの通りです。

明日から休みなのでまたまた修理行きです。

しかも、1回交換した機体から(=つまり新品交換品から)発生です。。。

もうさすがにメンタルやられそう。

アップルサポートセンタとのやり取りも、もはや定例業務のようにスラスラできます。
だってほんの数週前にやったばかりですもの。

参った。。。

1st_2 1回目

2nd_2 2回目

3rd_2 3回目(今回)
(写真は全てクリックで拡大表示)

関連記事:
【故障】Apple Watch初代モデル、背面蓋が外れる

Apple Watch裏蓋取れ→修理により交換される
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる その2
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる その3
【FAQ】アップルストアのサポセンからよく聞かれる質問事項をまとめました

2018年8月11日 (土)

【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる その3

Apple Watch修理についての最終回(だといいんだけど)。

こんな感じでヤマト運輸のピックアップとアップル修理センタへ運ばれました。

Yamato(クリックで拡大表示)

8/7に受け取ってからなぜか1日移動無し(?)。

8/9にアップルに到着しました。

到着するとアップルより下記のメールが来ました。

Support_mail_2 (クリックで拡大表示)

メールにある修理状況というところをクリックするとサポートサイトで状況確認できます。

ここから数時間で現象確認→交換手配→発送となります。

Photo (クリックで拡大表示)

後はクロネコさんが頑張って配送してくれました。

Yamato_arrival (クリックで拡大表示)

段ボールはどうも専用のようで、白い箱(前回の修理を参照ください)に
ピッタリのサイズで緩衝材など余計はゴミが発生しないシンプルかつ
エコロジーなシステム。

恐るべしアップル。

だって修理用の白い箱も専用に綺麗な化粧ケースだし、そのサイズに合わせた
段ボールまで(1枚仕立て)設計しているんだから。。。

ペアリング、バックアップからの復元をして無事動作しました。

当然、交換修理だったのでシリアル番号は変わりました。

さて、残りのApple Watchはいつ裏蓋が外れるのか、ヒヤヒヤしますね。

では。

関連記事:
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる その2
【故障】Apple Watch初代モデル、背面蓋が外れる
Apple Watch裏蓋取れ→修理により交換される

2018年8月 6日 (月)

【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる その2

先日の記事の続きです。

前回記事:【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる

先週金曜夜にメールにてApple Watchの納品書、領収書を送付。
今日の10時過ぎにアップルストアより電話がありました。

正常に登録が完了したのでテクニカルサポートとコンタクトを取って修理を進めてくださいとのことでした。

おや?

どうも言わないと転送してくれないようです。
なので、「担当部署に電話転送してもらえませんか?」と依頼。
転送の保留時にまたまたヒップポップ系の音楽が流れて数分待ちました。

やっとテクニカルサポートにつながり、状況を説明。
引き取り(宅急便)かサポートショップへの持ち込み、どちらを選ぶか聞かれて
迷わず宅急便のピックアップサービスを選択。

すると、「登録手配のために修理頂くApple Watchのペアリングを解除してください」
とのこと。
もしくは、Apple Watchを探す、の設定を解除して欲しいらしい。
どうも、そのような修理システムになっているらしい(よくわからないが盗難防止なのかな?)

ペアリング解除って時間掛かるんですよね、特に初代Apple Watchは。
そう言うと担当者も電話口で苦笑いしているようでした。

なので、修理をすることが確定の場合、事前にペアリング解除しておくのがよいでしょう。

ペアリング解除中に住所情報を連絡。
解除が確認できるとサポート側でも登録可能になるらしく、「解除が確認できました」
と言っていました。

その後、受け取り日の確定、メールの送付先の再確認。

電話を切って間もなくメールが来て修理状況の確認リンクが張られていました。

と、今日はここまで。

明日以降にピックアップされて修理へと向かう予定です。

では。

関連記事:
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる その3
【故障】Apple Watch初代モデル、背面蓋が外れる
Apple Watch裏蓋取れ→修理により交換される
【FAQ】アップルストアのサポセンからよく聞かれる質問事項をまとめました

2018年8月 3日 (金)

【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる

それはまたもお昼休みの充電後の出来事でした。

Apple Watchの裏蓋が充電器のマグネットにくっついて外れてしまいました。
今回は前回交換修理してもらったのとは他の個体。

早速、自分の過去ブログを見て、対応を開始。

過去記事:Apple Store以外で買った製品の修理依頼手順(Apple Watchの例)

夕方、アップルストアに電話。

サポートセンタとやり取りして、通常修理になりそうだったので
「まだ買って1年しないので保証内なんですけど」と説明。

すると、前回同様にまずは製品の登録、つまり購入証明を元にApple Watchの
購入日登録をアップル側にする必要があるとのこと。

しかも、その登録の部署がなぜか9:00-18:00 平日のみの営業とか。

後で今回のサポート情報を再度説明するのが面倒だったのでメールで
受付No.を送るように指示。(←これ大事)
メールが届いて昨日は終了。

ちなみに、
「今回の不具合では初期故障対応が3年になるとネット上にあるんですけど?」
と確認したところ、その内容を認めてくれました。
という事で今後同様の不具合が発生しても同様の対応が可能なようです。

本日、再度サポセンに電話。
その時に問い合わせ番号(昨日メールでもらったもの)を入力(電話のキーパッドより)。

すると前回とは全く異なり昨日の依頼内容がちゃんと一発で伝わっており(当たり前か)
スムーズに製品登録部署に電話転送。

待つこと数分。騒がしい音楽を聴かされながら保留状態でした。

登録窓口の担当者から自分宛に登録依頼用のメールが送信されました。

夜、自宅からメールに購入証明となるモノの写真を添付して返送。

現在のステータスはここです。

土日は休みなので今後の対応は来週月曜以降になる見込み。

また、状況をアップデートします。

では。

関連記事:
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる その2
【2回目】初代Apple Watch裏蓋外れる その3
【故障】Apple Watch初代モデル、背面蓋が外れる
Apple Watch裏蓋取れ→修理により交換される
【FAQ】アップルストアのサポセンからよく聞かれる質問事項をまとめました

