音楽

2024年5月15日 (水)

令和の今、なぜか沢田聖子を聴く

沢田聖子さんってご存知ですか?

え?松田聖子と勘違いされている?そうですね、当時もそうでした。

松田聖子は「せいこ」ですが、沢田聖子は「しょうこ」です。

話を戻して、何だか急に沢田聖子の「シオン」とか聞きたくなってApple Musicで検索するとちゃんとありました。

もう何十年ぶり?という感じで、ああこういう感じだったな、程度しか思わなかったです。

ところが、令和の今はインターネットがあります。動画(YouTube)があります。

リアルタイム時には「動いた沢田聖子」というのを実は見たことが無かったので動画検索して色々見てみました。

そうなんです、2024年になって生まれて初めて動く沢田聖子を見たのです。

何だかデビューした頃の中森明菜のようなふっくらした感じとか、石川ひとみのような頬の感じとか、当時流行りの髪型とか新鮮でした。

そして何より驚いたのは、レコードやカセットで聞いた頃には低音で籠もったような声質なのかな、と思った彼女、実は高音が結構綺麗で伸びがあるのに驚いたのです。

普通に上手いなと。

しかも、最近もまだ現役で活躍されているみたいです。(今年45周年アルバムが出るようです。凄い。)

10年程前のライブ映像の声とか、え?まだこんなに声出るの?と驚いた次第。

だって、あの中森明菜でさえ、最近自分のYouTubeチャンネルで古い歌のジャズカバーを歌っているけど、さすがに全盛期(Akina East Liveの頃)を知る者には、ああ、年齢って怖いなぁと思っていたくらいですから、中森明菜よりも年上の沢田聖子がこんなにバリバリ歌えているのには驚愕しかなかったです。

あと、どこかでちょっとしたライブ(お店とかでやるやつ)している動画がとても自然で、今までの沢田聖子のイメージとギャップがあって素直に好感を覚えました。

彼女との最初の出会い、きっかけは学校の先輩が沢田聖子のアルバムか何か持っていてファンだったことです。

先輩と出会わなければ一生沢田聖子を知らないでいたでしょうね。

改めて先輩の見る目に感心した次第です。

できればApple Musicや各種ストリーミングやYouTubeなどで一度見てみてはどうでしょう? 今と違う昭和の時代を感じながら今の人にもきっとどこか懐かしい気持ちになれるんじゃないかな、と。

ということで、沢田聖子の「シオン」「卒業」「春」「坂道の少女」などを毎日ヘビロテしている最近です。

では。

Eartydaysアーリーデイズ・ベスト

45thAnniversary Best Self-Cover Album 〜 石の上にも45年 〜

2021年10月30日 (土)

大滝詠一「A面で恋をして」とBuddy Holly (バディ・ホリー)「Everyday」、 これは問題無いのか?(音楽)

今頃なんですが大滝詠一さんの話。

彼のアルバムで最初に買ったのはあの佐野元春、杉真理と共演した「ナイアガラ・トライアングル Vol.2」です。

Photo_20211030191101

今回の記事はこの中の名曲「A面で恋をして」です。

聴いたことが無い人もググればヒットするはずですから恐らく聞き覚えはあるはずです。

で、大滝詠一氏は昔の音楽にもかなり造詣が深いとの事で、どこかでメロディラインをほぼ同じ進行で作った、という記事を読んだのです。

この曲の元になったとされるのが以下の曲。

Buddy Holly - Everyday です。

 

いやー、驚きました。全く同じ曲に聞こえます。

調べると、Buddy Holly(バディ・ホリー)氏は1936年9月7日 - 1959年2月3日とわずか22歳で亡くなっています。

このEverydayは1957年にリリースされています。(Wikipediaより)

大滝詠一氏がこの曲をリリースしたのは1981年リリースですから24年後。

著作権上、バディ・ホリー氏が亡くなっているので使用許諾を得たとは思えませんが。。。

リリース時はまだインターネットもYouTubeもWikipediaも無い時代。

でも今は瞬時にBuddy Holly氏のEverydayを聞くことができます。

これ、オマージュとか言うレベルなんでしょうか?

