パソコン・インターネット

2017年8月15日 (火)

レビュー:Apple AirPods買ってみました

各所で人気のApple AirPods。
アップルストアでは納期6週から4週になったとは言え、昨年発売されてから
もう8か月も経つのに大人気、品薄状態。

値段が高いこと、今までAppleの純正ヘッドフォン(イヤフォン)は耳に合わなかったので
買うのは躊躇していました。

取り敢えず、EarPods(普通のiPhone6s以前の製品などに付属していたイヤフォン)で
耳に入れてチェックして、何とかなるかと思い、在庫のあったヨドバシ.comにて購入。
納期は順に、となっていたのですが、在庫ありだったからか、予定日通りに到着。
(ちなみに、ビックカメラでも在庫あり&即納のようです。)

さて、実際にiPhone, iPadなどとBluetoothペアリングしてみたので軽くレビューします。

まず、本体(収納ケース)。
実物を見たことがなかったので第一印象は「うわぁ、小さい!」でした。
もう少し大きいイメージだったのですが、これは小さくて、無くしてしまいそうです。

次にペアリング。
ネットの動画などを見ると、簡単にペアリングできる、となっていたので心配していなかった
のですが、なぜか、動画のようにはいきません。

まず、iPadはBluetooth設定でAirPodsという端末機器名が表示されたので、クリックして
接続完了。(iPad Pro 12.9)

次にiPhone6とペアリングしようとしたのですが、なぜか、対応機器で無いということで
自動ペアリングに失敗。
本体ケースの裏側(背面)のペアリング用のボタンを押し続けて、強引にペアリングする
という方法でした。
つまり、普通の(Apple以外の)製品との接続方法でした。
もしかして、iPhone7じゃないとあの賢い3Dのペアリングメニューが出ないのかな?

○○(名前)のAirPodsという間抜けな機器名になるので、Bluetooth設定のiという文字を
クリックして詳細設定を変更します。
名前はもう少し地味な名前に変更。

そして、ダブルタップをするとSiri起動か停止/再生か電源OFFかを選択できます。
デフォルトのSiriにしたのですが、ダブルタップの認識が悪いです。
(慣れの問題???)

何度か、癖を掴もうとトライしましたが、耳に近い部分でやや長めのダブルタップ、
かつちょっと強めにやらないとセンサが認識しないようです。
タブレットとか、マウスとかのダブルタップのイメージだと弱くて認識しないようです。
これは、第2世代で改善することを期待したいですね。

イヤフォンを外すと、音楽が停止する機能も、思ったよりも一呼吸遅れて停止する感じ
便利そうな機能ですけど、イヤフォン自体もめちゃくちゃ小さいので、落としそうです。
しかも、表面処理はツルツルなので扱いには気を使いそうです。
(特に屋外。)

装着感はほぼ予想通り。
EarPodsとほぼ同じ感じかな。

ケーブルレスが快適!と言う意見がありますが、普段からBluetoothイヤフォンを
使っているので、快適ではあるけど、完全なインイヤータイプ(普段はこっちのタイプ)
だったらもっと快適だったろうなぁと。
AirPodsはEarPods同様にオープンエア型なので、耳の奥まで入らないのがまだ
慣れないです。

あと、見た目。
うーん、予想はしていたけど、確かに目立ちますねぇ。
勇気がいりそうです。

と、まあここまでは消費者としての視点。
エンジニアとの視点で見ると、先にiFixitを見ていたのでこの製品の作りは凄いなと。
とにかく、分解修理は不可能。
あの小さなスペースにバッテリとAPPLE W1チップ等の回路を詰め込んだエンジニアリング、
凄すぎますね。

日経エレクトロニクスでは、AirPodsは単なるイヤフォンではなく、ヒアラブルデバイスとの
こと。
コンピュータのような機能を持った、高度なインターフェイスであると。

