スポーツ

2024年2月25日 (日)

大谷大フィーバーに見る日本人心理

今年からロサンゼルス・ドジャーズに移籍した大谷翔平。

右肘手術により投手としては今年活躍できないですがその分、打撃に期待が集まっています。

それにしても、今年の日本のマスコミ(テレビ)における大谷の扱い、大フィーバーぶりに少し戸惑っています。

私自身、日ハム時代から彼のファンでしたし、彼の一挙手一投足を見ていたい人間の一人なのでメジャーリーグでの彼の活躍も当然興味があるのですが、アメリカのメディアとかをネットで見ても当然の事ながら日本のマスコミのように大谷の事を普通のニュース枠で扱ったりしていません。

日本では普通のニュースに大谷がフリーバッティングでどうだったとか、いちいち報道していてそれに対してコメンテイターという肩書の謎の人々(?)がああだ、こうだと意見を述べるというのが一般的になっています。

この心理は一体なんだろうな、と暫く考えてみました。

過去にもイチロー、松井などメジャーに挑戦した選手について、素晴らしい成績をあげるたびに報道していました。これはきっと同じ日本人として誇らしいと思うからなのかなと。

逆に厳しい言い方をすれば、日本人がアメリカを上に見ていて(メジャーが日本のプロ野球より上と見ていて)、または過去の太平洋戦争(第二次世界大戦)でアメリカに敗北した劣等感から、日本人でもアメリカ人よりも素晴らしい成績を残せるという密かな喜びが日本人の自尊心を満足させているのではないかなと思ったりしたのです。

一方逆に面白いと言うか、奇妙な行動もしています。

大谷翔平や菊池雄星と同じ花巻東高校卒業の佐々木麟太郎くんがプロ指名から漏れて米国名門スタンフォード大学に入学が決まったという報道では皮肉な意見が散見されるのです。

スタンフォード大学は私でも知っている、あのアップルのスティーブ・ジョブが有名なスピーチを残したあの大学です。

入学難易度は第一位のようです。(Wikipedia情報

しかも学費全額負担などの優遇対応です。

この報道に対して、日本人のヤフコメなどの反応は、野球で大学入学できてという羨望だったり、勉強に付いていけないだろうとか厳しい批判が散見されます。

同じ日本人なのに、どうして、佐々木くんには頑張って大学の学業と野球というスポーツ両立させて夢のメジャー選手になって欲しいと素直に思えないのでしょう、どうしてみんなで応援できないのでしょうか?

しかし、正直に言うと私自身もこういう考え、つまり、アメリカは留学生がよく言うように勉強の課題の量が半端ないほど大変だということ、大学卒業するのが非常に難しいことを知っているので、野球だけと思っていた佐々木くんが英語という言語でのハンデを持ちながら、野球もやりながら学業をするのは凄く大変だろうな、と思ったりしていました。

頑張って、という応援より、まずダメじゃないかという発想です。

振り返って、大谷翔平が高校生の頃に日本のプロよりメジャーリーグに行きたいと言った時、全く同じように「そりゃ無理だろう」と思っていました。

プロに入って投打二刀流でのプレイを希望した時も多くの野球評論家と同じように1つに集中した方がいい、とまず反対意見を持ちました。

日本の野球評論家で二刀流でのプレイを素直に「見てみたい」と背中を押してくれたのは私が知っている限りあの落合博満さんだけでした。

理由は単純で、両方(投打)とも素晴らしい素質があるから両方見てみたいということでした。

落合さんの慧眼というのを後で改めて関心させられました。

日ハムは大谷をメジャーに生かせることを条件に契約交渉し、後は皆様御存知の通り、二刀流で大活躍しメジャーに移籍しました。

しかも、メジャーに移籍しても二刀流、しかも日本時代と違い投打で同じ試合で投げて打つという事までやり、日本人初のメジャー本塁打王に昨年輝きました。

もう誰も彼の二刀流に異議を言う人は居ないのではないかと思われます。

そして今日(こんにち)、テレビのニュースでは先に書いたように連日のように大谷大谷と報道しています。

完全な掌返しですね。

佐々木くんについて、私は古い多くの日本人感覚、すなわちチャレンジするよりもまず反対する、という残念なメンタリティしか持っていなかったという事を認識させられました。

