趣味

2014年10月 5日 (日)

【レビュー】ベストセラーモデルを再認識(LED LENSER P7)

LED LENSERの大ベストセラーモデル。
LED LENSER P7のTEST ITブリスターパッケージ(OPT-8607B)の在庫があって
しかも格安(2,580円:税込み)だったので購入。

では簡単に写真で紹介。(写真はクリックで拡大表示します。)

Front

Rear

ギフトボックス(あの高級感ある箱)と違い、店頭に展示しやすいブリスターパッケージ。
TEST用の電池が最初から内蔵されているのと、それ以外に新品の電池が付属します。
(単4電池が計8本になります。)

付属品はボックスタイプと同じ。
質感のあるホルスター、カラビナ、ストラップが付属します。

Holster

Wide ワイド側

Spot スポット側

フォーカスはいつものようにヘッドを前後させて行います。
前に引っ張ると少し長くなり、スポット照射になります。
M7シリーズのようなロック機構が無いのが残念。

Wide_light ワイド側

Spot_light スポット側

ヘッド部分は固いですが、力を入れて廻すとLEDが露出します。
もちろん、手など油が付くと発熱して寿命に影響があるので触ってはいけません。

Head_2

Led

Led_side

現在は製造終了しており、P7.2が新しいモデルになります。
しかし、200ルーメンの明るさは今見ても明るいです。

機能もシンプルで、High、Low、offとテール部分のプッシュスイッチを押すと
照射モードが切り替わります。
なので、説明書見なくても簡単に使える点も好感かも。

それでいて、LED LENSERらしい質感、持った時の何とも言えない「味わい」が
気持ちいいです。

最後に参考までにスペックを。

LED
    パワーチップ型 LED×1
サイズ
    φ37×133mm
重量(電池込)
    約192g
使用電池
    アルカリ単4電池×4
最大光束
    約200ルーメン*
最長照射距離
    約210m*
点灯時間
    (1lm)約64時間 minモード時

*2012年4月現在のテストデータを基にした平均値です。(±15%)

LED LENSER P7.2はP7販売当時と同じ5,000円前後、安い時には4,300円(税込み)
で販売されていますが、高い割にはランキングではいつも上位に来る超定番商品

確かにベストセラーだけあって、いいです、コレ。
明るさ、ランタイム、価格、大きさのバランスが非常にいいですね。

P7.2には興味がなかったのですが、ちょっと比較してみたくなりました。

では。

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSERコレクション
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)



【レビュー】期待が大きかった分、大きかった失望感(LED LENSER H7R.2)

初めてのヘッドランプ。
LED LENSER H7R.2(OPT-7298)です。

まずは簡単なスペックから。

LED
    パワーチップ型LED×1
重量(電池込)
    約165g
使用電池
    専用充電池パック(Li-polymer)
    または単4形アルカリ電池×4本
最大光束
    約300ルーメン*
最長照射距離
    約160m*
点灯時間
    (1lm)約60時間*minモード時

*2013年10月現在のテストデータを基にした平均値です。(±15%)

では簡単に写真を。(いつものようにクリックで拡大表示します。)

Package_top_1

Package_top_2

Package_side_front

Package_side_1 左角が凹んでいる

Package_side_2

Package_bottom

一応、Amazon参考価格10,800円で販売価格が5,672円。
決して安い方ではないと思いますが、いつもの高級感ある(ある意味過剰梱包な)
パッケージに比べると、非常に簡素な物です。

気を取り直して、開封します。

Open

Head

Usb_cable

Battery

本体、USBケーブル、ACアダプタ、そしてバッテリ。

で、本体の質感は「軽い」
重さが165g位なのですが、実際に頭に装着しても意外に心配していた程、
重く無くってそれは嬉しい誤算。

しかし、これが定価10,000円もするとはにわかに信じられない。

ヘッドの部分を廻すと、ワイドとスポットの切り替えができますが、これが
以下のブログ(レビュー)にもありますが意外にやりにくい。

LED LENSER H7R.2 充電式 LED ヘッドライト

(目指せ!ライトマニア HATTAのLEDライトレビュー)

