日記・コラム・つぶやき

2017年8月11日 (金)

甲子園:高校野球開会式での出来事から思ったこと(つぶやき)

今年(2017年)の第99回全国全国高校野球 開会式にて、熱中症とみられる症状で
プラカードを持って立っていた女性が倒れるという事故がありました。

こちらがそのYouTube動画です。


37分36秒あたりで偶然、女性が倒れるというのを撮影されたようです。
この件、ニュースとかでも全く報道されていませんよね。
私はツイッターで知りました。

この時の、高校球児の対応はどうだったのでしょうか?
何と、誰も彼女を助けようとしないで直立不動なのです。

怖いなぁと正直思いました。

開会式の整列された行進などは、それは学校教育の中でよくみられる事です。
日本の教育現場は、とにかく「協調性」というのを重視します。
軍隊と同じような教育がいまだに行われています。

子供の入学式や卒業式に参加された方は皆、同時に起立、着席、と命令される
ことに違和感を覚えないでしょうか?
私は社会人になって、こういうことが無くなって久しかったので、物凄く威圧的なもの
そういうものを強く感じました。

学校だけでは無いというのが、実は日本の普通の企業でも起こっています。
先日、某製薬会社の新入社員が研修で、自分の過去のいじめられた経験を
告白するという人格無視した研修が元で自殺しました。

私も企業研修で皆、同時に大きな声を出したりする、という研修を受けたことがあります。
健康な時、若い頃は何ともなかったのです。
ところが、心身を病んだ後に受けたこの研修に物凄い不安感、恐怖を覚えて
1日目は頭が真っ白に。
2日目は上司に相談して、研修を休ませてもらえました。

この研修の目的というのは、会社、組織の命令に従う、自分で考えることを止めて
滅私奉公するような人間を作る、ということに思われます。

高校野球の開会式で、もし、生徒が自分で考えることをしていたら、きっと
開会式の挨拶の途中でも、みんなで彼女の元に行き、介助するはずです。
ところが、そうではなかった。。。
これは、何があっても統率を守れと脳が指令を受けているに違いないと思います。

高校野球の練習風景をよくNHKテレビなどで報道しています。
それを見ると、本当に野球というものが単なるスポーツではなく、人格に
物凄く入り込む、メンタルを鍛えるというような側面が非常に重視された
練習が取り上げられています。

高野連だとか文科省が高校野球のバックに居るのですが、その組織が
人間重視というふうな基本的な考えからまだまだ乖離していると思います。
例を挙げれば、真夏の甲子園という過酷な環境での連日の試合。
延長の回数の長さ。
再試合。

まるで運動会のピラミッドです。
あれも、物理的な思考力があれば、非常に危険で人間のフィジカルな部分に
とってメリットは何も無いのに、メンタルな部分とか、見た目、協調性、訳の
わからない達成感(先生の達成感にしか思えないですが)のために
毎年毎年、死人やけが人が出ても繰り返す始末。

日本という国はほぼ、単一民族の単一国家です。
だから、協調性という点で優れていて、それで過去の製造業などの発展がありました。

でも今世界はグーグルとかアマゾンとかフェイスブックとか、そういう独自性、個性の
ある起業家が興した企業、産業が繁栄している時代です。

より個性、思考力を、ということでセンター試験をマークシートから記述式に変更する?
いやいや、問題の本質はそこではない、と私は思います。

甲子園での1つの事件、事故から多くのことを学ぶ必要があると思います。

戦争の時、誰もが負け戦になるとわかっていても、鬼畜米軍ということで
軍人ばかりか、女性や学生までも戦いに向かわせたように、1つ間違った
ことがあってもその意見を言えないような環境が怖いなぁと。

長くなりましたがまとめると、
学校教育、企業での画一的な人間形成の恐ろしさ
それにより個々の人間の思考力を停止させること、それに気づく必要がある
という事です。

では。

2017年5月18日 (木)