アメリカのメンタリティは逆でトライ、チャレンジする事に前向きと言われています。

あの青色LED発明に貢献した中村教授も日本を出てアメリカで非常に評価されました。

GAFAと呼ばれる企業、Google(meta)、アマゾン、最近ではイーロン・マスクなどの有名な経営者がどんどん新しい事を行っています。

出る杭は打たれるのが日本。

ちょっと違ったアイディアを出しても実績が無ければ否定から入る。それは保守的で安定重視するには良い考え方だったのかもしれませんが、単純作業をロボットや生成AIにより今後はどんどん仕事を奪われる可能性のある現在、それは国としての衰退を意味します。

自分を含めて日本から世界に誇る物、以前ならクルマ、半導体、家電など工業製品がありましたが今はご存知の通りです。

そんな劣等感を少しで和らげてくれる役割を大谷さんがしているとしたら、それはそれで寂しい気がします。

しかし、大谷さんの成功は単に彼の努力だけではなく、彼が周りの意見に迷わされず自分の目標を定めその目標に向かい一つ一つ課題をクリアしていったその精神力、心構えが大きかったと思います。そして、我々が本当に見習うべきは、努力もそうですが、周りのノイズに惑わされないで自分の意思を信じて進むということではないでしょうか。

佐々木くんの記事を見ていて、自分はまだ大谷翔平の成功を表面的にしか捉えきれてなかったと反省させららました。

では。

Book

日本人とアメリカ人: 日本はなぜ、敗れつづけるのか

2023年3月23日 (木)

【野球】祝:日本代表チームWBC優勝!(World Baseball Classic 2023)

いやー、熱狂しましたよね。

日本時間の2023年3月22日、日本チームが強豪メジャーリーグ揃いのアメリカ相手にWBC決勝戦で優勝しました。

前日の21日の試合、準決勝メキシコ戦。

休日なので朝からゲームをアマゾンプライムにて視聴していましたが、今永投手が2アウトから不運な安打2本でピンチを迎え結局3ランを被弾して3-0でビハインドの展開に。

自分が見ると負けるかな、と思ってそこで見るのを止めて寝てしまいました。

12時頃に起きて結果を見ると、何と、逆転サヨナラ6-5で日本が勝利!!!

3点同点吉田正尚の劇的、芸術的な3ランホームラン。

直後に2点取られた後に山川の犠牲フライで1点差。

最終回はノーアウトから右中間2ベースで先頭打者大谷が出塁。

しかも、1塁ベース手前にヘルメットを投げつけ、2塁到達と同時に3塁ベンチ側に両手を振り上げてチームを鼓舞する姿!

あの冷静な大谷翔平がこんな激アツな感情爆発させる事に驚きと熱いものを感じました。

次の吉田正尚は四球。その1塁代走にはソフトバンクの俊足周東を投入!

そしてアマゾンプライム解説の里崎智也さんはここで村上に代打で犠打あると言っていたのですが、村上が1-1から甘く入った真ん中高めを左中間フェンス直撃のヒット!!!

大谷に続き俊足の周東が一気にホームインで劇的なサヨナラ勝ち。

ここまで不振にあえいでいた村上。しかもこの試合は3三振と、普通の監督なら代打でもおかしくないのですが、栗山監督は全てを村上に託したというこのドラマ。

栗山監督は日ハム時代、よく試合をテレビなどで見てましたが、あの中田翔を非難されながらもずっと辛抱強く4番で使い続けて結局誰もが認める四番打者に成長させたわけです。

予選リーグでは大谷3番の後ろの4番という重圧を感じながらずっと村上でした。(途中6番という時もありましたが。)

ツイッター上でも賛否両論でした。短期決戦では調子の良い選手を使うべきという。

私のツイートは以下。

Tweet

きっと、決勝リーグになった時、村上選手の実力が絶対にチームに必要になる、だから我慢してこの苦しみを乗り越えてほしいという鬼の心で起用し続けたと考えたのです。

偶然かどうかわかりませんが、準決勝のサヨナラタイムリー2ベース、決勝戦での同点ソロホームラン。

本当に大事な試合で大谷、吉田がマークされた中で村上、岡本という5番、6番がホームランで得点するという結果を出しました。

他にもこのWBCは色々な素晴らしい事がありました。

右手小指骨折しながら、ショート守備活躍してくれた源田選手。

再三、ファインプレイやチームを鼓舞するペッパーグラインダーをしてくれたヌートバー選手。

出てくる色んなタイプの投手からも四球やヒットを出し出塁してくれる近藤、吉田。彼らの技術の高さを再認識しましたね。

素晴らしいピッチングをしてくれた投手陣。特に大声を出しスライダーが抑え効かなくなる程全力投球し、2失点した大谷翔平。あの試合の気迫。

ピンチを背負ってナイスリリーフの日ハム伊藤大海投手。

本当に誰一人欠けてもこの優勝はあり得なかったと思います。

野球が地上波で放送されなくなって久しいですが、このWBCは何と全て視聴率が驚異の40%超え!

