パソコン・インターネット

2018年5月19日 (土)

iPhoneのバッテリ交換は簡単か?-実際にやってみた話

音楽再生用メインとなっていた私のiPhone6 Plusですが先日、本体液晶パネルが
うっすらと浮いているようなことに気が付きました。

これって、もしかして、内部バッテリが劣化し膨張しているのでは?
と思って、バッテリ容量残アプリ(Battery Care, Battery Life)で確認したところ
14%減に減っていました。
確か、以前は数%だったはずなのでここ数日で急激に劣化が進んだのかも。

力を入れて液晶パネルを本体に再取付しましたが再び膨張してはたまらん、と思い
iPhoneのバッテリ交換について考えてみました。
ネットをググると簡単そうな記述が。

ご存じの方も多いでしょうけど、iPhone6以降は例のアップルの問題があり、Apple Care
が切れていても低価格で交換できるプログラムがあります。

iPhone の修理 - バッテリーと電源  (Apple公式サイト)

3,200円でアップルの公式サポート付きで交換してもらえるのは物凄く魅力的なんですが 何しろ預けるのが面倒。

アップルストアのジーニアスバーに予約を取って交換に行くのも交通費と時間が掛かります。
カメラのキタムラのようにアップルのサービスプロバイダに依頼するのとか宅配でピックアップ
してもらうのも考えました。
でも、最終的には安い交換キットでやってみようかな、と思ってトライしてみました。

買ったのはこちら。
DIGIFORCE バッテリー 交換 PSE 説明書・工具付 for iP 6 Plus
以下の写真を見てください。

Digiforce

バッテリだけでなく、交換に必要なツール、マニュアルが付いていて購入時、2,560円。
安くないですか?

で、手順は他のサイト等にある通りで、まずLightningケーブル付近の星形ネジを
2か所外します。
いやー、コレ、私の肉眼では星形とは判別できませんでした。
それでも何とか上記の工具で外せました。

吸盤をディスプレイに貼り、ゆっくりと隙間を作り、そこにヘラのような工具を差して
取り外しを慎重に行います。

バッテリを固定しているコネクタを外すためにまたネジ(プラス)を2か所外します。
しかし、長い人生でこれだけ小さくて短いネジ、多分見たことないでしょう。

コネクタを慎重に外す、ここまでは順調でした。
次に一番の難関、バッテリの接着テープを外す作業で事件発生。

3本あるのですが、2本目のテープが早い段階で切れてしまいました。
3本目は無事取れて結局右端の1本が付いた状態に。

この商品には切れた場合の復旧手順も書かれてあったのでそれに従い、
液晶パネルと本体を接続するケーブルを固定している金属板のネジを外しました。
(なぜ、と思いましたがこれが実は重要でした。)

ヘラを入れて隙間をバッテリと本体間に作りピンセットで接着テープを何とか取り出す
事になったのですが、90度に開いて固定していたディスプレイが作業中に180度まで
広がる事故が発生!!!

ああああーーー、と思ったのですがそのはずみで先に書いた箇所のコネクタ(3か所)が
抜けるはめに。

ここで「フレキ基盤が切れたかな?」と心配になったのですが、コネクタを差し込み(簡単に
書いていますが物凄く小さくて、実装した手の感触も非常に微妙で難しかったです)
チェックしたところ、タッチパネル等、特に問題が無さそうだったので良かったです。

恐らく、先の手順をスキップしていたら確実にフレキにダメージがあったでしょうね。
後は何とか新品バッテリに粘着テープを貼り、コネクタ接続。
ディスプレイを閉める前に電源を入れて異常無いかのチェック。

最後に元に戻して終了。
起動後、ホームボタンの感触がちょっと異常。
でもその日はそのまま使ってみて特に問題無いかのチェックをして一旦終了。
10分で交換できる、などというレベルでは無く、慎重に行ったので優に1時間を超える結果でした。

翌日、再度液晶パネルを開けてホームボタン付近を見ると、星形ネジを止める箇所に
小さなスペーサのような部品がネジと共締めになる箇所があって、その部品が1個
不完全に接続されていました。

ピンセットでもう1個の様に、元に戻して再度ディスプレイをはめて、動作確認して
ホームボタンの動作は元に戻った(正常になった)と思います。

Battery_life1Battery_life2

 
結論。
1回経験すれば多分次はもっと簡単にできそうです。

あれだけ高密度実装、と思っていたiPhoneですが意外にバッテリはメンテしやすい
設計になっていて、ネジがキチガイのように極小なのを除けばスペースはあり、
作業はやりやすい方だと思いました。