ヘッドタイプでなければ、そんなに気にならないでしょうが、ヘッドモデルって
両手を自由に使いたいために使うものなので、片手でちゃちゃっとできないと
困ります。
これはどちらかと言うと、片手で押さえながらもう一方の手で回転させるという
感じなんですよねぇ。。。残念。

廻した時の節度感もチープ。
軽いので力は要らないですが、回転とズーム、スポットの変化量のバランスが
微妙で、ちょうどいいところに合わせるのが難しいんじゃないでしょうか。

明るさは、いつものLED LENSERの光で満足。
但し、複雑な設定はちょっと。。。


マルチファンクションを切り替えるには、一旦本体を頭から外してやらないと
できません。
なぜなら、バック(バッテリパック)側の赤色LEDスイッチを押して、フロントのヘッドの
点滅回数が1,2,3と変わるのを確認する仕様なのです。

暫く使わないと絶対に忘れそう。

LED LENSER M7など複雑なファンクションがあるものは小さなカードサイズの
モード切替説明があります。

Smartcard_1 スマートカード(表)

Smartcard_2 スマートカード(裏)
スマートカードは開くと詳細説明があります(英語ですが)。

こっちは、分厚い取扱説明書のみ。
(分厚い理由は説明が多いのではなく、多言語=英語、フランス語等々あり、
 日本語はほんの3ページですから。)

しかも、文字ばかりで非常に根気を要しました。。。
高い製品なんだから、マニュアルもカラーにしてわかりやすくして欲しいものです。

まあ、LED LENSERというメーカに期待したのですが、今度はジェントスの手頃な
価格のヘッドライトと比較してみようかと思いました。

Amazonでのレビューでもかなりポイント高いですが、他にフラッシュライトを持っている
自分にとっては、LED LENSERらしい手触り、質感が無いのが非常にガッカリでした。

<良い点>
・エネループが使える
・乾電池(単4電池)も使える点
・LED LENSERらしいムラの無い光
・Hiモードでの明るさ
・専用充電式バッテリ内蔵の割に安い価格

<残念な点>
・防滴仕様だが、バッテリ部分の蓋の開閉が樹脂のためそこから水が混入する心配あり
・開閉しずらく、また破損しそうなバッテリケース(蓋)
・片手操作で廻しにくいフォーカス/ズーム切り替え
・チープな質感

では。

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSERコレクション
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)



2014年9月30日 (火)

【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)

2014年に新モデル(P5.2)になったため旧版となったLED LENSER P5(OPT-8605B)
2,580円にて入手。
現行モデルのP5.2は4,000円以上するので割安感があります。

スペックは以下の通り。

LED
    パワーチップ型 LED×1
サイズ
    φ26×115mm
重量(電池込)
    約84g
主素材
    アルミニウム
使用電池
    アルカリ単3電池×1
最大光束
    約105ルーメン*
最長照射距離
    約130m*
点灯時間
    (1lm)約3時間*

*2012年4月現在のテストデータを基にした平均値です。(±15%)

モデル型式のOPT-8605Bから最後のアルファベットの【B】が付くのはブリスター
パッケージ。
TEST ITというスイッチが付いていて、箱を開けないでも点灯させてテストできます。

Front

Rear

Case

Pシリーズはホルスター(ケース)が立派。
付属品も手抜き無しのLED LENSERです。

Wide ワイド側

Spot スポット側

単3電池1本なので小さいです。
ヘッドを前後させてワイド-スポットを切り替えるアドバンスフォーカス機構は
いつもと同じですが、移動量は上の写真のように本当に少ないです。

Tail_switch

テール側にON/OFFスイッチがあります。
これは型が古いからか、樹脂のスイッチ。
現行品はほとんどがゴム製になっています。
簡単に触れるだけでONしてしまうので、持ち運び時に誤動作を防ぐためには、
テールキャップを廻して電源ONしないようにロックアウトする必要がありそうです。