確かにSiriがもっと賢くなれば、ハンズフリーでiPhoneなどの予定表の確認、天気情報、
その他のことをダブルタップ経由で情報入手できる。
これは、未来、を感じます。

恐らくアップルもそういう製品を作りたかったんだろうなぁ。
まだ、W1のスペックもセンサ類のチューニングもこれからでしょうから、次期AirPodsや
ファームウェアのアップデートでの機能追加、改善などに期待したいと思います。

結論:
久々に面白い製品でした。
コレは、買いだと思います。

では。

追記:
Android OSデバイスとの接続も可能ですが、イヤフォンを片側外すと一時停止する
機能などはiOSデバイスのみしか有効ではありません。
また、ペアリングは本体にイヤフォンを入れた状態でふたを開け、ペアリングの
ボタンを押し続けるという手順になります。
(Huawei Mate9での接続結果より。)

追記2:
下記の動画で落下試験、水没テストをやっていました。
この動画も購入の決め手になっています。
意外とタフですね。(当然、保証外でしょうが。)


では。

2017年8月 9日 (水)

新型iPhoneは「iPhone8」「iPhone8 Plus」「iPhone8 Edition」か?

個人的にはこのタイトル通りの命名が一番しっくる来る気がします。
情報元はこちら。

次期「iPhone」シリーズの正式名称は「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone 8 Edition」に?!
(気になる、記になる)

Th_iphone8sizecomparisonidropnews8

他の情報ではこのiPhone8 Editionが15万円(!)になるとの噂も。
当然、アップルユーザはこの一番高いモデルに人気が集中することが予想されます。

リーク写真のメインは上記の真ん中のモデルが濃厚。
なんでも、アップルの次期新製品HomePodのiPhoneアイコンデザインがコレだから
というかなり信ぴょう性の高い情報です。

まだ、見慣れないせいか、違和感がありますね。
でも、きっと1年もすれば他のデザインが陳腐に見えてくるんだろうなぁ。。。
(怖いなぁ。。。)

iPhoneはブランド力が少なくとも日本では物凄く高いし、人気もダントツなので
iPhone8 Editionを電車の中で見かける日もそう遠くないでしょう。

では。



2017年8月 8日 (火)

iPad Pro 12.9 (2nd gen) 2017モデル:レビュー Day 2

iPad Pro 12.9 (2nd gen) 2017モデルの2日目レビューです。

もうね、最高です。
まず、音が違う。
動画サイトなんかを見るときの広がり感とか色々満足。

次にブラウジング。
今までの9.7とか10.5の時はやっぱり横向き持ちにしないとブラウズできなかったのが
12.9だと縦持ちでも読めるのが本当に素晴らしい!

しかも、ブラウジング時の読み込み、表示ともに高速ですからストレスフリー。
iPadは4本指で左右スワイプするとその前後に起動したアプリに瞬時に切り替えられるので
これも多用して快適なタブレット生活を実感できます。
(注:Androidでも同様に履歴というのがあるのですが、瞬時の移動と言う点ではiOSの勝ち)

ただ、気になる事が。
それは目が非常に乾く、疲れやすいということ。
自分は元々ドライアイ気味なんですが、さすがに12.9インチのタブレットを手元で見ていると
目が相当疲れるようです。
目がしょぼしょぼします。

もちろん、ナイトモードとか、照度を下げるという手もあるんですが、ナイトモードは
せっかくの美しいディスプレイの色味が変わって使うのを止めてしまいました。
照度は適度に調整できますので、まぁ、それで凌ごうかな。

iPad Proと言うとどうしてもスマートキーボードやApple Pencilと言ったアクセサリとの
組み合わせというレビューが多いのですが、素のタブレットとしても非常にお勧めだと
思いました。
正直、ネットを見るだけなら、今使っている15型のノートPCの代用品になりうると
予感から確信に変わりましたね。

