デザイン

2021年10月19日 (火)

Appleの本気と過去に戻ったMacBook Pro

大方の予想通りでしたね。

M1 Pro/Max搭載で2倍速くなった「MacBook Pro」。筐体も大幅刷新 (PC Watch)

Macbookpro2021

今回のモデルを見て色々な気づきがありました。

まず、想定通りのMagSafeの復活。リーク情報やYouTubeの予想通りでしたがなぜ一度やめたこの機能を復活させたのかという想い。
確かに便利ですし、電源で貴重なポートが1つ減るのはデメリットでしょう。
でも、トータルでは(以前は上位モデルでは)Thunderboltが4ポートから3ポートに減っています。

SDカードスロット追加、HDMIポートの追加もまるでWindows PCのノートブック(ラップトップ)の仕様を見ているかのようです。

ディスプレイは最近のiPhoe, iPad Proでもお馴染みのリフレッシュレート120Hz対応(MacBook Proは可変らしい)。

そしてiPad Pro 12.9に採用されて実績を作っていたmini LEDを満を持してMacBook Proに導入。

今までは大体リーク情報のうちのいくつかは実施されずガッカリするというのが例年なのですが今年は欲しいと思われる機能はてんこ盛りです。
意外でした。

ベゼルの狭いディスプレイも最近のWindows PCの潮流に乗っていますし、今まで賛否両論だったAppleオリジナリティのあったTouch Barも無かったかのように(まるでiPhoneのTaptic Engineのように)あっさりと取り去ってしまいました。

認証方式はなぜか顔認証でなく、従来からの指紋認証。
MacBook Proはそんなに持ち出さないでしょうから顔認証でもいいんじゃないかな(屋内でマスク無しで使うという意味)と思うのですが。
コストとの兼ね合いでしょうか、不思議です。

デザインですが、キーボードの部分が変わりました。

まずは以下が現行モデル。

Mbp2020

次が2021年モデル(新モデル)

Mbp2021_20211019212901

今まで「これがMacBookだ!」という感じでキートップとの間のスペースは筐体と同色になっていてアイソレーション感がはっきりしていました。
今年のモデル(多分、今後数年はこのデザインでチップのマイナーチェンジで行くのだろう)は上記のように真っ黒でキートップとスペースの差が無い。

最初、何か違和感があったのですが自分の手元のMacと見比べて気づきました。

上記のようなデザインなので筐体はシルバーよりもスペースグレイの方がマッチする気がします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とまあ、色々細かいことを書きましたが、タイトルのように今回ユーザの要求を受けて、マルチディスプレイもメモリ容量もグラフィック性能もスペック上は大幅に向上させてきました。
これは、いかにアップルがこのM1系チップ(=非インテルCPU)を本気でメインストリームにしたいのか、というのがわかります。

これだけハードスペックの潜在能力でIntel CPUに優位性を示すことでプロユーザ(グラフィックなど重い作業をしたいというユーザ)にMacを買ってもらいたいという意思表示ではないかと思うのです。

今までのアップルって、デザインはシンプル、パワーは無いけど(当然ハイエンドカスタマイズすればできるけど)デスクトップWindows PCには負けているというのを極力無くし、その市場を奪おうとしているかのようです。
もちろん、実際問題M1系に対応したソフトウェアでないとダメなので(当然優秀なRossetta2でコンパイルできますが)なるべくユーザを増やし、対応ソフトが増えていって欲しいと思っていると私は考えています。

でもデザイン的にはワクワク感が無くて既視感があるデザインになっています。

アップルのデザインって「どうだ、この薄さは!」みたいな感じでキーボードが打ちにくい程薄くなったり、ポートが1個しかないMacBook 12インチみたいなモデルを普通に出す会社というイメージだったのですが、本当に極々普通のポートを普通に実装してきた、というギャップにアップルの変化を感じました。

マイノリティを追うのではなく、マジョリティを取りに行くマーケティングに変化したいのかな?

ユーザは実はそんなに奇抜な斬新な機能を求めていない、という事を感じたのでしょうかね。

いや、今まで以上にユーザの声を製品開発に反映させて行くというマーケティングの基本に戻ったのか?