本当に意味があるのだろうか?(東京五輪リサイクル金メダル)

史上初!東京五輪リサイクル金属でメダルを (日テレ)

関東の方なら首都圏ネットワーク(NHK)などの報道で既にご存知かと思いますが
2020年東京オリンピックの金メダルのために、携帯電話約2000万台分の金属を
回収するプロジェクトが行われています。

東京五輪メダルを携帯電話で!3万台突破 (日テレ)

上記は本日(2017/5/18)の状況。
テレビでも報道していましたが、何でしょう、本気で2000万台もの携帯電話等の
電子機器を回収してリサイクルするつもりなのでしょうか・・・?

まず現在の3万台に対して、目標まで約666倍もの端末等が必要ということ。
それと、誰がどれだけのコストを掛けて2000万台もの電子機器からリサイクルを
してくれるのだろうか、ということ。

メーカに勤める人なら、物を作る(=メダルを作る)のに普通の材料を安く購入して
アセンブリ(組立、製造)する方がコストが確実に安く品質が安定したものが作れると
肌で分かっています。

そもそも、リサイクルとは、消費者が最初に金属を「分別」してくれないと、話に
ならないのに、リサイクルボックスにポンと投入するだけなんて、どうして?と
思わずにはいられません。

当然、一般消費者の方がきちんと金属を分別できる訳が無く、産業廃棄物処理
業者に委託しないと効率が悪いです。
(装置、手順、等々)

つまり、リサイクルというととてもエコロジーな印象を持たれますが、費用が掛かる
ただでさえ設備負担費用問題が話題になっている東京五輪。
何で、こんなお役所の思いつきみたいなことを本気でやっているのだろうか?
それで2020年のオリンピックに間に合わせるにはいつまでに目標達成しないと
いけないのか、スケジュール(工程表)は立てているのだろうか?

本当に大丈夫なのか、と都民ではないですが心配になります。

確かに、「私のケータイがオリンピックのメダルになると思うと嬉しい」という人情は
よくわかります。共感できないわけではありません。

ただ、物作り、という観点から見て、「それってどうなの?」と思わずにはいられません。

心配しすぎでしょうか?

では、また。

2017年5月10日 (水)

再び問題。UPQという会社、スタートアップについて考えてみる

ここ最近、世間をちょっとだけ騒がせている(一部の人の間では大きく騒がれている)
UPQという会社。

1件目。
先日、4Kディスプレイのリフレッシュレートが間違っていた件。
UPQの4K/120Hz液晶、実際は60Hzだった。購入者には2千円の金券で対応
(PC Watch)

01_s

2件目。
スマホバッテリの焼損事故の対応。
UPQ製スマホ発火、原因はバッテリ。消費者庁への報告が遅れ厳重注意
(PC Watch)

01_s_2
そこで改めてUPQという会社についておさらい。
30歳で家電ブランドを立ち上げた中澤優子<UPQ社長>の経歴書
(WorkkaHolic)

本人はカシオで製品企画を経験。
ほぼ1人で会社を経営。
設計は外部委託。
「UPQ」の強みは“早い、安い、トレンディー”

さて改めて今回の2件の問題、何がいけなかったかを考証します。

1件目。
仕様(60/120Hz)という重要なスペックが「未達(120Hzを達成できていない)」だったことを
「誤記」という表現で逃げた点。
もう1点の問題は、本来商品の交換、返金等の対応が必要なレベルの問題について
Amazonのギフト券わずか2,000円で済ませようとした点。

2件目。
バッテリの発火(本当に火が出たのかはよくわかりませんが)問題で火事になった
という重要安全事故が発生したにも関わらず、初動、告知等が遅れたという点。

これらは普通の会社ではプライオリティナンバーワンの重要な問題です。

消費者は購入先UPQというメーカ(と呼んでいいのか微妙ですが)から仕様と
消費者安全を信じて対価(お金)を払って購入しているのですから、それなりの
社会的責任があります。
それを軽視したかのようなイメージが広がりました。

