心と体

2024年4月 5日 (金)

入院患者にこそ、プライバシーが欲しい(医療)

この前の4/2-4/3に久々の大部屋入院というのを体験しました。

恐らく、中学生くらいの時の盲腸(虫垂炎)、大学生時代に帰省時に喘息発作入院以来かなと。

2020年の入院は完全個室(全室個室)だったのと、整形外科だからなのか、非常に広く、トイレ等も広く、ビジネスホテルよりも快適じゃない?というレベルでした。

なので、大部屋不安でしたが、以下の問題があるかな、と思いました。

病室の入口にドアが無いので隣の部屋やナースセンターの声が全部聞こえる

逆に言うと、自分の部屋で医師や看護師と話す内容も他人に聞かれてしまうということ。

これ、プライバシーという事もありますが、騒音が外から聞こえるのはホント精神衛生上良く無いと思います。

医師や看護師の仕事のしやすさを優先してドア開放なのかもしれないですが、せめて病室毎にドアを閉める運用にして欲しいです。

それ以外はまあ、我慢できる小さな不満ですね。

自分の病室は4人部屋で私を含めて入院者は2名でしたが、自分のエリアはカーテンで囲まれた2m程度の正方形の面積しか無く、ロッカーは縦方向はあるのですが横方向は狭いので小型の1〜3日くらいのスーツケースやデイパック(リュック)すら入らないのは絶望しました。

それなのに床に荷物は置くなという指示(清掃の邪魔になるという理由)。

仕方なく小さな小さなサイドベットテーブルの一番上にリュックを置き、床には立てたスーツケースを置いてました。

話を戻しますが、がん患者はただでさえ免疫力が低下してストレス耐性が落ちているはずです。

病気治療で食事もままならないというストレスを感じる状態なので、個室がベストですが、先に書いたように相部屋の入口のドアは閉めるのが望ましいですね。

できればあと自分の場所も上までカーテンじゃなくてパーティションのようにしっかりと包まれている、個人スペースらしい構造にして頂けると快適になるのではないかなと思いました。

極論ですが、独房の方がプライバシーがあるので、他人に気を使って電気シェイバーを使ったりすること無く良いのではないかな、と独房については知らないので全くの邪推ですが、そんな事を思ったりしました。

さて、どうやって本当の手術時の10日間ほどの入院をストレス少なく、快適に過ごせるか、頭を悩ませています。。。

では。

Privacy

Leedor ベッドテント190x137cm 室内テント 大人用 ベッドキャノピー シェルター キャビン 屋内 プライバシー ポップアップ 暖かい 通気性 子供用 花粉対策 安眠改善対策 お家遮光テント 虫よけ蚊帳 子供用 ポップアップ式組み立て簡単 プライベートスペース フルサイズ 防災用品

iPhone14からiPhone8 Plusに戻した件(スマホ)

iPhone14からiPhone8 Plusに戻しました。

理由は単純で、やっぱり指紋認証が便利!ということです。

既に報告済みですががんセンターに通院しています。

世間一般ではマスクは自主管理となってますが、病院内ではマスク必須。

がん患者はただでさえ免疫力が低下しているのでコロナウィルスを病院内に持ち込むなんてもっての外。

病院入口にはサーモセンサーによる体温検査、手指のアルコール消毒はコロナ規制の頃を思い出します。

iPhone14ではマスク有りでも顔認証は一応通ります。但し、マスクをした場合は顔を下向きにしないと反応しない。

また、Apple Watchを付けていれば自動でロック解除してくれるんですが、いつ頃からか以前よりもロック解除が遅いんですよね。

一方、指紋認証がデフォルトのパスロックであるiPhone8 Plusでは親指をホームボタン(懐かしい!)に置くだけで瞬時にロック解除します。

また、Apple Payも顔認証タイプのスマホより早いのと確実性が高いです。(顔認証だと認識できずにパスコード入力画面になってもたつく事が多いです。)

顔認証はコロナウィルスが発生する世界になる前、マスク必須の生活になるまでは超快適なロック解除方法でした。

しかし、コロナ感染の影響で明らかに利便性は低下してしまいました。Appleにとっては大きな誤算でしょう。

他社のスマホでは顔と指紋のハイブリッド認証だったりを積極的に採用していて、画面上指紋認証という技術自体決して設計ハードルとしては高くはないのではと思うのですが、Appleの事ですから利便性よりコスト重視ですからディスプレイの価格高騰(調達性制限による価格低下が難しくなる)を嫌って採用しないんだろうなぁと思っています。

iPhone8 Plusは最新のiOS17はとうとうサポート外になりましたが、iPhone14もまだiOS16のままでも支障無く使えていたのでiPhone8 Plusでも同様に何の不自由もありません。

そう考えるとスマホの新機能とかはもはや買い替えのモチベーションにはなかなかなりにくい時代なんだろうなと思います。

だって、iPhone8 Plusって2017年の発売、つまり7年前の製品ですよ?