革新性という意味では実はそれほど驚く技術は無い気がしました。

チップサイズ見てビックリしましたが、今のプロセル(nmルール)ではサイズを小さくして性能向上できずにチップ(ダイ)サイズを大きくしたのでちょっとガッカリです。

Die-comparison

大画面ディスプレイが好きなので16インチがいいのですが、流石に高い。

14インチでもいいですが、私にはオーバースペック。

そもそも、デザインで斬新性が無くなって昔っぽくなったのはちょっとだけ心配です。

アップルはWindowsを真似ないで孤高のメーカーで居て欲しいです。

では。

 

2021年9月 7日 (火)

【レビュー】iPod nano第5世代を999円で買ってみた

某フリマアプリ・サイトにてiPod nano第5世代(2009年)を999円で購入してみました。

Capture_20210907192201

16GBでこの値段。
ネットで見た状態では表も裏も特に大きなキズ等無さそう。
バッテリも表示があったので充電ケーブルを常時接続しないと電源切れ、と言うことも無さそう。

とにもかくにも、ジャンクレベルの999円(しかも送料込み!)なのでブログネタになるかなと思って購入。

届いたのがコレ。

Ipod-nano-org-front

Ipod-nano-rear

ビックリしました。

何しろ他にもiPod nano何台か買っていたのですが外観だけなら新品相当の綺麗さ!

ディスプレイも綺麗で傷など無いですし、よくあるのがコネクタ端(底面部)の塗装が少し剥げていることも無い。

恐ろしいことでビックリしました。(9,999円のつもりだったのかな?)

でも、使ってみると1箇所だけ欠点を見つけました。

Ipod-nano-zoom-in

この写真(上)では分からないのですが、実際はディスプレイの上部分がほんの少し黄ばんでいます。

液晶の経年劣化でしょうね。

ただ、他にバッテリは2時間くらいで満充電になりましたし、使っていて急激にバッテリ残がゼロになる現象も今まだ無いです。

実際、タッチホイールの感度、ボタンの押し込み感度は新品と比べたら劣化しているのかもしれません。

でも、中古でコレしか触ったことなければ無問題です。

さて、今まで、ブラック、シルバーは購入した事があったのですがこういうビビッドなオレンジ色は初購入。

感想としては、凄く綺麗でカッコいいです。

この頃のアップル製品のカラーバリエーションは今よりもはっきりしたビビッドな色を挑戦的に使っていてとてもカッコいい、とても10年前のガジェットとは思えない感動を覚えました。(大げさかもしれませんが。)

全色コンプリートしようか、など意味不明な事をちょっと思った程です。

音質について最後に書くと、Walkmanの方が好みですが、イヤフォンを何種類か変更しながら聴き比べると雰囲気が変わって楽しいです。

(良く言えば素直な音質なのでイヤフォンによって全然音質が変わって面白い。)

低音重視のイヤフォンでもWalkmanのような重厚さは無い、軽い感じですね。

ノイズキャンセリング機能も無いけれど、これはコレでアリだと思います。

では。

 

2021年8月13日 (金)

【つぶやき】iPod nano 第7世代、バッテリ充電できない現象に陥る、からのアップルデザイン考察

コレクション(?)のiPod nano 第7世代、シルバーとスレート(slate)の2台持っているんですが、なぜか久しぶりに起動させてみたらスレートの調子がおかしい。

Ipodnanoslate

最初、起動しなかったり、Lightningケーブルで充電して起動して曲の転送はできるが電源ボタン長押しが効かない。

よくよく注意深く見ていくと、どうも充電が空の状態から増えていかない現象と判明。

何時間かやってみたら、一瞬2/3くらいまで充電マークが増えたりしたのですがその後はまたゼロ付近に。

原因は
・充電制御ICの故障
・バッテリの寿命
のどちらかな、と思っています。

しかし、同時期に買ったシルバーの方は全く問題無いのでなぜ、スレート側だけがこうなったのか?
保存している時に何か負荷が掛かって内部基盤にダメージを与えた?
知らないうちに電源が入った状態になって放電し続けて終止電圧まで充電池が放電した?