日本は唯一全勝の完全優勝ですから当然の盛り上がりでしょうね。

私が覚えている過去のWBCはあのイチローがタイムリー打って最後ダルビッシュがスライダー三振に取ったあの優勝。

でも今回は本当に色々見どころがあって面白かったし感動しました。

感情を内に抑えるイチローとは全く正反対に声を上げ、感情をむき出しにし、闘志を燃やしてとにかく勝つんだという強い意志を見せてくれた大谷翔平。

ノーアウト1塁の場面でシフトの逆を突く初球セイフティーバントとか、本当に野球脳の高さ、どうすれば一番確率を上げて次に繋げるかを体現したあの姿は本当に凄いし驚きでした。

MVPは打点という点では吉田正尚かと思いましたが投打に大活躍した大谷がMVPはもはや異論ないです。

何よりこの凄いメンバーを集め1つにして優勝をもぎ取った栗山監督、本当にお疲れ様でした。

久々に日本中が盛り上がったこの数週間でした。

では。

2016年11月 3日 (木)

日ハム、吉川のトレードは糸井の時を思い出した。。。(野球)

日本ハム吉川と巨人大田ら大型複数トレード成立 (日刊スポーツ)
【巨人】電撃トレード! 大田&公文と日本ハム・吉川&石川慎の2対2で成立 (スポーツ報知)

えええ?!と思いましたねぇ、このニュース。

最初、何でだろうと思ったのですが、報知の記事を読んでピンと来ました。

◆吉川 光夫(よしかわ・みつお) (中略) 今季年俸は9500万円
◆大田 泰示(おおた・たいし) (中略) 今季年俸2100万円

日ハム、吉川の今年の成績と現状の契約金から、トレードに出したのではないかな、と。
もちろん、全く、何の根拠もありません。

日ハムは過去に大リーグ挑戦をちらつかせられ、契約交渉に揉めに揉めた例で
現オリックスの糸井のケースが思い出されました。
彼は明らかに高額な契約金問題解決のためにオリックスにトレードされたのでは
ないか、と邪推しています。

日ハムは育成に力を入れています。
そして、大リーグに行く者は行かせて、帰国する外国人選手は帰し、という
「去る者は追わず」というポリシーがあるようです。

しかも、今年はリーグ優勝、日本シリーズ制覇。
中田は昨年同様100打点超えて、今年は打点王。
レアードは何と、本塁打王。(昨年途中までダメ外国人と思われていたが守備と
人柄の良さから栗山監督が使い続けて芽が出たという選手)
西川も苦労しながら3割超え。
ショート中島はショート定着。
そして、誰よりも何よりも、二刀流、日本プロ野球最速165km/hの投手であり、
打点65、打率3割超え、本塁打22本という大選手大谷翔平がいます。

元々、お金の無いという日本ハム。
契約金、大変な交渉になりそうです。。。

吉川さんは、先発でぱっとせず、増井の代わりに守護神を任されるも、
性格の優しさか、弱気なピッチングでクローザとしてもぱっとしませんでした。

そのためか、日本シリーズはベンチに入るも登板機会無し

どう考えても、難しい交渉になりそうですよね。

日ハムにとって大田選手でなくても別に誰でも良かったのかもしれません。
大田選手の弱点は、ボールを長く見ることができないために、変化球に
うまく自分のタイミングでボールを捉えられないということと知られています。

逆のタイプで自分の体、ぎりぎりまでボールを呼び込んで打てるのが大谷選手。
それにしても、大田って8年間で本塁打8本って信じられませんでした。

大谷投手は一昨年に10本塁打、今年は前述の通り22本塁打。

比較するのがおかしいのかもしれませんが、1年に二桁本塁打どころの話では
無い成績だったのですから驚きました。

厳しいようですが、日ハムで活躍するには数年掛かるかもしれません。
むしろ変則ピッチャーの公文投手(24歳)に期待しているのかもしれませんね。

ふと、そんなことを思ったのでした。

それにしてもビックリなニュースですね。
では。

2016年2月 4日 (木)