独特な歌いまわしも全く同じで正直受け入れられない程、ショックを受けました。

大滝詠一氏の曲、最近、サブスク(サブスクリプション)解禁されて、過去の曲も聞くことができて凄いなと思っていただけにショックが大きいですね。

現代だったら大問題レベルの曲ですよね。

まあ、当の大滝詠一氏も既に亡くなっていますから確認のしようもないのですが。

音楽に詳しく無いので、これが盗作なのか、それともリスペクトによるオマージュなのか、判断は難しいですがヒットした曲だけに残念な思いですね。

では。

 

2021年9月15日 (水)

【朗報】遂に、やっと、ZARD全曲ストリーミング解禁!!!

ツイッターのトレンドで知りました。

あの、ZARDが遂にストリーミング解禁です!

ZARD 永遠のスタンダード・ナンバー全曲サブスク解禁!
バージョン違いなども含めた全389曲!
幻の楽曲「約束のない恋」がダウンロードでも初配信! (公式サイト

Zard

いやーーー、長かった。待ちわびてました。

いやあ、実際は待ちきれずに、全オリジナル・アルバム、その他ベスト・アルバムなどを中古CDで買い集めましたから。

今まで、このビーイングって会社はベスト版を何度も出してその度に何か特別な曲を入れたりして、ファンに買わせていたので今回の対応はホントビックリです。

ちょうど、この2021/9/15に過去のオリジナル・アルバムもリマスタリングして再発売されていたので、てっきりまた商売商売、なんて考えているのかなと懐疑的になっていたので本当に予想外です。

何がイイかって、自分はApple Musicユーザなんですけど、ストリーミングでも結構音質が良い気がしたからです。

例えば、アルバム「揺れる想い」

Photo_20210915201201

オリジナルCDの録音版で聴くのと、「ZARD forever best」で最近録音された物では明らかに後者の方が音がイイです。

Zard_forever

今回、この「揺れる想い」を聴いてみましたが明らかに音は最近リマスタリングされたと思われる音質でした。

なので、過去にアルバムだけで聴いていたファンもストリーミングで再度聴くと音が良くなっているのに気づくと思います。

こうしてストリーミングで、色んな人にZARD、坂井泉水さんの歌を聴いてもらえると嬉しいです。

ZARDは作業用のBGMとしても結構聴きやすいんですよね。

若い頃の結構力強いボーカルもいいですし、皆んな誰でも知っている「負けないで」「揺れる想い」などの一番いい頃、晩年のやや繊細な感じになりながらも高音で歌う様子もそれぞれ味わい深いです。

ということで、ZARDストリーミング解禁の話でした。

では。

関連記事:
ZARD「時間の翼」なぜ廃盤?(音楽)
【朗報?】ZARD「時間の翼」廃盤→再販?(音楽)

 

 

2021年7月17日 (土)

【朗報?】ZARD「時間の翼」廃盤→再販?(音楽)

もう坂井泉水さんが亡くなって何年になるんでしょうね。

30周年記念とか言う(こじつけで?)理由でZARDのアルバムのリマスター版が発売されるとニュースがありました。

ZARDオリジナルアルバム10作品リマスター盤&「時間の翼」完全リアレンジ盤発売 (音楽ナタリー)

Zard_

記事の中にこんな記載がありました。

9thアルバム「時間(とき)の翼」のリアレンジ盤が9月15日に同時リリースされる。

ZARDの「時間の翼」はファンなら知っていると思いますが、アルバム・タイトルにもなっている時間の翼という曲が未完成のまま収録されているアルバムです。

完璧主義で知られる坂井さんの事なので不満だったんでしょうね。廃盤になっていました。

購入するには市場に流通されている中古しかありません。(私も中古盤を買いました。)

なので今回のりアレンジ盤でも再販されるのは吉報なのかもしれません。

そう思って、Yahoo!のコメントを見ると必ずしも皆さんの反応は良くありません。

以下に抜粋します。

ビーイングはZARDでファンから金を巻き上げる悪徳なやり方をまだ続けるのか…
ZARD、坂井泉水さんは好きだけどビーイングのやり方だけは好きになれない

尾崎もそうだけど、亡くなってアレンジやリマスターや…
お金に群がる大人が見えるのが音楽の本質が霞んでしまう

アルバムボックス出した意味ってなんだったのよ。。。またリマスタリングしてCD出すならアナログ盤出して欲しかった。

時間の翼フル版があれば買うけど。。
てかもう亡くなって何年も経つのにまだこんなことするんだ

別の人が…
ガチャガチャといじったモノを
欲しいとは…思わない

オリジナルCD」は、今でも持っているので
当人の居ないリマスターに
価値を感じないな

どうでしょう?