今回の教訓。
「バッテリ交換は粘着テープを慎重に外せるかが勝敗の分かれ目」

では。

2018年5月13日 (日)

iPhone10周年完全図鑑、発売そして購入

買った! #iphone #apple #book #magazine #photo #iphone8plus #camera

sul001さん(@sul001)がシェアした投稿 -

2018年 3月月19日午前4時26分PDT

さて、もう2か月程前ですがiPhone10周年完全図鑑というムックを購入しました。
いや、まさか、発売された頃、この製品が10年も続く製品になるとは想像しませんでした。

自分も、いやそもそも日本でもこんな大ヒットになって、一般ユーザもiPhoneを
電車の中とかで普通に使う日が来るなんて想像できませんでした。

一部のギーク、物好き、オタクな人向けだったSharp Zaurusのように人を選ぶのではなく
万人に普及する製品になったんですから凄いです。

そんなiPhoneの歴史をまとめた1冊。
マニアであれば、絶対に読みたいですよね。

一時期、故Steve Jobs関連の本だのApple Productのデザイン本などを買って
眺めていた程、本当にアップルに囲まれた生活をしている昨今。

やっぱり熱烈なファンがいるアップル製品は特別なんでしょうね。

では。

2018年5月12日 (土)

【レビュー】iPhone用無線充電器(Anker PowerWave 7.5)

iPhone8/iPhone8 Plus/iPhone Xから追加された機能、無線給電(充電)。
こんな記事があったので購入してみました。
Image
まずは外観から。
Pict1 上面
Pict2 底面
Pict3 充電器本体の仕様
Pict4付属のAC/DC変換器
Pict5プラグは折り畳み可能
Pict6給電器の仕様関係
Pict7USB出力口
Pict8充電器のUSB入力口
Pict9充電の様子

写真はiPhone8にTPUのカバーを付けた状態ですが左に見える青色LEDが点灯して
正常に充電ができました。

ちなみに、付属のAC/DC変換器を使わずに他のUSB 5V出力器と接続したところ
LEDが点滅状態になりました。

一応電圧、電流がどれ位流れているのかを確認しました。

Pict10(クリックで拡大)

11.9V, 0.44Aです。
つまりUSBですが12Vの出力仕様みたいですね。
専用のAC/DC変換との組み合わせが必須の模様です。

面白いのは充電始めるとかすかにファンの音がします。
上述の写真のように裏面にファン用の排気孔があるのに気が付きました。
内部は相当発熱するんでしょうね。
発熱するということはロスが多いということ。
やっぱり無線充電って効率は良くないんだろうなぁと感じました。

ちなみに充電速度ですが、10分で74%→79%程度の速度でしたが暫く置いて起きたら
90%以上に充電できたので急ぎでなければ十分実用的かな、と思いました。

過去のブログ記事にも書いていますがiPhone8やiPad Proは急速充電器
(USB-C to Lightningケーブル)で高圧&大電流充電に対応しています。
急ぎの時、容量が非常に少ない時はそちらの方が実用的でしょう。

関連記事:
【お勧め】iPad Pro用急速充電器(ANKER PowerPort Speed 1 PD30)

それにしてもAppleからこの春に発売予定だったAirPowerは一体どうなったんでしょうね?

そろそろ販売されそうな「AirPower」。パワフルな最大29W出力仕様で価格は高め…?
(gizmodo)

まだ出ないということは技術的に何か問題あるのか、調達問題か?
AirPodsもなかなか発売されなかったけど、無線品質は他社に比べて非常に
安定しているから、製品評価に時間が掛かっているだけなのかもしれません。

では。

2018年5月 5日 (土)

【購入レビュー】モバイルバッテリー RAVPower 32000mAh RP-PB064

モバイルバッテリー RAVPower 32000mAhがアマゾンのタイムセールで少し安かったので購入してみました。
ざっくりレビューします。

まずは箱から。(全て画像クリックで拡大します。)

P5040145

P5040146
P5040147

蓋を開けるとHuaweiのスマホ、タブレットのような箱になっていてちょっとだけテンションが上がります。
写真には無いけどAnkerのように「Happy ?」みたいな紙が入っていて意識しているな、と思いました。

さて本体と巾着は以下の通り。

P5040142

P5040148

写真には無いですがMicroUSB(Type B)ケーブルが2本、長さは長短の2種が同梱されていました。
この巾着、大きさが縦寸がギリギリでバッテリを入れるとしっかり閉められない。。。