という事でiPod nanoのバッテリ交換を検討してみました。

もちろん、自力でできるかな、と思って。

分解サイトで有名なiFixitにiPod nano 第7世代のBluetoothデバイス取り外し説明がありましたので参考に見てみました。

iPod Nano 7th Generation Bluetooth Antenna Replacement

Disasemblejpg

図のようにバッテリにアクセスするにはBluetoothアンテナを温めて剥がし、ネジを取り慎重に作業しないとダメみたいです。

アンテナ剥がしはハードル高そう。

また、フレキシブル基板も破損しそうで怖い。

こうして見ると、改めてiPhoneは分解しやすくバッテリ交換できるように設計されているんだなぁと痛感。

iPod nanoのバッテリ交換をわざわざ依頼する人はきっと少ないとアップルも想定しているんでしょうね。

使用時間、使用期間、購入時の価格を比較すればiPhoneはバッテリ交換しても継続使用する可能性が高いですがiPod nanoは買い換えるか別の物を買うとなるでしょうね。(バッテリ交換で7,000円ほどします。)

アップルって交換しにくい製品を作る、と思っていましたがこうして比較すると製品によって分解のしやすさは分けて設計しているのがわかります。

さて、iPod nanoと比較と言えばSONY WALKMANがありますので参考までにその分解についても記載します。

上の動画はかなりざっくりとしていますが、とても参考になりますよね。

絶縁テープやはんだ付けされているバッテリ用のケーブル、結構交換は面倒ですしリスキーですね。(1:02辺り)

これは素人が手を出すべきでは無さそうだなぁと痛感しました。

SONYの小型化設計では物凄くアクロバティックな設計することで有名ですが、なかなかエグい設計ですね。

これならまだアップル製品の方が部品の入手性も高いのでトライしやすそうだなと思いました。

アップルもSONYも大きな企業ですが、こういうデザイン哲学の違いみたいな物が分解でわかるのは面白いです。

では。

 

2015年12月 9日 (水)

【デザイン】もう少しデザインにこだわれば・・・(ポータブック)

昨日発表されたキングジムのポータブック。
何と、四半世紀前に同じコンセプトのデザインをした人が居たとか。

キングジム「ポータブック」にうり二つ? 四半世紀を超えて「MindTop」が注目を集める
(Internet Watch)

MindTop(Kazuo KAWASAKI)        
http://www.kazuokawasaki.jp/kke/2_works3.php?id=107

Mindtop

非常に似ていますね。
でもデザイン的にはこの川崎さんの作品の方が良く出来ていますね。

キングジムのポータブックは何でキーボードとディスプレイ側の色を敢えて
白と黒に分けたのか、ちょっと疑問です。

思い切って全部白、というのも面白かったかなと。

では。

関連記事:
【ガジェット】キングジム「ポータブック XMC10」発表!
1年経たずに74%の大幅値下げ(キングジム ポータブック)



【大悲報】iPhone6用純正バッテリ付きケースの反響

どうしてこうなった???

まさかの純正! iPhone 6s/6用バッテリー内蔵ケースをアップルが販売開始 (Gizmodo)

151208napplebattery1

故スティーブ・ジョブズの伝記に彼の養父が「良い大工は見えないところにも手を抜かない」
みたいなことを言っていたということや、以前のiPhoneの分解を行うと、なぜか基板が
黒色になっていた(通常プリント基板は緑色)ということ、そんなことに想いをはせていました。

彼が生きていたら、こんなデザインを許しただろうか???

そう、もう彼はいないのです。
今日のこの純正カバーを見て、改めてアップルにはもうスティーブ・ジョブズがいなくなった
のだなぁと皮肉にも痛感させられたのでした。

アップル純正ブサイク充電ケースを試してみた (Yahoo)

やはり実際に使ってみても「なんで、こんな形になったのだろうか」という疑問は尽きない。
(本文より抜粋)


そうでしょう、見ればわかりますよね。

大丈夫か、アップル?

では。

関連記事:
【分解】話題のApple Smart Battery Caseの中身は?