Head

写真で見てもよくわからないと思いますが、ヘッド部分は意外に大きめ。

Vs_p5e

LED LENSER P5E(左側)との比較。
同じ単3電池1本ですが、P5はかなり大きめです。

Vs_m5

もう少しサイズが近いのがLED LENSER M5(左側)。
明るさはM5が140ルーメン、P5が105ルーメンでP5の方が暗いはずですが
ヘッドが大きい設計なのが良いのか、結構明るく感じます。


新しいP5.2は表面加工が滑り止め加工なのでちょっとまだ入手していません。
旧モデルのフィニッシュの方が個人的には気に入っているので、なかなか新型を
購入できていません。

性能的には、LEDが古いので多分新しい方が綺麗な光の形になるのはM5などの
新型モデルで確認していますから、きっと新しい方が美しいでしょう。

ただ、普段使いでは全然問題無い性能だと思います。

では。

関連記事:
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSERコレクション
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)

2014年9月27日 (土)

【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)

非常にスペックのよく似た2台の比較。

LED LENSER P3 AFS(OPT-8403A)  , P3 AFSP(OPT8403AP)です。

スペックから。

P3 AFS
LED
    5mm LED×1
サイズ
    φ18.5x90mm
重量(電池込)
    約34g
使用電池
    アルカリ単4電池x1
最大光束
    約25ルーメン*
最長照射距離
    約60m*
点灯時間
    (1lm)約6時間*


P3 AFSP
LED
    パワーチップ型LED×1
サイズ
    φ18.5x89mm
重量(電池込)
    約35g
使用電池
    アルカリ単4電池x1
最大光束
    約75ルーメン*
最長照射距離
    約120m*
点灯時間
    (1lm)約1.1時間*

*2012年4月現在のテストデータを基にした平均値です。(±15%)

明るい方が最後に【P】が付くモデルです。
意外なことに、1mmだけP無しモデルが長い(なぜ?)

ではパッケージングから。

Photo1

上がP3AFS, 下がP3AFSPで全く同じに見えます。

Photo2

同じく上がP3AFS, 下がP3AFSP。
見ての通り、P3AFSには日亜製のLEDを示すシールが付いてます。

Afs

Afs_zoom

Afs_attachemnt

Afs_head

以上がP3AFSの写真。

以下がP3AFSPです。

Afsp

Afsp_zoom

Afsp_attachment

Afsp_head

さすがに明るさが違うと思ったら、ヘッド部分が違うようです。

Zoom スポット側

Wide ワイド側

2本持って比較。(上がP3AFSP, 下がP3AFS)
意外に25ルーメンのP3AFSの方がワイド側では綺麗に広がっています。
どちらかと言うと、P付きの方が明るい分集光する方向に調整しているのかも。

それに光の形もP3AFSPだと2重になるような感じです。
こんな感じ。

P3afsp

<結論>
安くて、駆動時間も長いP3AFSの方が1台目としてはお勧めかな。
でも、「明るくなくちゃ嫌!」って人は駆動時間も短いけどP3AFSPの方ですかね。
あ、ちなみに、予想通り、P3AFSPの方は熱持ちます。
「頑張っている」って感じですかね。

では。

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSERコレクション
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)



2014年9月21日 (日)

【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)

なかなか準備ができなくてレビューを書けなかったのですが、重い腰を上げて
やっと書きます。
LED LENSER P5E(OPT-8405E)です。

今回は、まずは仕様から。

LED
    5mm LED×1
サイズ
    φ23.5x99.5mm
重量(電池込)
    約62g
使用電池
    アルカリ単3電池x1
最大光束
    約25ルーメン*
最長照射距離
    約75m*
点灯時間
    (1lm)約20時間*

*2012年4月現在のテストデータを基にした平均値です。(±15%)

では開封の儀です。(クリックで拡大表示)

