スマホ・アプリ

2023年6月21日 (水)

古いiPhoneでソフトウェア・アップデートができないたった一つの理由

手元にあったiPhone6 Plus、久々にiOSのアップデートをしようとしたら失敗します。

特にメッセージも無いので原因がわからない。

ふと思った事はスマホのストレージ容量が少なくないか?ということ。

見ると残10GB程。

いらない音楽、動画等を削除して20GB以上にして再度インストールを試みると、あら不思議。

今まで何度も失敗していたアップデートが開始されました。

と言う事で古いiPoneでiOSのアップデートが出来ない場合には、システム(ストレージ)残量を確認してなるべく余裕もたせる(20GB近くまで欲しい)ことですね。

では。

2019年10月26日 (土)

OPPO RENO Aはお買い得?(レビュー)

最近話題になっているスマホと言えばiPhone 11 Pro、Google Pixel 4などがありますが個人的に気になっていた製品がありました。
それは、OPPO RENO A。

防水防塵、おサイフケータイ対応のSIMフリースマホ「OPPO Reno A」10月18日発売(ケータイWatch)
防水とFeliCa対応で3万円台 OPPOがSIMフリー「Reno A」を10月18日に発売(ITmedia)
公式サイト(OPPOジャパン)

楽天モバイル版(128GBストレージ)もあるようですが家電量販店やMVNO各社からも購入できるSIMフリー版に興味がありました。

なぜ、コレが気になったかですが、
・Huaweiの今後の製品(Mate30 Proなど)がアメリカ制裁でGoogleストアアプリをインストールされない状態で出荷される事
・防水防塵であること(IP67)
・おサイフ機能があること
・有機ELを搭載しながら価格が3万円台後半であること

同じような事を考える方が多いようで価格comの人気ランキングでも売上一位。
発売当初はブルーとブラック2色の両方在庫があったのですが、悩んでいるうちに人気のブルーは入荷未定で仕方なくブラックを購入。
なので久々にレビューを書こうかと思います。

前もって書いておきますが、有機ELはスマホが流行り始めた当時、まだiPhoneをソフトバンクでしか扱っていなかった頃からサムスンのGalaxyシリーズで経験済でむしろiPhoneがiPhone Xから有機ELを採用しても「あれ、今頃有機ELなの?」という冷めた目で見ていました。
当時のGalaxyの経験では屋外での視認性が良くなかったり、自分は経験無かったですが「焼け付き」問題も気になっていて比較した感じだとiPhoneの普通の液晶パネルの方が綺麗に感じていました。
有機ELと言うかサムスンの色の味付けが「派手」な感じでiPhoneの方が自然な感じで好きでした。
つまり、有機ELだからイイ、高い、みたいな事でスマホを選択する必要は無く、実際に見て使って気にいるかどうか、気になるかどうかという嗜好の問題だと思います。

OPPO RENO Aの第一印象は「画面がすごく綺麗だな」というのがありました。
ちなみにスペックですが、2340×1080ドット(フルHD+)6.4型。
iPhone11を持っていることは過去記事でも書いてますがその液晶(注:Proじゃないので有機ELで無いです)も綺麗だと思っていましたがそれよりもイイか同等かなと感じました。
まあ、そもそも安いと言われているiPhone11でも7~8万円すると思えばOPPO RENO Aはコスパ高いなと感じます。

OSはAndroidベースのColor OSというiPhnoeみたいな独自OS。
Huaweiは独自のEMUIというOSを使っていますがそれよりもちょっと慣れないせいか使いにくい気がしました。
特にアプリアイコンが丸型になってしまうのはちょっと気になります。

驚いたのは顔認証と指紋認証両方、しかも指紋認証は今後流行りそうな画面内の指紋認証。

Finger-verification 

この価格でこんな機能があるのか、という感じ。
今までのハード(物理的)な指紋認証より認証が遅いみたいな心配もあったのですが、非常に快適に動作しますね。
顔認証はiPhone11 ProやPixelのような赤外線を使った本格的なモノでは無いようでフロントカメラを使う「なんちゃって顔認証」ですが暗い所では上述の指紋認証を使えるので問題にはならないかなと思いました。