2015年11月 8日 (日)

【デザイン】iPad Pro用Apple Pencilの充電方法が残念過ぎる・・・

いよいよ今週発売予定(多分)のiPad Pro。

Apple_pencil

それと同時にApple pencilが発売される予定ですが、その充電方法が残念。

iPad Proのペンの充電方法がダサすぎ…ジョブズ亡き後のAppleは何かおかしい…
(netgeek)

Image

確かにLightningコネクタ端子に直挿しするとは聞いていたが、こんな格好悪いデザインとは。
これだとコネクタ根本から折れる危険性も高いでしょうから、変換ケーブルや変換コネクタ
がアクセサリとしてサードベンダーから発売する可能性大ですね。

もう1つガッカリした事。
最近、バージョンアップされたApple Magic Mouse 2の充電方法についても上記記事に
記載がありました。

Magicmouse2

えええ???
まさかの垂直刺し。

こんな美しくない設計(デザイン)、確かに故スティーブ・ジョブズが許すとは
思えません。

こんな妥協したデザインにする=普通の会社になってしまう、ということは
Appleのブランドイメージ失墜の心配が出てきます。

ジョナサン・アイブ氏はチェックしなかったんだろうか???

こんなデザインなら、今までの交換式バッテリの方が良かったんじゃない?
デザインと機能で少し興味があったApple Magic Mouse 2、すっかり興ざめです。

どうした、アップル?

では。



2015年2月21日 (土)

ちょっと残念なカラーラインアップ(FUJIFILM XQ2)

2/26に復活発売されるFUJIFILM XQ2。
見た目は前機種のXQ1と全く同じなのですが(型式ロゴはもちろん違いますが)
一番の変化点はカラーラインアップかもしれません。

XQ1はブラックとシルバー。
XQ2はブラックとホワイト、そしてシルバー。

同じシルバーという名前ですがXQ2はツートーン。

Xq2_slv XQ2シルバー

新色はホワイト。

Xq2 XQ2ホワイト

個人的にはブラックが好きでXQ1はブラックを選択しましたがお店で購入直前まで
どっちの色にしようか、真剣に悩んだのがXQ1のシルバー。

Xq1 XQ1シルバー

上記写真のように、前面シルバーで統一されていて、ちょっとAppleのような
カラーリングが巷では話題だったようです。

クルマなんかでもマイナーチェンジに伴い、ボディカラーが変更されることが
よくありますが、最初のデザイナーが思いを込めて選んだカラーが無くなるのは
ちょっと残念に思うことがあります。

ここからは推測になりますが、XQ1のシルバーは色落ちするか剥げやすかったのでは
ないかなぁと。

なので表面処理をザラザラにするようなラインアップに変えたのではないかと。

いずれにせよ、写真で見る限り、新しいXQ2のホワイトよりXQ1のシルバーの方が
好みかな、やっぱり。

新しいXQ2の売れ筋カラーはどうなるのか、ちょっと気になります。

Photo_xq202 公式サイト

では、また。



関連記事:
【朗報?】後継機、海外発表(FUJIFILM XQ1/XQ2)

【レビュー】FUJIFILM XQ1購入(カメラ)

画像サンプル(FUJIFILM XQ1レビュー)
画像サンプル追加(FUJIFILM XQ1レビュー)
逆光比較FUJIFILM XQ1 vs Panasonic DMC-G5(デジカメ)
使ってみてわかった点(FUJIFILM XQ1レビュー)
FUJIFILM XQ1動画はどうか?(デジカメ)

XQ1のフィルタ機能をちょっとお試し(デジカメ)
モニター晴天モードへ瞬時に切り替える(FUJIFILM XQ1)
XQ1はミラーレスの代わりになるか(デジカメ)
祝!売れ筋ランキング第一位獲得!(FUJIFILM XQ1)
【悲報】生産終了のお知らせ(FUJIFILM XQ1)

ハイエンドコンデジに見るデザインの考えの違い
Nikon COOLPIX P330が安売りされていた件(カメラ)

2015年1月27日 (火)

堅気の社会人が選びにくくなった(トヨタ・アルファード)

もはや、笑うしかない(?)

新型アルファード&ヴェルファイア発売。より豪華に (Carview)

どーん!

Carview0177view_2

どどーん!

Carlineup_alphard_top_01_pc

トヨタ公式サイトより)

ちなみに最近出たあのミニバンのフロントグリルもこんな感じでしたね。

Carlineup_esquire_style_04_pc

トヨタ エスクァイア公式サイトより)

同時発表されたヴェルファイアも凄い!

Carlineup_vellfire_top_01_pc_2

(トヨタ ヴェルファイア公式サイトより)

これは、VOXYのお父さんかな?