Img_0451

Img_0452

大きさと厚みを比較するために手元にあったiPhone8 Plusとの比較写真を撮影しました。
設置面積はそんなに変わらないけど厚みはしっかりあります。
そりゃ、大容量ですからね。

出力は3ポートあります(下図)。

P5040144

裏面には各種規格認証関係のマークが。

P5040143

AnkerだとPSEを取得しているのですがこちらは無認証。
ちなみにモバイルバッテリの事故が増えているので今は移行期間ですがPSE無しのバッテリの流通は今後禁止となっています。

モバイルバッテリーにもPSEマークが必須に、事故増加を受け経産省が規制強化
2019年2月1日から完全実施
(Engadget)
経産省、モバイルバッテリーをPSE法の規制対象に (ケータイWatch)
・2019年2月1日以降、技術基準などを満たしたモバイルバッテリー以外は、製造・輸入・販売ができなくなる。

来年以降買えるのかな?

さて電気特性としてちゃんと動いているのかを確認しました。
接続機器はiPad Pro。

上から順にPort1、2、3と便宜上呼びます。
まずはPort1

Img_0453

Img_0454

次に真ん中Port2

Img_0455

Img_0456

最後に一番下のPort3

Img_0457

Img_0458  

まとめると以下の通り。
Port1: 5.12V 1.42A (=7.27W)
Port2: 5.01V 1.20A  (=6.01A)
Port3: 5.00V 1.17A  (=5.85W)

おかしいな、と思って何回測定しなおしてもPort1だけがやや電圧高く、電流値も多い。
iPadなのでPort1の電流位で正しいはずなんですが、他のポートはなぜか少ない。

これは正常???

残念ながら仕様ってどこにも書いてないのでクレームするレベルじゃないのかもしれないけど何となくスッキリしない。

ちなみに入力は5V2A入力対応なので高速充電器との組み合わせでちゃんと動作しているのは確認できました。

総括ですが、初のRAVPower製のモバイルバッテリですがちょっと出力の動作がおかしいのが残念でした。

ただこの大丈量(32000mAh)でこの価格の製品って他社には無いのでヘビーユースでなければ十分実用かなと思います。

では。


2018年4月24日 (火)

遂にその時が来てしまった...カシオ、コンデジ撤退

これも時代の流れなのか。
カシオが遂にコンデジ事業から撤退するとの報道が出ました。

カシオ、コンパクトデジカメから撤退へ (日経)

Qv10
Source from "デジカメWatch"

古い人なら知っていると思いますが、昔はデジタルカメラ、デジカメって高価でした。
しかも、今のような液晶パネルは無く、フィルムカメラの単なるデジタル版という
そういうコンセプトの商品でした。

ところが、カシオが1995年にQV-10というエポックメイキングなデジカメを発明します。
これが出た当時、カメラに興味の無い自分も非常に驚いたのを覚えています。

丁度時代は携帯電話が一般の人々にも普及し始める頃でした。
E-mailが会社でも使われ始めたのがこの頃。

QV-10はそんな時代に非常にマッチしていました。
当時はまだ画像データをメール添付で送れない時代でした。
しかし、即時性で撮影したその時点で写真を確認できるのはポラロイドカメラ以外
この製品しかありませんでした。

これを使って、仕事で必要な情報を撮影してそのデータをパソコンに取り込むという
そういう方法で手順書を作るというフローがその後一般的になりました。

とにかく、最初のQV-10を借りた時、カクカク動く(=処理速度が遅い)画面が
非常に印象深かったですね。
また、乾電池駆動だったのですがすぐに電池切れを起こすという問題もありました。

しかし、低価格でデジカメを再定義したこの製品が大ヒットとなり、その後、
デジカメが普及していきます。
まさに、電卓と同じですね、奇しくも同じカシオ。

結局、デジタル化の流れはここから急激に進み、今ではカメラメーカもフィルムカメラから
デジカメメインになりました。

それくらい革命的な製品だったのです。

それが、また同じように革命的製品、スマホという製品により駆逐されてしまったいう事実。
非常に哀愁を感じますね。

とにかく、カシオさんには感謝したいです。
また、何か新しい製品を世に出して私たちの生活をより良くしてくれることを期待したいです。

では。



2018年4月14日 (土)

今度はWindowsノートPCのバッテリへたり具合を確認してみた

これまでiPhone/iPadのバッテリ状況、Macのバッテリのへたり具合を確認してきました。

関連記事:
iPhoneバッテリ交換、その前にバッテリ診断アプリで調べてみた
ついでにMacのバッテリのへたり具合も確認してみました

ふと、WindowsノートPCのバッテリ容量を確認できるソフトもあるんじゃない?と思って見つけたのが以下のソフト。

Yuryu's Battery Information パソコンに搭載されているバッテリの情報を詳細に表示 (Vector)