私も実は同じ気持ちです。

ビーイング(事務所)は何十周年記念とかと題して色んなバージョンのCDなどを発売しています。

完全盤のBOXなど高価な、ファンが欲しいと思われるような未公開曲を小出しに販売している、というのが正直な印象です。

ファンは方はまた大枚をはたいてこの10枚のCDを購入されるんでしょうかね?

ビーイングではBzがつい最近Apple Musicなどに音楽ストリーミング解禁してくれました。

ZARDもこのようなCD販売で利益を得るのではなくて、ストリーミングでもっと多くの方々に配信して欲しいと切に思います。

(ストリーミングでいいと思って、CDを買うというケースも多分あるんじゃないかと思ってます。)

何となくスッキリしないニュースですね。

では。

関連記事:
ZARD「時間の翼」なぜ廃盤?(音楽)
【朗報】遂に、やっと、ZARD全曲ストリーミング解禁!!!

 

2019年1月29日 (火)

ZARD「時間の翼」なぜ廃盤?(音楽)

2007年にがんの治療入院中に転落死したZARDの坂井泉水。

 

彼女は生前、11枚のオリジナルアルバムを販売していますがその中の1枚、「時間の翼(ときのつばさ)」だけが現在廃盤となり新品が入手できません。

 

Toki_no_tsubasa 時間の翼

 

Album_list

 

(アルバムリスト:出典Wikipedia クリックで拡大表示)

 

上記のWikiの情報では廃盤扱いになっていませんが、ネット上では廃盤との情報が出ていること、新規購入できない模様からほぼ間違いないでしょう。

 

 

 

彼女が亡くなった今、真相はわかりませんが、アルバム制作にかなり何度もやり直すという徹底さを坂井泉水さんがしていたということ、「時間の翼」の中のタイトル曲である「時間の翼」が未完成の状態でリリースされたことから坂井さんがアルバムを廃盤にした、というのが一番信憑性が高そうです。

 

ちなみに、「時間の翼」は次のアルバム「止まっていた時計が今動き出した」(2004年1月発売)に完成された別のバージョンとして収録されています。

 

「時間の翼」は2001年2月発売です。Wikiによるとこの時期の前後頃から坂井さんは体調を崩していたようです。

 

さて、ここまでは問題無いと思うのですが、不思議な事が1つだけあります。

 

ベスト版ボックス(ZARD ALBUM COLLECTION~20th ANNIVERSARY~)を2012年に発売されるのですが、その商品紹介を以下に記述します。
公式サイトより抜粋)

 

Info (クリックで拡大表示)

 

1stアルバム『Good-bye My Loneliness』から最後のオリジナルアルバム『君とのDistance』までのオリジナルアルバム11作と未発表音源及びレア音源を収録したプレミアムディスクを含む、全12枚・全128曲を収録!
2枚のダブルミリオン・アルバムと4枚のミリオン・アルバム、そして現在生産中止となっている『時間の翼』も、もちろん収録!

 

何と言うことでしょう?絶句です。

 

このボックスは2万円以上もする高価なものです。
生産中止していると認識している「時間の翼」をこういう形で販売するということは一体どういうことなのでしょう?

 

販売してもいいと判断するなら、生産を再開すべきです。

 

逆に廃盤にしたのなら、再販すべきでは無いのでは?と思うのですが。。。

 

私は中古で上記アルバムを入手して聞きましたが結構いい曲もあり決して廃盤にしなくてもいいのではと思っています。

 

でも、ボーカル、作詞担当の坂井泉水さんが、もしも、廃盤にして欲しいという意思(遺志)を持っていたのなら未完成の曲は外すとか別の形で販売すべきだったのではないかと。いや、どういう形であれ再販すべきでは無いのかもしれません。

 

残念ながらZARDはApple Music等のストリーミングサービスではリリースされていません。
(Apple Music Storeでは何枚かのアルバムは購入可能ですが。)
なので私は中古でアルバムを入手して聞きました。