Carlineup_voxy_style_01_pc

トヨタVOXY公式サイトより)

これらの海外輸出しないクルマ、すなわち国内専用車、デザインがエグイ

でも、ふと思った。
これはトヨタによる歌舞伎の隈取りをモチーフにしたものなのかと。

30118_0_4_lb ギャラリー 鼬屋

とにかく、強面(こわもて)にすれば売れるミニバン。
逆におとなしい顔つき(フロントグリル)だと人気が出ない不思議な市場。

まあ、きっとコレも売れるんでしょうね。

では、また。





2015年1月 6日 (火)

格好いいか?(au Fx0)

いよいよ全国のauショップで販売される Fx0。

au、Firefox OSスマホ「Fx0」を全国で取り扱い開始
(ケータイWatch)

Fx0_01_s

デザインはX-Rayなどを手がけた吉岡徳二氏。

Visual680x420 link

お得意の「スケルトンデザイン」

で、日本初(多分)のFirefox OSを乗せた機種。

格好いい?

バッテリがどーーんと裏面に配置されているデザイン、格好いい?

正直、「つまらない」

デザイナーは基板レイアウトデザイナーじゃない
よく考えられたプリント基板のデザインはやはり美しいと思うのだが。

ロジック系のボードなら、非常に整然とロジック回路と電源廻りのアナログ回路が
レイアウトされた美しさがあり、純粋なアナログボードなら、アナログ部品とパターン
レイアウト等々見所があります。

これは、単に「ガワ」をデザインしただけ。
スケルトンの良さは、内部が見えないものが見えて(しかもさりげなく)そのギャップを
楽しむものだと思うのですが。

これ見て感動しないのは、普通のAndroidスマホのバックパネルを開いた時に
見られるもの以上の物が見えない点。
フロントは大きなディスプレイによりスケルトン部分が小さく見える。

ガラケーのような物なら違った印象になるでしょう。

何でもデザイナーに任せればいいってもんじゃない。
アップルだってジョナサンアイブだってCoolだって言っていたiPhone5cは
売れなかったじゃないか?

などと思うのですが。。。

とにかく、普通のデザインなら手に取ろうという気もありますが、これだけ
「キャラ」が立っていると逆に手を出しにくい。。。

KDDIの田中社長はギーク向けに作ったと言っていますが、やっぱり
1つの製品を作るのにも多くの人の努力、尽力があるわけで、売れないより
売れる方がいい。

だから、もっとシンプルにして欲しかったなぁ、というのが私の主観です。

もちろん、こういうメカメカっぽいデザインがクールで格好いいというのもアリです。
でも、ちょっと「子供っぽい」かなぁと。

では、また。

Victrinox



2014年11月27日 (木)

スタイル優先?ちょっと使いにくそうなデザイン(自動車)

ホンダからちょっとクールな(?)軽自動車の発表がありました。

ホンダ、新型軽乗用車「N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)」をホームページで先行公開
(Car Watch)

Slash
「N」シリーズ第5弾。8つのスピーカー+サブウーファーが売り。
この前のダイハツ・ウエイクよりはかっこいいかな?

で、気になったのはリアドアノブ。
この形状は・・・

Juke_rear_door

さて上の写真のクルマは何でしょう?
分かった方、通ですねぇ。

答え。

Juke
source

そうです、日産ジュークです。

個人的にはジュークって最初、クーペスタイルなのかと思ったのですが
よーく見るとリアドアがある5ドア。
どこにリアドアノブがあるのか?最初わかりませんでした。

こんな使いにくそうな位置にあるなんて、ほとんどリアシートを使うつもりが
無いのかな?なんて思ったものです。

しかし、このデザインコンセプトをホンダがパクる真似るとは。

たとえ独身でも、ちょっと色んな荷物を載せるのにリアシート開閉って多いはず。
使いにくくないのかな?

あと、リアに向けて極端に狭くなっていくリアウインドウのデザインも疑問。
リアシートに載る乗客は閉塞感を感じるのでは?
それに、後方視認性にも影響が。(ジュークもキューブも見えにくい)

この設計は強度確保のためなのか、それとも単なるスタイル優先なのか・・・?

ホンダのデザイナーさんの意見を雑誌等で是非確認しようと思います。

では。



関連サイト

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