2024年の今でもバリバリ現役でApple Watch 8やApple Watch Ultra(初代モデル)が使えるのですから。

通院が暫く続きそうなので当分この運用で行こうかな、と思っています。

では。

Iphone8plus

Apple iPhone 8 Plus 64GB ゴールド SIMフリー

2024年4月 3日 (水)

肺がん検診 Day 3/4(胸部内視鏡)

遂に入院込みの検査。

肺の内視鏡検査です。

まず生理食塩水の点滴から。

右手から点滴を入れたことが無かったせいか、なかなか入らず、一度抜いて再度刺すというアクシデントもありましたがこの痛みはまだ序の口でした。

全身麻酔でなく喉などの部分麻酔ということでまず吸入器による噴霧薬での麻酔。

その後、医師に舌を前に引っ張られながら液体(ジェル状と思われる)の麻酔薬を喉、機関に入れました。

そして診察台へ。

仰向けになり、右手に麻酔。左手には自動血圧計。胸には心電図用の器具を取り付けました。

内視鏡が気管支に入る瞬間の感覚は胃カメラを胃に入れる時の感覚に似ていて少しむせそうになりました。

あと事前情報(ネット)では鼻から内視鏡を入れるとのことでしたが喉からでした。

当然、マウスピースを加えての検査でした。

肺の中を数十分かけて検査していた様です。時々専門用語が飛び交いますが意味はわからず。多分組織を取り出すための切除などだったのでしょう。

医師からもう少しですからね、と言われてからが長かった。。。

心臓付近や喉の方近くと思われるところに器具が動いている微かな感覚があります。

暫くしていると脈拍が段々激しくなってきました。

全力疾走している時のような感じ。

それがずーーーっと、ずーーーっと続くような感じ。

登り坂を全力で走りながら心臓は苦しい苦しいと叫んでいるのにまだまだ走らされている、そんな感覚。

もうこれ異常無理、死ぬ、と思いながらも検査が続きます。

よほど、左手を上げて苦しいという事を意思表示しようかと思いながら我慢続けました。

検査終了しても動悸は一向に収まる気配が無かったです。

看護師からはゆっくり呼吸してください、と言われ数分間、完全脱力しながら呼吸していましたが動悸が収まらない。

本当にヤバいのかなと思うくらいでした。

入院の部屋に戻って呆然としていました。

暫くしてから医師が来て状況と他の血液検査等の状況説明がありました。

前回脊柱菅狭窄症で手術した時もハードだったけど、今回の検査もハードさでは互角だと感じました。

しばらく何も問題無かったのですが、一度だけ血痰が出ました。(夕食の少し前)

血痰と書きましたがほぼ血だけなので吐血ですかね。

こういうの初めてだったのですが量はそんな多くなかったのと、その後咳き込んだり、連続して血痰が出たりしなかったため、医師等からは問題無いとの事と今後(退院後)血の量が増えたりするような事があったらすぐ連絡するようにと説明がありました。

続く時はどこか傷ついて出血し続けているということらしいです。

それ以外は特に問題が無かったので翌日朝食食べて医師のチェック後すぐ退院許可が出ました。

最初、来た時のように公共交通機関で帰ろうかな、午前中に帰って午後は仕事(テレワーク)しようか、などと画策してましたが実際は慣れない相部屋や相当きつい検査で心身疲労困憊しており、家人にクルマで迎えに来てもらいました。

次回はPET検査になります。

PET検査とは(国立がん研究センター)

検査の前日から運動厳禁とか、どんな検査か、不安しかありません。

では。

Cancer

あなたと家族を守る がんと診断されたら最初に読む本

2024年4月 1日 (月)

肺がん検診 Day 2(胸部造影CT)