清原和博、覚醒剤使用で逮捕されて思うこと

噂は本当だったのか。。。
元PL学園で1年で4番を打った清原和博氏。

清原、桑田の4番、5番という打線は凄かった。

Kiyohara  source

巨人入団確実と言われながら、大学進学予定だった桑田が巨人に一位指名され、
涙を流して西武に入団した清原。

日本シリーズでその巨人と対戦した時、涙を流した清原。
日本中の誰もが、清原=正義、桑田=悪、というイメージだったあの頃。

天才バッターの清原ですが、タイトルには無縁でした。

野村克也氏によれば、西武時代に練習をあまりしなかったためにその才能を
伸ばしきれなかったとのこと。

実際に、もしも、清原が夜遊びではなく、野球にもっと真剣に向き合っていたら
もの凄い選手だっただろうと残念に思います。

まだ、西武時代は良かった。
巨人に入り、名実共にスターになった頃から打撃不振に。

なぜか肉体改造ということで、マッチョになってしまった清原。
その後、風貌がかつて日本シリーズで涙を流した純真な青年から○○○の
ようないかつい雰囲気に。。。

その頃から、清原選手に何か不安を感じていましたが、不安は的中してしまいました。

今日のニュースで桑田が清原と断交状態であったこと、桑田がもっと清原に
注意すべきだったという報道がありました。

確かにそうかもしれません。
でも、自分の事は自分で決めないといけません。
そう、子供ではないのですから。

以前、楽天の田中マー君が茶髪にした時、当時監督だった野村さんはそれを
厳しく叱責しました。
野球に集中すべきで、そういう見た目でチャラチャラして欲しくなかったのでしょう。

マー君はご存じの通り、大投手となり大リーガーになりました。
もしも、若い頃、清原も野村監督の下に居たら・・・果たしてどうだったでしょうか?

などと色んなことを考えてしまいました。

あまりにも残念な出来事。

今回の出来事(逮捕)で更正してくれることを願いたいものです。

では。

2014年12月22日 (月)

マラソンブームにつけ込んだ新手の詐欺か?

自分の周りにもマラソンランナーの方々がいらっしゃいます。
ちょっとしたマラソンブームなんでしょうね。

そこにつけ込んだと思われる新手の詐欺(?)

荒川マラソン:直前中止 主催者、道路使用の申請せず (毎日新聞)

どうも12/21に開催予定にも関わらず、何ら連絡が来ないことを不信に思った
参加者が荒川区に確認したところ、業者(黎明)が突然中止を発表したという件。

以下はそのサイト(http://arakawamarathon.atdawn.tokyo/index.html)の
キャプチャー。

Tokyo_arakawa_2

Address

東京都豊島区南大塚2-11-10 ミモザビル3F
(詐欺 架空 請求 迷惑メール ワンクリック 解決 相談)

住所がバーチャルオフィスで、上記サイトの詐欺情報とも一致。

また当初、返金については口座振り込み(!)という信じられない方法。
(後に訂正されました。)
つまり、口座番号、氏名等の情報を抜き取ろうとしているのでしょうか?

また、この業者の住所、口座等の情報が詐欺に関連しているとの情報も。

荒川マラソンが前代未聞の理由で開催中止に → 返金の連絡先が『振り込め詐欺に利用された要注意住所』と一致して大炎上wwwww



どうもRUNNETという情報サイトにも掲載されていたために被害が増えた模様。

Runnet

レビューも凄いことになっていて、皆様、怒り心頭のご様子です。
皆さん、RUNNETさんを信頼してエントリーしたようです。

どう考えても泣き寝入りになりそうです。
しかし、許せないですよね、こういった悪質な手口。

インターネットを使えなければエントリーできないでしょうけど、ネットで
詳しく主催者などの情報を実際に目で確認するなどしないと、詐欺に
やられそうです。

とにかく、今は本当に簡単に詐欺サイトを作ること(ドメイン取得など)が
出来る時代。

ネットは怖いなぁと再認識します。

では、また。



2014年12月 5日 (金)

しっかりしようよ、日本プロ野球(中島オリックス入団)

今日は松坂大輔投手のホークス入団と中島祐之のオリックス入団発表が。

オリ中島誕生!3年12億「打点を多く」
 (日刊スポーツ)

松坂さんはいいですよ、メジャーリーガーですから。
今年もメジャーで登板しましたし。

中島さんは理解できない。
WiKiにも書いてあるけれど、彼は元メジャーリーガーでないのです。
メジャーに結局上がれなかった、マイナーリーガーなのです。

それなのに、古巣の西武を袖にして、3年12億(!!!)ももらって
大きな顔して入団する、ということがあっていいのだろうか、という思いです。

オリックスには糸井選手とか素晴らしい選手が沢山いますが、彼らはどう思うでしょう?