別に今回、不祥事が続いただけで無く、実は以前にもこんな事件がありました。
「UPQ Phone A01」全回収、技適マーク未取得で出荷 (ケータイWatch)

当初「UPQ Phone A01」に関する認定は取得しているものの、添付したラベルの記述に誤りがあったと説明していた。しかしその後、総務省から技適マークに関する認証が未発行と指摘があったとのことで、あらためて製造工場、認証取得代理会社に確認したところ、正式な認証を得る前に出荷していたことが判明した。(以上、記事より抜粋)

コレ、ちゃんと検査していないってことですよね?

普通、製品の企画から製品化されて出荷されるまでのプロセスがなぜ時間が掛かるのか。
それは、これらの問題が無いことを保証するため、検査など品質保証のプロセスを
きちっと行う必要があることを他のメーカでは知っていて、実直に実施しているから。

それを、単なる誤記だとか、ちょっと不具合で燃えた、位にしか捉えていませんか?
というのが私の受けた印象。

スタートアップ企業だから、女性社長だから問題が・・・みたいな論調は嫌いです。
ただ単に、メーカとして最低限のお仕事は端折っちゃダメということです。

家電というジャンルでなければ、デザインだけの会社ならよかったのかもしれませんが。。。
あの無印商品もおなじように家電販売をしていますが、やっぱり同じようなリコールを
やっています。

リコールという責任、それは会社の利益を逸します。
でも、それだけの問題解決を世間(消費者庁など)が求めます。
当然です。

今後、こういった問題を単なる1つのインシデントとして捉えるのではなく、
再発防止(こういう言い方は嫌いなのですが)を組織として考えて欲しい。

そうしないと、怖くてUPQの製品は買えないですし、他人にお勧めできないですよ。
今はわかっていなけど、本当の仕様は正しいの?
ロット不良で間違った性能の物は出荷されていないの?

ホント、不安になりますよね。

何はともあれ、今回の問題を本当に次回以降の製品などに反映させてくれないと
存続も心配になります。

では。


2017年4月15日 (土)

プロはiPhoneでも綺麗に撮る(田中みな実、渡辺達生)

TBSラジオ、「ガスワンプレゼンツ 田中みな実 あったかタイム」に写真家の
あの渡辺達生氏が出演して田中みな実の写真をiPhoneで撮ってました。

Img_2315300x400 source

そこで一句。
「プロはiPhoneでも綺麗に撮る。アマは良いカメラでも平凡な絵になる」

渡辺達生先生のアドバイス。
「とにかく寄る」

上の写真なんか、ホント、自然な女性の美しさをさりげなく引き出していると
思いませんか?

写真は奥深いなぁ。。。

では。

情報提供元:TBS 田中みな実 あったかタイム

2017年4月 8日 (土)

パスポートを更新しました(10年ぶり)

10年ぶりの更新です。

Passport

以前はパスポートセンターという所にわざわざ行って更新。
そりゃもうパスポートセンターって言うくらいですから、人が多い多い。

ところが最近、パスポート業務の権限移譲が市役所に渡されたようで、
自分の住んでいる市役所でパスポートの更新ができるようになっていました。

グッジョブ。

必要なのは写真(3.5X4.5mmかつ制限の厳しい証明写真)、身分証明(旧パスポートが
ある場合には不要)だけ。
私の場合、本籍地が変わったので、戸籍抄本を準備する必要があったのですが
そこは市役所、おなじ場所で書類を取れます(超便利!)。

細かい申請用紙を記入して、窓口に提出。
平日だったので(まあ市役所ですから)、そんなに人もいなくてほとんど待たずに
写真チェック、書類チェックが終わって引き換え用紙をもらいました。