今日は検査の2日目。

最初明日からの入院の案内。

その後、造影剤を使ってのCTの撮影。

人が多かった。

大体自分より先輩な方々で昭和10年代生まれの方が多かった気がします。

最初、生理食塩水の点滴を入れ、順番待ち。

その後、CTの部屋に入り、まず点滴を取って(かな?)撮影2回。

その後造影剤を入れました。

体内に入ると暑く感じると言われましたが、本当に暑く、まるで温水を体内に入れているんじゃないか、という感覚。

大昔に尿道結石かどうかの検査のために造影剤を点滴した時はかなり長い時間だったのですが、今日は5分ほどで終了。

終わって5分、様子観察。

異常なければ終了とのことで、特にアレルギー反応などは今のところ無いです。

しかし、針は痛いですね。。。(;_;)

先日採血4本取ったりして肘の血管の辺りが痛い。

次回はいよいよ内視鏡。

今日も疲れました。

では。

2024年3月28日 (木)

肺がん検診 Day 1

久々の更新ですがこの数日色々な事がありブログ更新できませんでした。

昨年末の人間ドックのX線検査で肺に影が見られCTを取るよう言われていたのですが色々あって結局3月になって専門医でCT取りました。

結果、結節が見られがんセンターへの受診を勧められました。

今日がその初日でした。

紹介状等を持ち受付後、予約時間より早めに問診。

その後、今後のプランについて説明がありました。

最初にCT取ったところで言われた通り、ガンと確定させるために様々な検査を実施する事になりました。

検査入院も必要とか。

喘息持ちなので一度も喫煙してないですが肺がんの可能性があると実際に知らされた時は軽くショックでした。また、再検査時点で確定できなければガン検査をするんだろうな、とは思ってましたが。

各種の検査後に最終的に肺の機能があれば、つまり手術に耐えられる肺機能であれば手術で摘出するそうです。

どうやらガンでなくても手術は必須の模様。

もし肺機能が劣っていて手術できなければ放射線治療などになるとの事でした。

偶然なのか、最近、あの「携帯哀歌」の東京プリンというデュオの音楽をApple Musicで聞きまくっていたんですが、その一人の牧野さんという方が49歳という若さで肺がんで亡くなったそうです。

また、東京プリンとシルヴィアさんが「二股の女」という歌を歌っていて、シルヴィアさんってあのロス・インディオスとシルヴィアの「別れても好きな人」という曲を思い出し、今どうしているのかググったら、まさかのシルヴィアさんも肺がんで亡くなっていたのでした。

こういう事が続いていてすっかり気分は滅入っていました。

今まで肺がんって喫煙者だけが掛かる病気だと思っていたので。

意外と多くの人がこの病気で亡くなっているんだなと。

確かに男性の死因の一位は肺がんとのこと。また肺がんの生存率は5年で20%との事。

看過できない数字ですよね。数字は冷酷かつ残酷です。

普段数字の世界で生きているのである特定の確率は必ず起こると身にしみているので、なかなか平常心ではいられない、やる気の出ない毎日が続きました。

まだガンとは確定してないのに、です。

来週から本格的な検査、入院検査が始まります。

可能な限り残して置こうかと思いブログに記しました。

では。

 

2024年2月25日 (日)

大谷大フィーバーに見る日本人心理

今年からロサンゼルス・ドジャーズに移籍した大谷翔平。

右肘手術により投手としては今年活躍できないですがその分、打撃に期待が集まっています。

それにしても、今年の日本のマスコミ(テレビ)における大谷の扱い、大フィーバーぶりに少し戸惑っています。

私自身、日ハム時代から彼のファンでしたし、彼の一挙手一投足を見ていたい人間の一人なのでメジャーリーグでの彼の活躍も当然興味があるのですが、アメリカのメディアとかをネットで見ても当然の事ながら日本のマスコミのように大谷の事を普通のニュース枠で扱ったりしていません。

日本では普通のニュースに大谷がフリーバッティングでどうだったとか、いちいち報道していてそれに対してコメンテイターという肩書の謎の人々(?)がああだ、こうだと意見を述べるというのが一般的になっています。

この心理は一体なんだろうな、と暫く考えてみました。

過去にもイチロー、松井などメジャーに挑戦した選手について、素晴らしい成績をあげるたびに報道していました。これはきっと同じ日本人として誇らしいと思うからなのかなと。