アイコンがまばら(スカスカ)に配置されていたり、ただのラクラクタブレットかな
と店頭では思っていたのですが、実際に使い込むと本当にもう小さいサイズには
戻れない気がします。(怖い。。。)

では。

関連記事:
iPad Pro 12.9 (2nd gen) 2017モデル:レビュー

Amazon USAのサポートが凄かった件(Kindle)

タブレットが増えて、Amazon kindleで購入した本のライセンス制限に引っ掛かりました。
普段だと、Amazonの自分のアカウントの「端末の管理」で端末の紐づけ解除をしているのに
なぜか、コンテンツの方を削除していました。

気づくと、クラウド上にあったはずの書籍が消えていました。
まずは、日本のAmazonにe-mailで確認と対応を依頼しました。
(どの本を買ったかは、過去にダウンロードされていた端末から探しました。)

で、日本のAmazonで購入履歴のあるものは復元できたのですが、昔、まだ
日本のkindleサービス開始前のAmazon USAアカウントで購入した本については
日本では対応できない、というつれない回答

仕方なく、Amazon USAアカウントにログイン。
しかし、どこからメールを飛ばして質問すればいいのかさっぱりわかりません。

ようやく、それらしいページに来たのですが、Chat, Phoneしか選択肢が無くて
E-mailは選択不能になっていました。

初めてですが、チャットで質問をしてみました。
最初、ちょっと時間が掛かる、という返信が来たので1日くらい待つのかと思ったら
すぐに全て完了したとの回答が!!!

え、早くない?

でも、Kindleアプリで確認するとちゃんと復元されていました。
凄いなぁ、Amazon USA!

米国と一緒に仕事をしていると、彼らの仕事の速さには驚かされます。
会議中でもメール対応していたり、チャットで素早く回答したり。
今回の件も日本の場合だったら、たらいまわしとか、履歴がどうだの
きっと沢山質問をされていただろうと思います。

しかし、アメリカは顧客の要求に的確に迅速に対応したのです。

これは、凄いでしょ?
という事で「Kindleでコンテンツを削除した場合の回復方法」と
「アメリカは仕事速いぞ」と言うことでした。

では。


2017年8月 7日 (月)

iPad Pro 12.9 (2nd gen) 2017モデル:レビュー

ヨドバシ.comでもAppleストア(公式サイト)でもなかなか在庫が無い新型iPad Pro 12.9。
人気があるのか、アップルの生産量が少ないのか、とにかくまだまだ売れそうな
そんな製品です。

今日、やっと使うことができたのでその印象を。

まず先にケース類を入手していたのですが、やっぱり「でかい」
大きいと言うより、デカい、と言う方がしっくりきます。

でも、その大きさのメリットは十分感じられます。
まずは、標準ブラウザのSafariを起動すると、まるでPCを見ているかのような、
素晴らしいレイアウトに出会えます。

Safari (クリックで拡大)

重さは重いとわかっていましたので、許容範囲内です。
ただ、左手でホールドしようとするとき、もしかすると、グリップのような物が
後付けであると、安定感が増すのかな、と感じます。

よくあるスタンドで横向きに置くと、まるでPCです。
これなら、ちょっと本格的に色んな事をやろうと思えます。
(つまり、仕事でもやろうと思えばできるんじゃないか、そう感じました。)

次期iOS11ではよりPCライクなOSになると発表されていますから、期待したいです。

気になった事は、これも事前に知っていたことなんですが、アプリによっては
まだこの解像度に未対応な物があり、せっかくの高精細なディスプレイの
実力を発揮できていない、というケースがあるということ。

iBookで雑誌を読んでみたのですが、文字がSafariのような綺麗な文字でなく、
ややぼんやりした感じになっています。

ディスプレイですが、iPad Pro 10.5よりも綺麗に感じました。
なぜでしょう?
やっぱり、ディスプレイサイズが大きいのが、ブラウザや写真を綺麗に感じさせるのかな?