Photo_1

Photo_2

いつもは貼られていない「日亜製」のLEDシールが貼付されています。
どうも、大きなサイズのLEDメーカとは違うようですね。

Photo_3

仕様にありましたように、単3電池1本で駆動可能。
また、アドバンスフォーカス機構でヘッドを上下(前後)方向にスライドすることで
フォーカスをワイドからスポットへスムーズに切り替えられるのが特徴。

Photo_4

Photo_5

付属品としては、先のLED LENSER M5のレビューでも書いたのですが
結構しっかりしたポーチといつもの大きさのストラップが付属します。

Photo_6

テール部分の電池挿入口を開けてびっくり。
あれ?いつものスプリングじゃないんですけど。。。

Photo_7

Photo_8

どうみても、フラット。
逆に本体側はどうなっているのか、確認したら下図の写真のように。。。

Photo_9

なぜかプラス側にスプリングが入っています!

Photo_10

もちろん挿入方向を示すラベルはヘッド側がプラス、テール側がマイナスに
なっていました。。。

これって、過去のLED LENSER L7の時の罠と同じじゃないか・・・

設計不良だよね、コレ?

さて、肝心の光ですが、ムラの無い綺麗な円形で25ルーメンと思えない程
明るいのが特徴です。

暗いときに足下廻りを照らすような用途には最適かと。
それに、単3電池で明るさを押さえている分、駆動時間スペックも長いのが利点。

なかなかかわいいヤツです。

では。

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSERコレクション
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)



2014年9月17日 (水)

【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)

既に生産終了モデルとなっているらしいLED LENSER M8(OPT-8308)を入手したので
簡単にレビューを。

参考価格9,720円に対し64% OFFの3,480円(税込み)でした。

では、開封の儀から。(クリックで拡大表示)

Photo_1

いつものパッケージよりも厚み(高さ)が薄い(低い)です。

Photo_2

乱雑に、説明書、保証書、シリカゲル、Smart card(マルチファンクションの機能ガイド)
が入っています。

Photo_3

本体、ストラップ、バッテリ(CR123Aが2個)、フォルダーが入っていました。

Photo_4

こんな感じで、ベルトに引っかけるようなホルダーが付属していて、いつもあるような
ケースは付いていません。
また、これを外すのが大変固くて、なかなか外せませんでした。
回転できて向きが変わるようなのですが、この固さではちょっと使わないかなと思いました。

Photo_5

バッテリボックスの様子。
普通の単3、単4電池ではなく、カメラ用などのCR123Aリチウム電池を2本使用。
公式HPにも書いてありますが、この電池は低温でも使えるというメリットがあるそうです。

Photo_6

意外に長いなぁと思って、LED LENSER M7と比較したのが上の写真。
M7サイズはP7, P7.2など売れ筋商品のラインアップと同じサイズで手の平に
ちょうどイイ感じで収まるのですが、このM8はちょっと大きいですね。

まあ考えれば旧M7、M8というラインアップがあったのですから、M7に対して
大きいのは想像できたはずですが、購入時に気づきませんでした。

では、参考までにスペックを。

Technical Data
LED
    パワーチップ型 LED×1
サイズ
    φ37x159mm
重量(電池込)
    約159g
使用電池
    CR123Aリチウム電池x2
最大光束
    約235ルーメン*
最長照射距離
    約230m*
点灯時間
    (1lm)約17時間* minモード時

*2012年4月現在のテストデータを基にした平均値です。(±15%)

2014年モデルのM7に比べると世代が古いので明るさは235ルーメンと見劣りしますが
まあ、十分なスペックです。

残念だったのは、明かりの円。
ドーナッツ型の光で、この点では新M5よりも綺麗でないのが残念。
M5は綺麗なムラの無い明かりです。

こうやってみると、新しい単3電池1本のLED LENSER M5(OPT-8305N)は小さい割には
凄いヤツだなぁと見直しました。

ただ、光のモードは上位機種のM7同様に複雑な3種類のモード設定、SOS、などの
機能があります。

あとちょっと微妙なのですが、M7よりも半押しの位置がわかりにくくて、半押しで
明かりのモードを切り替えたい、と思っても全押しになってしまって電源OFFに
なってしまうこと。