逆に厳しい言い方をすれば、日本人がアメリカを上に見ていて(メジャーが日本のプロ野球より上と見ていて)、または過去の太平洋戦争(第二次世界大戦)でアメリカに敗北した劣等感から、日本人でもアメリカ人よりも素晴らしい成績を残せるという密かな喜びが日本人の自尊心を満足させているのではないかなと思ったりしたのです。

一方逆に面白いと言うか、奇妙な行動もしています。

大谷翔平や菊池雄星と同じ花巻東高校卒業の佐々木麟太郎くんがプロ指名から漏れて米国名門スタンフォード大学に入学が決まったという報道では皮肉な意見が散見されるのです。

スタンフォード大学は私でも知っている、あのアップルのスティーブ・ジョブが有名なスピーチを残したあの大学です。

入学難易度は第一位のようです。(Wikipedia情報

しかも学費全額負担などの優遇対応です。

この報道に対して、日本人のヤフコメなどの反応は、野球で大学入学できてという羨望だったり、勉強に付いていけないだろうとか厳しい批判が散見されます。

同じ日本人なのに、どうして、佐々木くんには頑張って大学の学業と野球というスポーツ両立させて夢のメジャー選手になって欲しいと素直に思えないのでしょう、どうしてみんなで応援できないのでしょうか?

しかし、正直に言うと私自身もこういう考え、つまり、アメリカは留学生がよく言うように勉強の課題の量が半端ないほど大変だということ、大学卒業するのが非常に難しいことを知っているので、野球だけと思っていた佐々木くんが英語という言語でのハンデを持ちながら、野球もやりながら学業をするのは凄く大変だろうな、と思ったりしていました。

頑張って、という応援より、まずダメじゃないかという発想です。

振り返って、大谷翔平が高校生の頃に日本のプロよりメジャーリーグに行きたいと言った時、全く同じように「そりゃ無理だろう」と思っていました。

プロに入って投打二刀流でのプレイを希望した時も多くの野球評論家と同じように1つに集中した方がいい、とまず反対意見を持ちました。

日本の野球評論家で二刀流でのプレイを素直に「見てみたい」と背中を押してくれたのは私が知っている限りあの落合博満さんだけでした。

理由は単純で、両方(投打)とも素晴らしい素質があるから両方見てみたいということでした。

落合さんの慧眼というのを後で改めて関心させられました。

日ハムは大谷をメジャーに生かせることを条件に契約交渉し、後は皆様御存知の通り、二刀流で大活躍しメジャーに移籍しました。

しかも、メジャーに移籍しても二刀流、しかも日本時代と違い投打で同じ試合で投げて打つという事までやり、日本人初のメジャー本塁打王に昨年輝きました。

もう誰も彼の二刀流に異議を言う人は居ないのではないかと思われます。

そして今日(こんにち)、テレビのニュースでは先に書いたように連日のように大谷大谷と報道しています。

完全な掌返しですね。

佐々木くんについて、私は古い多くの日本人感覚、すなわちチャレンジするよりもまず反対する、という残念なメンタリティしか持っていなかったという事を認識させられました。

アメリカのメンタリティは逆でトライ、チャレンジする事に前向きと言われています。

あの青色LED発明に貢献した中村教授も日本を出てアメリカで非常に評価されました。

GAFAと呼ばれる企業、Google(meta)、アマゾン、最近ではイーロン・マスクなどの有名な経営者がどんどん新しい事を行っています。

出る杭は打たれるのが日本。

ちょっと違ったアイディアを出しても実績が無ければ否定から入る。それは保守的で安定重視するには良い考え方だったのかもしれませんが、単純作業をロボットや生成AIにより今後はどんどん仕事を奪われる可能性のある現在、それは国としての衰退を意味します。

自分を含めて日本から世界に誇る物、以前ならクルマ、半導体、家電など工業製品がありましたが今はご存知の通りです。

そんな劣等感を少しで和らげてくれる役割を大谷さんがしているとしたら、それはそれで寂しい気がします。

しかし、大谷さんの成功は単に彼の努力だけではなく、彼が周りの意見に迷わされず自分の目標を定めその目標に向かい一つ一つ課題をクリアしていったその精神力、心構えが大きかったと思います。そして、我々が本当に見習うべきは、努力もそうですが、周りのノイズに惑わされないで自分の意思を信じて進むということではないでしょうか。