ブラウザタブレットとしては贅沢な価格ですが、とにかく今までのタブレットとは
違った感動がありますね。

これから、色々試して行こうかと思います。

では。

関連記事:
iPad Pro 12.9 (2nd gen) 2017モデル:レビュー Day 2

2017年8月 1日 (火)

iTunesで曲順がおかしい場合の解決方法

iTunesで音楽を購入した時に、トラック番号順に並ばないことがありませんか?

某アーティストの楽曲を最初1曲、後でコンプリートアルバムで購入した時、
最初の1曲目はトラックNo.8なのに曲順が1番となっていました。

プロパティを何度もチェックして、最終的に原因が判明!

なんと、読み仮名だったのです。

ファイルのプロパティ等ではわからないわけです。
おかしなファイル(曲)のプロパティはアーティスト名の読み仮名がカタカナ、
他のトラックはひらがな
というオチ。

これはさすがにググってもわからないわけです。

邦楽なんかでこのように、なぜかこのようなことが発生します。

実は、このアルバム、アーティスト名がなぜか、最初英語名だったり、
iTunesは謎仕様が多い気がします。
(まぁ、SONYのMedia GOも似たような気がしますが。)

曲順がおかしい人は、「プロパティ」の「読みがな」項目も要チェックです!

では。


2017年7月30日 (日)

一つの時代の終わり(iPod nano, iPod shuffle販売終了)

遂に、販売終了の発表がありました。

iPod nanoとshuffleが販売終了。touchは値下げし、「ラインナップをシンプルに」
(AV Watch -Impress)

【更新】iPod nanoとiPod shuffleが販売終了、アップルのサイトから姿消す。iPod touchは値下げ
(Engadget)

【Apple】iPod nanoとshuffleの販売終了で惜しむ声続々「嘘でしょ」「ちょうどいいサイズ感なのに」など (ロケットニュース24)

2014年にiPod Classic 160GBの生産・販売終了も当時、反響がありましたね。
ハードディスクドライブ(HDD)を搭載した最後のiPodでした。

iPodについては個人的にはiPod touchが最初のiPodでした。
iPod nanoは第5世代(5th generation)買ったのが最初ですからiPod nanoデビューは
結構遅かったのです。

ただ、iPod nano初代発表の頃から、いつも電機店で指をくわえて欲しいなぁと
思っていました(ただ、高かったんですよねぇ。。。)

当時のiPod nanoは2万円超えという、今ではとても考えられない価格でした。
(今、初代iPod nanoのプレゼンを見たら299ドルとか、高過ぎですよね~)

iPodそのものの発表時、アップルがコンピュータ会社からMP3プレイヤーの会社に
なるのか
、という驚きを持ったのを思い出します。

まさか、それがあれほど売れて、iTunesを軸にした音楽産業への影響、
アップルの業績回復、iPhoneへの移行、色んなことのきっかけとなるとは
当時の私には全く予想できませんでした。

新しいビジネスモデルの開発。
故Steve Jobsの先見の明でしょうか。

そんなiPod nano, iPod shuffleの生産終了は時代がもう既に単体の音楽プレイヤーを
必要としない、それは当然、スマホ、タブレット、スマートウォッチ等の代替品がある
時代になった、ということなのでしょう。

iPhoneを入手してからは、iPod touch, iPod nanoの使用率は激減しました。

そして、今、Apple Musicメインで音楽を聴くようになって、ますますiPhone, iPadで
ネット経由で音楽を聴くというスタイルに変わりました。

アップルからはGoogle HomeとかAmazon Echoに対抗するためにHomePodという
新しいデバイスを発売することが既に発表されています。

Google Homeのレビュー動画を見ると、もうそれは一昔前のSF映画の世界のように
人がしゃべるだけで色んな情報を与えてくれる、そんな装置。
単なるスピーカ、音楽再生機ではない、新しい装置。

iPod nano, iPod shuffleの終焉はiPhoneやAndroidスマホ、タブレットに移行しましたが
我々の音楽環境はまた新しいステージに行く、そんな予感がします。