帰りに収入印紙を国と県用にそれぞれ購入。
もちろんこれも市役所内で。
10年パスポートなので計16,000円。

会社での出張用(と言っても予定は無いのですが、突然の出張対応のために
会社では取るように言われています)なので、写真代、抄本代、印紙代は全て
経費申請しました。

申請から何も無ければ1週間後から受け取りができるというので、早速受け取りに。
本人確認のため、氏名、生年月日を聞かれたり、出来た新しいパスポートの名前
表示が合っているかなどの確認後、無事パスポートを貰いました。

中身は前と全く同じ。
前のパスポートはパンチ穴が開けられて使用不可に。

期限が5月まであったのに、申請するとその日から(4月)になるんですね。
運転免許証とは違うので、なるべく引っ張って遅めに更新する方がいいでしょうけど
パスポートは国によって残りが3か月とか無いとダメというケースがあるので
期限切れの半年前くらいから申請しておくのが良いでしょう。

10年で海外に行ったのは2回。
中国と米国。

果たして今後、どこかに出張行くのかしら?
何はともあれ、一つ仕事が終わってほっとしました。

また、申請(更新)も市役所でできるようになり利便性は本当に向上しましたね。
あわよくば、写真もその場で撮影してくれるともっと楽なんですけどね。
(運転免許証の更新のように。)

では。

2017年3月29日 (水)

SONYビルにサヨナラを言いに行きました。。。(銀座)

Sony_building

あー、やっと行けた。
歴代のSONY製品の展示のイベントから行きたかったなぁ。。。
でも、3/31に本当に終わりになってしまうその2日前、滑り込みで間に合った。良かった。

中のテーマは新しいSONY Parkのコンセプトを表現した展示となっているようでした。
今までのSONYビルとは違い、製品が無くて、緑が多くて、不思議な世界。

Image1

Image0
Image2_2

Image3

Image4_2

Image5

みんな、寄せ書きしていました。

2018年に新しい形になって現れるそうです。
楽しみです。

SONYが普通の家電メーカとは違う、そういう印象を強く残してくれたSONYビル。
本当に長い間、お疲れ様でした。

Building_another_cut_2

 

2017年3月23日 (木)

会社の人が亡くなりました。。。

会社の人が亡くなりました。

その人は顔は知っていましたが、それほど親しい人ではありませんでした。
ショックだったのは、療養中とか病気ではなかった、という事。

そこで他の人に聞いてみると、どうも突然死だったようで。。。
朝、胸が痛いということで会社に救急車が来たとのこと。
その日のうちに亡くなったようです。
しかも私と偶然にも同い年。。。

さすがにショックでした。

これを知って、「人間の命なんて儚いものだなぁ」と。
先日、アイドルグループエビ中のメンバーが18歳という若さで急死したというのを
ニュースで知りましたが、何でしょう、マスメディアでの死を知るのとは別に、
同じ会社で働いている人が突然死するということの方が衝撃は大きいです。

より自分の事のように感じるから、かもしれません。

亡くなった彼の喪主は奥様になっていました。
恐らく誰よりもショックでしょう。。。

自分は最近、血液検査で中性脂肪が多いとか、幾つか注意する点があり、
生活に気を付けようと思っていました。
でも、彼はそれこそ、太っていた訳でも無く、むしろ正常な範囲の体重に思える
本当に健康そうだったので、余計に複雑な思いがします。

そんなところに、会社の後輩社員が今月で辞めるとの挨拶に来ました。
なんだか、寂しいことって続くんでしょうかねぇ。。。

取り留めない内容ですが、とにかく、色んなことを感じた、そんな日でした。。。

では。

Farewell

 

2017年3月12日 (日)

便利さの裏にあるアナログな人間力

ヤマト運輸が話題になっています。
Amazonが多分主要因だと思うのですが、ネット通販の増大、再配達の増加等々、
労働力不足に遂に悲鳴を上げてしまいました。

ネットの社会で我々の生活は格段に便利になりました。
小さな、安い物でも送料無料でクリック数回だけで届けてくれる宅配便サービス。
その裏には。。。

Amazonの倉庫ではピッキングという人手作業が入ります。
自動化されている部分も多くあるでしょうけど、最後は人手でやる方が安いので
まだまだ人手は必要なのです。