 

何が言いたいかといえば、結局、彼女の曲を販売する権利を持っている事務所はファンを大切にしているのかな、ということです。

 

1990年から2000年にかけて、日本のポピュラー音楽ではそれなりのリリースを残した彼女の作品をこういうボックスでしか新譜購入できないのはファンのためになるのか、という点です。

 

それにしても、ZARD生前時はリアルタイムで聞くチャンスはあったはずだったのに仕事の毎日で音楽を聴けず、今頃こういう形で聞くことになるとは何とも複雑な思いです。

 

では。

関連記事:
【朗報?】ZARD「時間の翼」廃盤→再販?(音楽)
【朗報】遂に、やっと、ZARD全曲ストリーミング解禁!!!

 

2018年12月30日 (日)

今年の買い物で一番良かったデジタルガジェットは?

今年、1年色々買い物しました。

そんな中で一番良かったデジタルガジェットは?

iPad Pro 2018モデル? Apple Watch Series 4 ?

いえいえ、もっと毛色の違う物です。

JBL Pebbles バスパワードスピーカーです。

Jblpebbles

これを買ったのは今年、ノートPCを新調してスピーカ音が良いと書いてあったので期待していたのですが、予想以外に残念だったので、これを機会にPC用スピーカを買ってみようかな、と思ったのです。

関連記事:PC購入しました---詳細について

数ある物からコレを選んだ理由は単純で過去にJBL CHARGE3というBluetoothスピーカを使っていてその音が好きだったからです。

JBL CHARGE3は当時15,000円位したと思うのですが、このJBL PEBBLEというPCスピーカは5,000円程度格安です。

USBケーブル1本でドライバのインストールもしないで音楽などPCの音声が再生可能です。

最初、ちょっと軽い音かな?なんて思っていたのですがしばらく使っていたら結構低音も高音もキレのいい音鳴らしてくれるではないですか!

学生時代はちゃんとしたアンプ、スピーカなどのオーディオを持っていたのですがさすがにスペースを取るとか色んな理由から捨てたのですが、久々にいい音が聴けて感激です。

JBL CHARGE 3もいい音だと思っていたのですが、あちらは実際には屋外などのキャンプなどで音楽を聞くユースなのか、音が広がるのですがモノラル再生なのですよね。

今回のPebblesはバリバリの(?)ステレオで小さい(と言っても15cm位直径がありますが)のに本当に音がイイ。

パーカッションやドラムの音が心地よく、フュージョンやポップス、ロック、何でもイケそうな感じ。

さすがにクラッシックはちょっと役不足で残念ですがほんとそれ以外だったら何でも聴けると思います。

何と言ってもコスパが最高!

ちなみに、面倒ですけど、PC以外のオーディオ機器は3.5mmオーディオジャックからケーブル経由&USB給電で再生もできます。

残念なのは、右側のスピーカからUSBケーブルが出ているのですが短いので私のPCの左側のUSB端子にはギリギリになってしまう点ですかね。

ちなみに、USBハブも動作しないようなのでそこも残念ですね。

長くなりましたが今年も1年ありがとうございました。
また、来年も宜しくお願いします。

では。

2016年3月22日 (火)

The beatlesにハマってます(ザ・ビートルズ)

これもみんな、あの「Apple Music 無料期間」が原因。

今更ながらThe Beatlesにハマってしまっています。

ということで、毎回、ネット回線接続状態というのも面倒になってきて
最初はiTunesストアでダウンロードしようかと思ったのですが、
CD買う方が安いということに気づき、コレクションという意味も含めて
鉄板のアルバム(CD)を2枚、大人買い。

それがコレ。

P3210037

赤盤、青盤。

まさか、これを買う日が来るとは。。。
ビートルズってメジャー過ぎて、若い頃は何となく気恥ずかしい感じがして、
どこかで避けていた気がします。

でも、今聞き直しても、彼らの音楽性とか、ジョンとポールのハーモニーとか
色んな点で50年の年月を感じない新鮮な印象で音楽を聴くことができる。

凄い。

一度ハマるとコレクトしそうで、それも怖い。。。

まあ、当面はさっきのApple Musicで聞けるので、それでまた考えましょうかね。

昔の音楽にハマっている、というお話でした。

では。



関連サイト

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