佐々木くんの記事を見ていて、自分はまだ大谷翔平の成功を表面的にしか捉えきれてなかったと反省させららました。

では。

Book

日本人とアメリカ人: 日本はなぜ、敗れつづけるのか

2023年11月20日 (月)

傲慢なマスコミ。逆ギレ記事(羽生結弦離婚)

先日書いた羽生結弦さんの離婚の件。

最初に相手の女性を特定して記事にしたと言われる「日刊新周南」(新周南新聞社発行)の反論記事が鬼畜でした。

「うちが叩かれていることは把握しています。また、羽生さんがSNSで明かした内容についても把握していますが、田舎に住む我々には有名な方の感覚はよくわかりません。

ご本人は有名アスリート。しかも奥さんも芸能人です。にもかかわらず、プライベートが、プライバシーが、とメディアを批難する。羽生さんは少し前に写真集を盛んに宣伝していましたが、都合のいいときだけメディアを使い、都合が悪ければメディアのせいにする。これはいかがなものか。

そもそもこのような発表の仕方は普通なんですか。結婚発表では麻裕子さんの名前を明かしませんでしたが、そもそも内緒にするような話だったのか。彼女はコソコソする必要がない方だと思います。立派なバイオリニストであり、田舎に帰ってくればノーギャラでも子供たちに演奏を聞かせてくれます。素敵な女性であり、地元の宝です。

ところが、彼女の名前が公になり、取材が殺到したら『じゃ離婚します』と。『いや、ちょっと待ってくれ』という思いです。我々からすれば地元の子が泣かされた。最後までまゆちゃんを守ってくれよ。男なら最後まで守り抜けよ。それが素直な気持ちです。

先ほど人権の話をしましたが、結婚相手を隠し通そうなんて女性蔑視もいいところです。女性に対して失礼極まりない。この時代に許されるのか。世間に知られたから出て行けということでしょうか。よくもまぁこれだけ女性をバカにしたことができるなと思います。ひとりの人間を不幸にしたことに対する感覚が薄すぎるのではないか。

わずか3ヵ月で…。私が彼女の父親なら訴えています。彼女のお父さんのことはよく知っていますが、天国でガッカリしていますよ。大事に大事に宝物のように育てていましたからね」

マスコミのせいと言われて逆ギレですね。

本人が非公開にしている事を公表しておきながら話をすり替えて奥様が芸能人だとか、記事は単におめでとうという声を書いただけとか。

挙句の果てには本人同士が納得の上での離婚の原因を羽生結弦さんに押し付けて「私が彼女の父親なら訴えています」とか、どの口が言うのでしょう?

今回の件でマスコミ批判したせいか、ネット上には羽生氏をバッシングする報道が目立つようになった気がします。

そんなに彼は万能でメンタルが強靭なのでしょうか?

それこそが男性に対する蔑視です。それがわからないんでしょうね。

ストーキングに近い行動や誹謗中傷、そういうものを有名人なら全て受け止めろろでもいいたいのでしょうか?

あと、こんな簡単に離婚するなとか訳分からん第三者のコメントも、このような経験をしたことも無いのにどの口が言うのでしょう?

昨日は悲しみでしたが、今日は怒りでいっぱいです。

苦渋の決断で結婚、離婚した彼を一体どういう理由で非難するのでしょう? あなたは羽生さんの何なんでしょうか? 責任も持てないのに無責任な事を書いたり言ったりして欲しくないです。

もし、これで羽生氏や元奥様が自殺とかされたら誰がどう責任取るのでしょう?

お二人がメンタルやられないか、本当に心配になります。

では。

関連記事:

【驚きと悲しみ】羽生結弦さんの離婚発表

 

2023年11月18日 (土)

【驚きと悲しみ】羽生結弦さんの離婚発表

今朝、Yahoo!ニュースにいきなり大ニュースが。

フィギュアスケートの羽生結弦さんが結婚してから3ヶ月程度で離婚したとのこと。

以下、本人のコメントです。

応援してくださっている皆様へ

 いつも暖かいお言葉や応援、ご声援、本当にありがとうございます。

 私事ではありますが、皆様にお伝えしたいことがございます。

 私は、一般の方と結婚いたしました。

 互いを心から尊敬し、大切にしていく覚悟を持って結婚いたしました。

 それぞれを守るために様々なことを考えながら共に乗り越え、過ごしてきました。

 そんな生活の中で、お相手は、家から一歩も外に出られない状況が続いても、私を守るために行動し、支えてくれていました。

 現在、様々なメディア媒体で、一般人であるお相手、そのご親族や関係者の方々に対して、そして、私の親族、関係者に対しても、誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道がなされています。生活空間においても、不審な車や人物に徘徊されることや、突然声をかけられることもあります。