こんなことが続くようだと、本当に日本のプロ野球は舐められてしまいますよ。
ちょっとFAかポスティングか何かでアメリカ大リーグに挑戦して、結果が出なくても
高額な契約金で日本復帰できるんですから。


一方、今日は中日の大島選手が年俸問題で保留にしたというニュースも。
打率など成績を残しても、ダウン額より元に戻さないというのはやっぱり理解できない。

何だろうねぇ。。。

向こう(アメリカ)から戻って活躍したのはホークスの五十嵐亮太とかいるけれど、
彼はホント苦労して頑張っていた(ラジオでのインタビューを聞いた感想です)。

まあとにかく、日本プロ野球機構(NPB)はもっとまじめに選手のことを考えて
契約するようなシステムを作ってあげないと、日本にいる選手はホント、やる気
無くしますよ。

そうなると、ますます人気が無くなり、TV放映もされなくなる悪循環に陥るような。。。

では。



2014年4月27日 (日)

お粗末なプレイ。でも一つ間違えば大事故に(プロ野球)

4/26の阪神対DeNAとの試合。
9回表、阪神の攻撃。
上本四球の後、バッター大和。
ピッチャー前の送りバント。
大きくバウンドして、2塁送球はタイミング的に無理。
すかさず1塁ベースカバーのセカンド宮崎に送球。

そこで事件が。

Pict_1

Pict_2

Pict_3

「うわー、危ない!」

Pict_5

ピッチャーが取った瞬間、ランナーは2塁にスライディングしています。

Pict_6

全く、ボールを見ていないベースカバーの宮崎選手。

Pict_4

Miyazaki Yahoo

テレビの解説者も言っていましたが、一つ間違えば大怪我に至るミス。
怖いですねぇ。

今日のスタメン、ベンチにこの選手は入っていませんでした。。。

本当に集中力が切れているとしか考えられませんが、注意して欲しいものです。

では。



2013年8月24日 (土)

バントの定義、についての疑問(高校野球)

高校野球も終わり、初出場の群馬前橋育英高校が初優勝を飾りました。

さて、今回、その前の準々決勝で花巻東の千葉選手の「カット打法」が
バントに当たるとして、審判に注意を受けた件について思ったことを。

高校野球特別規定:
バントとは、バットをスイングしないで、内野をゆるく転がるように意識的に
ミートした打球である。
自分の好む投球を待つために、打者が意識的にファウルにするような、

いわゆる“カット打法”は、そのときの打者の動作(バットをスイングしたか
否か)により、審判員がバントと判断する場合もある。

(規則6.05(d))

この件について、抗議がたくさんあったようです。
もちろん、「何でもっと早くに生徒(選手)に言わないんだ」とか
「準々決勝になるまで放置しておいて突然言われるのはかわいそう」とか。

本当にこの生徒は動揺して、自分のバッティングができず悔しかったと思います。

さて、問題なのは、「指導者が高校野球のルールを知らない」という点。
以前、調べたら、高校野球の特別ルールって結構あるんですよね。
こういう、定義があるなら、指導者は十分注意しておくべきだったという
気がします。

もう1点は、このバントの定義が非常に曖昧だということ。
定義、というのに「・・・と判断する場合もある」なんて曖昧過ぎませんか?

これじゃ、どうでも解釈できますよね?

こういう、規則、ルールというのは、もっと厳格かつ明確に規定しないと
意味がありません。

全国放送され、非常に関心の高い高校野球なのですから、なおのこと、
曖昧な解釈がされる定義は早急に見直しして、今回のような事例が起きない
ようにしてもらいたいものです。

では。

関連記事(外部リンク):
甲子園で話題となったルール問題を考える 周知徹底と運営の改善を
(Sports navi)

Ball

2013年6月24日 (月)

統一球問題・・・結局、正しい物に変えたのか?(野球)

どうもすっきりしないんですよね、統一球問題。

“ルール違反”統一球に自身の署名。
加藤良三コミッショナーの責任を問う
。 (Number Web)

上記記事によると「アグリーメント違反」
つまり、今年は同点の場合、12回まで延長しますよ、といったルールと
同様に、反発係数もこの範囲にしますよ、というのを破っているということ。

ちなみに、この統一球ですが、問題「発覚」後、あるべきものに戻したのでしょうか?
どうもそういう話を聞かないんですけど。

うやむやのうちに、反発係数の大きなものをなし崩し的に使うようになっていないよね?

こういう行為=勝手にルールを破りそれをそのまま使う、
ということは、本来やっちゃいけない。

日本って、契約という考えが弱いんだろうなぁ。
ルール破っても、「私は知らなかった」で済ませたりできるという神経が理解できない。

なんて思ったのです。

で、結局、正しいボールに戻したのでしょうか?
謎です。

では。

関連サイト

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