2018年6月17日 (日)

Apple Watch裏蓋取れ→修理により交換される

先日書いたApple Watchの修理の件。

修理から帰ってきたのでそのご報告を。

Dscf2264

アップルからの修理返却の箱はいつも思いますがしっかりしていてこだわりを感じます。
大きそうに見えますが、実際は小さいです。

Dscf2265

Dscf2266

何やら紙が入っています。

Dsc01241

Dsc01240 クリックで拡大

どうやら修理ではなく、交換処理のようです。

Dscf2267

新品のようにフィルムが巻いてありました。

上述のように、不具合の現象、原因、対策は全くないというのも凄いです。
(いい意味でも悪い意味でもアップルらしい。)

さて、今回の修理は前回の記事にも書いたように電話放置1週間という対応だったのですが
その後の修理の速さは想像の斜め上でした。

6/8(金)18:50に電話によるサポート終了
6/10(日)クロネコヤマトによる回収
6/11(月)アップルストア到着、現象確認、代品送付
6/12(火)自宅に到着

凄く速い対応には参りました。
そうなんです、ユーザの希望はとにかく早く代品でも何でも問題を解決して欲しいのです。

6/11の処理はホント、数時間の処理でした。
これは称賛していいでしょう。

では。

関連記事:
【故障】Apple Watch初代モデル、背面蓋が外れる
Apple Store以外で買った製品の修理依頼手順(Apple Watchの例)
【FAQ】アップルストアのサポセンからよく聞かれる質問事項をまとめました

2018年6月16日 (土)

Apple Pencil用グリップ、コレはお勧めかも!

ご存じApple Pencil。

デザインはシンプルで美しいのですがそのままだと転がりやすいのと手に持つと
硬くて手が痛くなる欠点があります。

そこで、グリップを買ってみました。
(と書いていますが実はApple Pencil購入と同時購入しています。
 ショップで触った感触で必要性を感じたからです。)

FRTMA Apple Pencil用グリップ(マグネット付き)です。

Dsc01239

こんな感じでマグネットが付いているお陰でiPad用のカバーにピタリとくっつくのがいいです。
それに握った感じもイイ感じ。

一か所気になる点は完全な円形(筒形)では無いので人によっては気になるかも
しれない点だけです。

アマゾンでそんなに高くない値段で売っていてレビュー評価もそこそこ良いので
結構お勧めかもしれません。

では。

【レビュー】iPad用キーボード買ってみた(Logicool® KEYS-TO-GO Ultra-portable Keyboard iK1042BKA)

iPad (Pro)用に薄型のBluetoothキーボードを買ってみました。

Logicool® KEYS-TO-GO Ultra-portable Keyboard iK1042BKA です。

Keystogo_2

本当はSmartkeyboardも比較検討にあったのですが以下の理由で却下。

・iPad Pro 12.9用、10.5用別々に用意する必要がある
・同じ理由でiPad Proにしか使えない
・使わない時、iPad本体が重くなってしまう
・高い(約2万円)

まずは梱包から見ていきます。

Dsc01229

Dsc01230

さすがに実売8千円以上もするだけあって梱包箱は結構しっかりしていますね。
マグネットの扉を開くと本体が見えます。

Dsc01231

内容物は本体、充電用microUSBケーブル(L=40cm)、簡易説明書、保証書、スタンドです。

Dsc01225

Dsc01232

Dsc01233

比較のためにApple Magic Keyboardと比較してみました。
サイズは横幅は狭く、奥行きは大きい結果です。

Dsc01234

本体右端上に電源スイッチ、充電用のmicroUSB口があります。
結構小さいのでON/OFFしずらいのと、ケーブルの挿抜が固い感じを受けました。

Dsc01238

厚みですが一番厚いと思われる所でも6mm程度とかなり薄いことがわかります。

Dsc01236 クリックで拡大

Dsc01237

キーピッチの比較写真です。
本製品は約18mm、Apple Magicキーボードは約19mmでした。

キーボード自体の感触ですがSmartkeyboardと似た感じでした。
音は静音タイプ。
ポチポチとスイッチを押すような感触です。
表面はSmartkeyboardがファブリックだったので継時変化が心配なのに対し
こちらは樹脂なのでその心配はやや少なそうに思えました。

ペアリングは右上にあるBluetoothボタンを2秒以上押すとできます。

気になったのは英語キーボードしか無いので日本語/英語切り替えは
cntl+スペースで切り替える必要があり、そのcntlキーが小さいのでブラインドタッチでは
ちょっと厳しい点です。

もう1か所気になったのはEnter(Return)のキーの小ささ。

Dsc01226

これはギリギリブラインドタッチ可能ですけれど急いで入力する場合には結構神経
使うかもしれません。
当然ですがApple Magic Keyboardの場合、問題無いですね。

まとめですが、利点はやはり薄いことで携帯性が高いこと、
Smartkeyboard同様に飲み物等をこぼしても隙間が無いので問題無い点
軽いことでしょうか。

逆に気になるのは日本語/英語の切り替え、リターンキーの小ささでしょうか。
短文を入力する程度なら問題ないのでしょうけど、果たしてそのような場合に
いちいちペアリングしたBluetoothキーボードで入力するのか?という事。

ソフトウェアキーボードで十分じゃない?

キーボードを探す旅はまだまだ続きそうです。

では。

より以前の記事一覧

関連サイト

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