 私たちは、共に思い悩みながらも、このような事態から、互いをなんとか守っていけるように努めてきました。

 しかし、私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした。

 このような状況が続いていく可能性と、一時改善されたとしても再びこのような状況になってしまう可能性がある中で、これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました。

 これからは、一般人であるお相手、そのご親族や関係者の方々、また、私の親族、関係者に対しての誹謗中傷や無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください。

 心より、お願い申し上げます。

 この先も、前に進んでいきます。

 これからも、よろしくお願いいたします。

 羽生結弦

これ、ショックでした。

確か、一般女性と結婚したと公表した後、マスコミが配偶者の氏名等を公開していましたから。

あれ見た時、何でわざわざ一般人と書いているのに素性を明らかにするのだろうとマスコミに不信感を持ちました。

(ツイッター、現Xで拡散しないよう自重しましたが、ネット社会なので拡散は避けられなかったのが残念です。)

また、プライバシーを侵害するような行為をしたことに憤りを覚えます。

もっと悲しかったのは、こういう発表にも関わらず、マスコミや一部のファンのせいにして離婚したという羽生さんをより一層傷つけるようなコメントがヤフコメに沢山書かれていたこと。

価値観がとか他にも理由があったとしても、本人が静かに見守って欲しいと祈念したのにそれが守られなければ結婚生活を維持することがどれほど困難な事か想像がつかないのが悲しいです。

一部マスコミでは今回の羽生さんの発表内容を一部改変して一部ファンによる問題のようなニュアンスにして報道していたようですが、マスコミ(マスゴミ)自体がプライバシー侵害して報道するせいでこういう事が起きたことを反省していないのが情けなかったです。

確かにマスコミは有名人のスキャンダルなどを明かすことで生計立てている商売ですが、それにしてもこのような過熱な報道合戦があったことは猛省して欲しいと思いました。

関連記事:傲慢なマスコミ。逆ギレ記事(羽生結弦離婚)

 

2023年7月12日 (水)

りゅうちぇるさん死亡に思ったこと

タレントのりゅううちぇる(ryuchell)さんが亡くなりました。

タレントのryuchellさん、都内のマンションで死亡…関係者が110番通報 (読売新聞)

Photo_20230712193701

この人を最初に知ったのはAbemaのアベプラという番組だったと思います。

皆さんご存知の通り、結婚し子供が生まれ、離婚し、その後自分は女性とのカミングアウトをしてネット上では誹謗中傷の嵐でバッシングされていました。

今回の自殺に至った本当の原因は今後、遺書などがあればわかるのかもしれませんが、少なくとも誹謗中傷が遠因ではないかと素人ながらに思いました。

Yahoo!ニュースでこの人の話題が出ると、必ず、誹謗中傷コメントが多くなってましたよね。

別れた奥さんが可哀想とか、色々ありました。

本人はかなり生きるのが苦しかったんでしょうね。。。見も知らない赤の他人からいわれなきバッシングを受け続けるのは。。。

性的な問題をお持ちだったとすればなおの事、精神的には不安定だったのではないか、今更ながらそう思えました。

言葉は人を簡単に傷つけることができるのですね。自分も知らないうちにそういう事をしているかもしれません。

ツイッターなんかは本当に気楽に思ったことをつぶやく事ができるツールです。

ツイッター、インスタなどSNSは楽しい会話をしたり、情報収集には便利なツールですが、特定の有名人に対しそのアカウントに直接暴言を吐くこともできる恐ろしいツールにも成り得ます。

Yahooのコメント欄なんかももう少し時代に合った、誹謗中傷は書き込めないような仕様にしていかないとこういう問題は減らない気がします。

自分もメンタルが豆腐メンタルなので他人事とは思えず本当にとてもとても大きなショックを今日このニュースで受けました。

りゅうちぇるさんのご冥福をお祈りします。

では。

2023年7月 7日 (金)