インストールは必要無く、アプリをダウンロードして起動するだけです。

結果は以下の通り。

Capture (画像クリックで拡大)

総容量24480 mWhに対して10159 mWhと41%程度(59%劣化)と判定されました。

結構ハードに使っているので納得の数字。
と同時に交換用バッテリは幾らなのかも確認してみました。

まずはNECの公式サイトへ。

Pcvpwp104 (画像クリックで拡大)

PC-VP-WP103という型式が現在本体に実装されているものですが上記のPC-VP-WP104とはどうやら後継機モデルの模様です。

それにしても、クーポン割引でも税込み15,000円とは・・・
さて、交換するか、新しいPCまでもう少し我慢して使うか、ですね。

では。


2018年4月 5日 (木)

【解決】Apple Watch OS 4.3 カレンダー同期できない時の対応方法

Apple Watchを複数台所有していますが、使っていないと時々カレンダーの同期が正常に出来ない(=予定が無い状態)ことが発生します。

まず、Apple Watchの強制再起動。
これでも現象変わらず。

ググるとアプリの強制終了という方法があるのでカレンダーを起動した状態でアプリのタスクキルを実行。
やり方はサイドボタン長押し、システム終了・SOSなどの画面になったらデジタルクラウンの長押し。
これを何度か実行したけどやっぱり直らない。

そこで「そうだ、Apple Watch本体をリセットしよう」と思いつきました。
そう、初期化です。

Watchアプリを起動し「一般」→「リセット」とすると以下のような画面になりました。

Screen_capture_setting

「同期データをリセット」
という項目があるじゃないですか!

早速、これをクリック。
何のフィードバックも無いので不安になりながらApple Watchでカレンダーを起動すると

直った!!!

凄い、こんな簡単な事だったのか。。。

取り敢えずメモしておきます。
また起きそうなので。

では。



2018年4月 2日 (月)

ついでにMacのバッテリのへたり具合も確認してみました

ほんの2週間前は雪が降ったのに最近は寒暖の差が激しく、体の具合がイマイチです。
読者の皆様は体調どうでしょうか?

さて先日こんな記事を書きました。

iPhoneバッテリ交換、その前にバッテリ診断アプリで調べてみた

これで自分の持っているiPhone、iPadのバッテリ状態を把握することができました。
結構、大事に使っている(使ってない?)おかげか、案外バッテリへたりが少ないみたい。

で、「これって同じようなアプリがMacもあるんじゃない?」と思って探して確認してみました。

Battery_health

Battery Health です。

早速ダウンロードして実行した結果がこちら。

Monitor_result

この"Health"というのが元々の容量に対する現在の容量なのかな?と推測。
Late 2010のMacBook Airなのでもっと劣化していると思っていただけに91%は予想外。

確かに最初の頃はほとんど使ってなかったですね。
ただ、スペック的にメモリも少ないしSSDも128GBと少ない、CPUはCore2 Duoと今となっては化石のようなスペックなので本当は他のMacが欲しいですねぇ。

無料でこれだけ確認できれば十分です。
上記キャプチャー で"Unlock"というのがあり有償版だとそれなりに機能が増えそうですがこれでも十分。

ご参考まで。

では。

関連記事:
iPhoneバッテリ交換、その前にバッテリ診断アプリで調べてみた
今度はWindowsノートPCのバッテリへたり具合を確認してみた

2018年3月29日 (木)

Apple Pencil対応iPad 9.7(2018)、コレでいいのかな?(買う前にちょっと読んで)

アップル、今回は高校での新製品発表だったため大方の予想通り大きなイベントとはならず静かな発表会だったような。。。

Apple Pencil対応の9.7インチ「iPad」、3万7800円~ (ケータイWatch)

9_7ipad (画像クリックで拡大表示)

「教育向けに低価格iPadが出る!」「Apple Pencil 2が出る!」という予想は悲しくも裏切られました。

まずは価格ですが、APUのスペックUPはありましたが前iPad 9.7から価格は据え置き。
なので安いモデルが出た、という訳ではありませんでした。

変更点で最も大きいのはApple Pencilという高級(税込み1万円オーバー)鉛筆、もといスタイラスが使えるようになった点。

遅延などのスペックは恐らくiPad Proシリーズには劣るでしょうけど、それほどハードな使い方をしなければ問題ないんでしょうかねぇ・・・?