では。

2017年7月27日 (木)

MacBook, MacBook Air, MacBook Pro たった1つの残念ポイント

最新のMacノート(ラップトップ)を物色していて気が付いたこと。

それは、未だにメモリがDDR3しか選択できない、という点。(クリックで拡大表示)

Macbookpro_2

MacBook、MacBook Airで選択できないのはまだわかります。
でも、ハイエンドであるはずのMacBook ProでもDDR3ってどういうことなんでしょうね?

巷にある、Lenovoの安い15.6型のラップトップPCでも、デフォルトでDDR4 4GBくらい
実装しているのに。(しかも、たった5万円程!)

では、AppleのパソコンでDDR4は未対応なのか、と言うとiMacだとちゃんとDDR4なんですよ。
(クリックで拡大表示)

Imac_2

iMacなんか最も安いモデルが12万円(税抜)でデフォルトDDR4なんです。

ちなみに、2010年LateモデルのMacBook AirでさえDDR3なんですから、
いかにMacBookのメモリは高速化対応していないのかな、というのが
気になりました。

安くないMacBook ProにはデフォルトでDDR4を搭載してもらいたいものです。

では。

2017年7月25日 (火)

Apple Watch Series 2は買い?

最近、会社でもチラホラ見かけるようになった(と言ってもまだ3人ですが)Apple Watch。

そろそろ、新しいガジェット(おもちゃ)、刺激を受けたいなぁと思い、Apple Watch関連を
YouTubeでレビュー等を見ていました。


この動画は初代Apple WatchとApple Watch Series 2との比較です。
コレで見ると、確かにSeries 2は動作が若干速くなり、ディスプレイも
少し見やすくなっているように思えます。

が、しかし、どちらも物凄くアプリの起動が遅い。。。

今のハイスペックなスマホ、タブレットに慣れた目には、到底受け入れがたい、
5年位前のスペックを見ているような、そんな感じでした。

自分が実際に触ったのは初代モデルが発売された頃だったけど、
アイコンが小さくて操作しにくい、という点は気になったけど、アプリの
動作(反応)の遅さはそれほど気になりませんでした。

しかし、最近、iPad Proなどの高スペックな製品を使うようになったからでしょうか、
タップしてから1秒以上待つというのが物凄く待たされるような錯覚に陥っています。

(iPad Pro、最近、本当に速いし画面も写真か現物を見ているように美しいと
気づき始めました。)

という事で、次期モデル待ちでもいいかなぁと。
Appleさんにはスマートウオッチをモノにして欲しい。
あのiPhoneだって最初の頃は苦戦していたんですから。
キャリアを増やしたり、出荷国を増やしたり、ハード、ソフトの改善で大爆発的に
売れるようになった、ということを思い出してほしいですね。

別に時計の再定義、なんて難しいことを言わなくても、便利なスマートな道具が
あれば、きっと何とか入手しようと思うはず。

期待していきたいです。

では。

2017年7月19日 (水)

iPad Pro用高速充電器(ANKER PowerPort Speed 1 PD30)その2

今日、やっとUSB-C用の電圧・電流測定器を購入したので先日購入した
iPad Pro用高速充電器(ANKER PowerPort Speed 1 PD30)の測定をしてみました。

これが結果。(クリックで拡大表示)

Ipad_pro

約2秒毎に測定値が変化するのですが、大体電圧は15.0V、電流は1.0A程度
流れているようです。

最初は5V, 2.3A程度流れて、数秒後に上記写真のように高圧(15V)モードの
高速充電仕様になるようです。

ということで問題無さそうでよかったです。

では。

関連記事:
iPad Pro用高速充電器(ANKER PowerPort Speed 1 PD30)



より以前の記事一覧

関連サイト

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