新しいM7の方がスイッチの節度感があると思いました。

ということでこれから買う人にはM7がお勧めですね。
ただ、CR123Aという特殊な電池なので、災害時には売れ残っている電池になる
可能性が大で、これはこれで1本あると便利かと。

では。

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSERコレクション
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)



2014年9月14日 (日)

【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)

LED LENSER M7が非常に好印象だったので、その1つ下のモデルである
LED LENSER M5(OPT-8305N)も入手してみました。

このモデルも2014年春にモデルチェンジした新しいモデルで型式の最後に「N」が
付いています。(またヘッド部分の色がシルバーなのが新型で旧型と違います。)

では早速開封。(写真はクリックで拡大表示)

Photo_1_3

Photo_2_3

箱の下(底面)には型式のシールと「MADE IN CHINA」のシール。

Photo_3_2

Photo_4_3 ワイド側

Photo_8_4 スポット側

ヘッドは前後に伸ばすことでワイドからスポット照射に変わります。
LED LENSER M7のようなロック機構が無いのは残念。

Photo_5_3

付属品です。
いつものように単3電池1本、ストラップ、ホルスター。
そしてマニュアル(Smart card)。


Photo_6_2

Photo_7_2

LED LENSER M7はかなり多彩なモード設定が可能ですがこのM5はかなりシンプル。
光量を強、弱にするのと、点滅モードの3種類です。

暴漢などに襲われた時に使うと言われるこの点滅機構はM7より早く設定できるのが
便利と言えば便利かな?

Photo_9_2

Photo_10_2

本体の大きさに比べ、長さ方向が短い気がするホルスター。
幅も狭くてストラップを付けると入らないのでストラップは外さないとダメみたい。
おまけに作りも安っぽい。

Photo_11

比較のためにLED LENSER P5E(OPT-8405E)と並べてみました。
(上がP5E)

Photo_12

付属のポーチ(ホルスター)も比較。
おいおい、安くて小さいはずのP5Eの方が幅広でしかも質感が高いってどういうこと(笑)?

25ルーメンのLED LENSER P5Eも同じ単3電池1本ですが、お値段はM5の半分程度。
P5Eの方がコストパフォーマンス良さそうですね。

参考までにスペックを。
Technical Data
LED
    パワーチップ型 LED×1
サイズ
    φ23.5x112mm
重量(電池込)
    約70g
使用電池
    アルカリ単3電池×1
最大光束
    約140ルーメン*
最長照射距離
    約120m*
点灯時間
    (1lm)約8時間* minモード時

*2014年3月現在のテストデータを基にした平均値です。(±15%)

肝心の明るさは140ルーメンもあるので不満はなさそう。
個人的にはLED LENSERのワイド側でのムラの無い均一な配光が好きなのですが
本製品もその期待を裏切らないで綺麗な円を照射します。

先に例として挙げた25ルーメンのP5Eと異なり、M5の場合、昼間の室内でも
その明るさ(照射円)を見ることが出来ます。

ちょっと高いので、M7よりコストパフォーマンスが悪いなぁと思いお勧めするのは
難しいですが、なかなかかわいいヤツです。

では。

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSERコレクション
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)



【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)

LED LENSER M7(OPT-8307N)という2014年にモデルチェンジされた新製品のレビュー。
型式の最後にNが付いているのが新しい(NEW)という意味のようです。

まずは開封の儀から。(クリックで拡大表示)

Photo_1_2

Photo_2_2

いつもと同じです。

Photo_3

Photo_4_2

本体、バッテリ(単4電池4本)、ストラップ、ケース(ホルスター)
上の写真のように、ホルスターの作りがイマイチなのか、結構窮屈な状態で
本体を収納しています(この辺は中国製の手作り感なのか。。。)