お天気キャスター 檜山沙耶さん交際報道とウェザーニュース社の報道について改めて思ったこと

お天気ニュースチャンネルで数年前にたまたま見てから継続的に見ているチャンネルがあります。

多分、スマホアプリでも有名な「ウェザーニュース」Liveです。

7/6木曜のムーン(20:00-2時間)ではキャスターの檜山沙耶さんが担当でしたがYouTubeライブ参加者が異常に多い。

また、コメントもやたら多くて、相変わらず人気モノだなぁ、なんて思ってました。

そんな時、ふとYahoo!ニュースに檜山沙耶さんがプロテニスプレイヤーの方と真剣交際していると発表があったと報道されていました。

例えば、こんな記事。

人気No.1お天気キャスター・檜山沙耶が交際宣言! ファンからは悲しみの声、なぜか企業の株価まで急落 (Flash)

Flash

「おしまいだぁ」「一睡もできなかった」人気お天気キャスターの交際報道にファン慟哭…コメント欄も大荒れ (女性自身)

Hiyama_saya_1_line_tw

檜山沙耶、プロテニスプレイヤー西岡良仁との交際を公表「思いやり高め合いながら日々過ごしていきたい」  (oricon)

Photo_20230707225401

彼女に限らず、美人キャスターの多いウェザーニュース・ライブ。

毎年、キャスターカレンダーを売り出したり、最近では有料会員限定のキャスターの写真ダウンロードなど、天気と関係なくキャスターのキャラクターで商売してるんじゃないの?と思えることが気になってました。

檜山沙耶(通称、さやっち、おさや)さんは漫画、アニメ、ゲーム好き。コスプレもやるという一種変わったキャラクターで一時期、ツイッターのフォロワーが何と42万人近くいたのですから下手な芸能人よりすごくファンが多い、フォロワーが多いという人気者なのです。

YouTubeではコメント投稿できる、そのコメントを拾ってキャスターが話を広げる、そういった視聴者参加型の番組(あえて天気番組とここでは書かないです)。

こういうキャスターをアイドルか何かのようにきっかけにYouTubeの登録人数を増やし、現在100万人突破しています。

しかも、明日、7/8にはファンミーティングというのが開催されるらしいです。

初回募集分ではすぐに売り切れになり、追加公演も行うとか。

今日知ったのは登録者100万人突破の感謝!と言いながら、実は参加費5,500円有料だとか。

これでまたグッズを販売したりして利益上げるんでしょうかね?

おさやは今日のムーン(20:00-23:00)の担当ですが、昨日のコメントが荒れたせいか、何となく最初元気無さそうに見えました。

YouTubeでなくニコ生でも配信しているのでちょっと覗いたら、まあ、凄いですね、誹謗中傷が。

何でも昨晩、皆さん時間を大事に過ごしてください、とおさやが言ったことで煽られた(?)というふうに逆上している人とかもいました。

明日、本当にファンミーティング開催して問題ないのでしょうか? 事故が無いように警備をしっかりして欲しいと思いました。

今回のおさや(檜山沙耶)さんの件は氷山の一角だと思います。

お天気番組ですが堅苦しく無く、キャスターがフレンドリーに視聴者に媚びるというか、対応してくれる番組なのできっとその映像で映っている姿が彼女達の本当の姿と誤解して、カメラの回ってないところの本当の姿を知らず、勝手に虚構を自分の中に作ってしまう、そういう危険性もはらんでいるのでは?と思いました。

私は知らなかったのですが、檜山さんが自分はモテないとか言っていたとか、この報道後に知ったのですが、そういう思わせぶりな事は絶対基本的に言わないことが大事だと思います。

あくまで、自分の個性はあってもいいですが、報道番組として男性関係とかをほのめかすようなコメントは敢えて自分からしなくていいと。

会社側も彼女にコスプレなんかさせて遊んでないで、もっと他の事、例えばそういう事に関心の無い男性とか、一般の女性とかが見ても浮いた事しない方がいいと思いました。

一時期、ウェザーニュースの事務所(ビル)近辺にキャスターの出待ちをしている人も居たようで、公式サイトでは禁止していますが、これは女性従業員を守るという意味では本当に真面目に検討しておかないと、今の世の中危ないです。

Photo_20230707222301

従業員の身辺警護という意味でも、今後、報道のあり方について検討いただければよいのかな、と思った次第です。

では。

より以前の記事一覧

関連サイト

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