でも2つ気になります。
まず、ご存じ、故スティーブジョブズが散々iPhone初代発表時にコケにしたスタイラス。
Yuck!みたいなこと言っていたはず。)
結局、指じゃダメなんだね、という事を再認識。
もう1点は常に最上の物だけを出すというポリシーを忘れてきたという点。
良い製品を出したらそうでない妥協の物は出さないというのがポリシーじゃなかったっけ?

だって、どう考えてもiPad Proはタブレットとしては4スピーカで音も楽しめる、自慢のTrue toneという技術で周囲の雰囲気に合わせて色味を変えるなどなどiPad Proではユーザ体験を最大限にする努力をした、それが新しいiPadのはずが低価格にするために一昔前のスペックの(APU以外は、という意味)iPadを新製品としてリリースしたこと。

つまり、Apple PencilとBluetoothキーボード(注:AppleのSmartkeyboardは使用不可)との組み合わせでCromebook対策としたい、シェアを取りたいというごく普通のマーケティングになっちゃった事。

違うよね、アップルって会社の戦略って。

2つ目のガッカリポイントのApple Pencilって学校で本当に使いやすいって思っているのかな?
だって、丸くて転がりやすい形。そのためにケースを数千円で準備ってユーザをおちょくっているのか、と思いますよ。

角型にするのって別に難しいとは思えないのになぜかやらない。
それに、あのペンシルは大きく重いので意外と重量バランスが取りにくい。
大人の男性でもそうなのに若者、女性など手の小さい人には長時間のペン操作は疲れるのではないのかな?
言いたいのは詰めが甘い点を今年改善して欲しいという点。

また、Apple Penilこそレーザ刻印できて他人のと区別しやすいようにして欲しい。
複数のApple Pencilを同じ教室で使っていると絶対見分けがつかないはず。
色とかも変える(複数色準備する)とか値段相応の機能を増やして欲しい。

4万円のタブレットに1万円のスタイラスって高過ぎでしょ。
iPad Proならほぼ本体が倍からそれ以上なので別にイイでしょう。
でも、やっぱり半値くらいに割り引かないと。
アップルならできるはずだと思うんですが。

長くなりましたが、iPad Proは10.5も12.9も満足度は高いタブレットです。
なので、余計にスペックで「妥協」した作りのiPad 9.7には残念な気がしました。

せめて今年のWWDCにはサプライズがあることを、少しだけど期待して。。。。。。。

では。

追記:
iPad 9.7 6th generation (2018)、売れまくっているようですね。
確かにメモ用とか、安くてもApple Pencilが使えるという利点が人気なんでしょうか。
ロジクールから発売されたクレヨンも今はProには使えずiPad 9.7(2018)専用の模様。
今後、もっとこういう路線になるのかな、アップル?

2018年3月24日 (土)

iPhoneバッテリ交換、その前にバッテリ診断アプリで調べてみた

アマゾンのタイムセールでiPhoneの交換用バッテリが売られていました。
評判もそこそこ良くて、価格も1,500円以下と安くて思わずポチりそうに。

その前にそもそも自分のiPhoneのバッテリ容量はどのくらい有効なのか、と思いアプリをインストールして確認してみました。

使ったのは以下の2つ。
①Battery Life
②Battery Care

まずは①のBattery Lifeの測定結果から。

Iphone5s1

これはiPhone5sで主に目覚まし時計代わりに最近まで使っていたもの。
最近、バッテリ減が速くてそろそろヤバいかな、と思っていたのに意外に問題無くて肩透かし。

正しく測定できているのかの比較用にiPhone8 Plusの測定結果は 以下の通り。

Iphone8plus1

出ました、「完璧」

さて次に②のBattery Careでも比較測定。
まずはiPhone5sです。

Iphone5s2

容量 (83%)が実容量のようですからマイナス17%程度でしょうか。
先の結果と一致しています。

こちらも参考までに比較データとしてiPhone8 Plusの結果です。

Iphone8plus2

こうして見るとiPhone5sは総容量1560mAhに対し、 iPhone8 Plusは2800mAhと約2倍もの容量を積んでいますね。

この手のアプリは一体何のデータを見て容量値を表示しているのか?
技術者的には気になります。

通常バッテリモニタには電圧値をモニタするのが普通です。
しかしバッテリそのものの総残量というのはどうして算出しているのか?

謎ですね。
では。

関連記事:
ついでにMacのバッテリのへたり具合も確認してみました
今度はWindowsノートPCのバッテリへたり具合を確認してみた

より以前の記事一覧

関連サイト

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