流通も人手頼り。
遠距離トラックの運転手しかり、その道路を建設するのも人。
道路工事用トラックの運転手も、道路の迂回などの案内も多くの場合は人手。

配送管理等、そこにも人手が掛かります。

 :
 :

一般の人は、今のスマホの便利さが当たり前だと思っているかもしれません。
自分は技術系の企業にいるのでその大変さがよくわかります。

スマホを作るために、まず回路設計しないといけない。
回路設計、レイアウト設計、機構設計等々。
生産するには冶具を準備したり、部品を調達しないといけない。
部品も当然設計する人が居て、材料を加工する会社(工場)があって、工程管理があって。
部品が来たらアセンブリ(組み立て、配線等)が必要。
ご存じの方々もいると思いますが、巨大な都市のような工場で自殺者が出るような
そんな過酷な環境で凄い量のアセンブリを行っています。

それらのピラミッドの頂点に我々、最終消費者がいる。
時々、それを忘れて、快適さだけを求めてしまう。
でもね、そんな便利な物が魔法のように、簡単に出来る、なんて思ってはいけない。
小人たちのように、色んな人たちがコツコツコツコツ、小さな仕事を積み重ねてくれた
おかげで、クリックだけで物が買える時代になった、ということを忘れてはならない、
と思います。

 :
 :

今、世間ではヤマト運輸の問題だけを直視しているけど、それは氷山の一角。
全ての仕事には、まだまだアナログな人間の手が掛かっていること、今の子供たちにも
少しは気づいて欲しい。
考える人になって欲しい。

Nintendo Switchもいいけど、ポケモンGOもいいけど、裏方で作っている人の
苦労がわからない人にはならないで、もっと想像力を働かせて欲しいなぁと思います。

では。

2017年2月12日 (日)

なぜコンセント・プラグには穴があいているのか?

電子機器(スマホ、タブレット等々)を購入すると必ずと言って良い程、同梱されてくるので
増え続けるのが充電器。

Plugs_2

今日、ふと、数々の充電器を見ていて「なんでコンセント・プラグには穴が開いているのか?」
ということに疑問を感じました。

そこで一応公式の見解(?)を確認してみました。

一番わかりやすい説明が下記です。

エリフくんのなぜ?なに?どうして? (一般財団法人 中国電気保安協会)

P02

上記記事の説明によると・・・

コンセントの中の刃受けばねに「ボッチ」と呼ばれる突起がある。
プラグをきちんと差し込むと、プラグの刃の穴に「ボッチ」が入り、プラグとコンセントとの
接触を良くするためのもの。

とのこと。

抜け防止だけかと思っていたら、接触性の向上もあるんですね。
日本流の安全配慮?

日本のプラグしか手元に無いけれど、外国の物はどうなっているのかな?
国際規格IECのHPには以下のようにありました。

World_plugs

IEC-World Plugs List

日本のプラグは平坦な板状の物に穴が開いていますが、海外では円筒状の
プラグも多くあるようです。

そういう製品って接触性が悪そうな気がしますが。。。

いずれにしても、日本のプラグになぜ穴があいているのか、については理解できました。

では。

NHK ブラタモリ:別府編(京都府立大 松田法子氏)

あれ、以前番組に出演されていた松田先生がブラタモリ別府編に再登場!

Nhk (C) NHK

確かに松田法子先生の著書に別府に関するものがありましたので
この出演は妥当なものなんでしょうねぇ。

それにしても、日本は島国だけあって温泉が豊富。
温泉の歴史、など非常に興味深く、ブラタモリにとってはネタが尽きないところでしょう。

では。

関連記事:
NHK ブラタモリ:熱海編(京都府立大 松田法子氏) 詳しいプロフィールなどはこちら


より以前の記事一覧

関連サイト

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