Photo_5 ヘッドを伸ばした状態

Photo_6 ヘッドを縮めた状態

ヘッドは上下(前後)することにより、スポット照射、ワイド照射を切り替え可能です。
これは、LED LENSERのアドバンストフォーカスというシステムですね。

伸ばすとスポット、縮めるとワイドの照射になります。
写真のようにその可動範囲はそんなにありません。

Lock_unlock

面白いのは、P7などはこの前後動作のロック機構が無いのですが、M7の場合
写真にもありますが、ヘッドを左右に回転するとLOCK/UNLOCKが可能です。
地味ですが、便利な機構ですね。

Photo_7 ワイドの位置

Photo_8 スポットの位置

LED部分をワイド、スポット側にした時の写真です。
ワイド側だといつものように、LED LENSERロゴなどが見えます。

Photo_9

スポット状態で発光させた時の写真です。
直視状態で撮影しようとすると、うまく撮れません。(カメラの同期がずれる)
なので少しだけ光をずらしています。

Photo_10

昼間なのに、何なんでしょうねこの明るさは。
ワイド位置での照射したのが上の写真です。
400ルーメンですか・・・無駄に明るいかも。

参考までにスペックを。

Technical Data
LED
    パワーチップ型 LED×1
サイズ
    φ37x132mm
重量(電池込)
    約190g
使用電池
    アルカリ単4電池x4
最大光束
    約400ルーメン*
最長照射距離
    約280m*
点灯時間
    (1lm)約35時間* minモード時

*2014年3月現在のテストデータを基にした平均値です。(±15%)

面白いのは「スマートライトテクノロジ」です。(以下、クリックで拡大)

Smarat_light_technology_2

Functions

MAGLITEのXL100というモデルも同じようなSOSやフラッシュ(ブリンク:点滅)動作が
ありますが、こっちはより簡単です。

あと、無段階調光というのもあります。
可変範囲は思ったよりも狭いですが、変わった機能で面白いです。

動画を撮影したいのですが、ちょっと時間が無いのでまだ未撮影。

では。

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
LED LENSERコレクション
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)



2014年9月13日 (土)

LED LENSERコレクション

所有しているLED LENSERも種類が増えてきたのでコレクションを整理。

Ledlensers(クリックで拡大)

Led_lenser_p7

Led_lenser_p14

Led_lenser_p4

Led_lenser_a2

Led_lenser_p2bm

Led_lenser_l7

Led_lenser_m7

 

Led_lenser_p5e

LED LENSER L7の動画が面白いですね。
ポリカーボネート製で弱そうな感じでしたが意外や意外、タフなヤツです。

では。

All
(一番上の写真との差、わかりますか?)

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)


2014年9月 2日 (火)

LED LENSER L7 開封の儀

今度は安かったという理由からLED LENSER L7 (OPT-7008TG)を入手。

以下、公式サイトより。

Led_lenser_l7

Spec (クリックで拡大)

では開封の儀です。(クリックで拡大)

Front

Rear

Right

Left

Package

Contents

ホルスターは付属しません。パッケージも簡素ですが問題ありません。
テスト用の単4が3本内蔵されていて、その他に3本付属。計6本です。

Detached

Led

早速、電池を外して、金パナ(パナソニック製電池)に変えたところ点灯しない!?
なぜ?と思って確認したら、こんな罠が。

Cartridge_plus

スプリングって普通電池のマイナス極なのに「プラス(+)」の印字が!

他の2極は以下のように正常です。

Cartridge_minus

設計不良じゃないか・・・と思いながらも気を取り直して印字の通り電池を入れると
無事点灯しました。

安いのに、軽量でありながら明るさに手抜きが無いのがLED LENSER。
さすがに先日からレビューしているP2, A2とは違い、広く照らすことができます。

どうも、生産終了しているみたいですので入手は早めが良いかと。。。

では。

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
格安LEDライト購入(GENTOS パトリオ6)
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P2BM 開封の儀
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)
Maglite LED XL100レビュー



関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