さて、肝心のスペックはどうなのか。
スペックではメモリ6GBと多め、CPUはQualcomm SDM710(Snapdragon 710 )というミドルレンジ レンジのチップが乗っています。
ベンチマークとしてAnTuTuベンチマークを実行しました。
以下がその結果。

Oppo-a

約18万台でした。

比較としてiPhone11(無印)とHuawei Mate 9も実施しました。
まずはiPhone 11。

Iphone11_20191026190401

OSが違うので単純比較できませんが、45万台のスコアです。
ネット上での情報でiPhone 11 Proのベンチマーク結果がありましたがそれも大体同じ位(46万弱)でした。

最後にHuawei Mate 9です。

Mate9  

こちらは20万台でOPPO RENO Aよりも高いスコアでした。
参考までにHuawei Mate 9のスペックですがメモリ4GB、CPU HiSilicon Kirin 960です。(2016年11月リリース)
約3年前のスマホですがOPPO RENO Aよりまさかの上スペックでした。
個人的には実はMate 9の代替になるんじゃないかと思っていたフシもありましたがやや残念な結果でした。

皆様も関心があると思われるGoogle Pixel 4ではネット上の情報だと40万台のスコアのようです。
さすがはハイエンドスマホです。

さてこれから買う人に注意すべき点を幾つか紹介しておきます。

・スピーカーはモノラル
 iPhone11/11 Pro、iPhone8/8 Plus、Mate9はすべて上部フロントカメラ位の位置にスピーカーがあって横置きするとステレオ再生します。
 しかしこのOPPO RENO AやHuawei P30などはモノラルスピーカーなので注意してください。

・付属のリア保護ケースがキツイ(サイズが)
 付属してくれるのは有り難いのですがなぜかサイズがキツくて着脱は難しい、力とかコツが必要です。
 過去に沢山のスマホケースを買ってきましたがこれはダントツにキツイです。

・アクセサリー類(ケース類)の社外品が少ない
 このRENO Aはおサイフ機能があるように日本向けに開発されたモデルだと思います。
 そのためか、iPhoneやHuaweiのスマホのようにAmazonでケースを探してもなかなか見つかりません。
 これは注意した方がいいです。

逆に嬉しい点もあります。
・ヘッドフォン端子がある(3.5mmΦの普通のステレオミニプラグ)
 有線ヘッドフォン、イヤフォンが繋げられるのは最近では珍しいのでちょっと嬉しい。
 (Bluetoothヘッドフォンも持ってますが電池の持ちを気にしないといけないので有線は嬉しい。)

以上、簡単なレビューでした。
では。

関連記事:大人気OPPO RENO(レノ)A レビュー(その2)

 

2016年11月28日 (月)

【残念なお知らせ】産経新聞アプリ無料化が終了・・・

iPod touchの頃から愛用していた無料アプリだったのでもの凄く寂しい。。。

スマホ版産経新聞、ついに有料化。 (すまほん)
進化した「産経電子版」12月配信開始 1月末までお得な新規購読キャンペーン実施
(産経新聞)

以下、産経新聞より抜粋。

産業経済新聞社と産経デジタルは、12月に「産経電子版」を新たにリリースします。産経新聞とサンケイスポーツの紙面を配信し、パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれでも利用できるマルチデバイス版です。購読料は、産経新聞が月額1800円(税別)、サンケイスポーツは月額2000円(税別)です。
   (中略)
産経電子版のリリースにともない、無料で閲覧できる産経新聞iPhone版は、速報を中心とした新アプリ「産経プラス」に生まれ変わります。また、産経新聞Android版はスマートフォンでの産経新聞の無料閲覧を終了します。

あーあ。。。

あんなの、無料じゃなかったら読まないですよ。
産経新聞って一時期購読したことがあるけど、読売などのような独自記事が弱く、
共同通信(だったかな)などの情報を列記している場合なんかもあって、とにかく
大手新聞とは違う編集スタイルです。

あの読みにくいレイアウトをスマホ用アプリに最適化したレイアウトにしてくれるの?
タブレット版の有料版のレビューを以前読んだけど散々な内容だったけど
そこは改良されているの?

なんだか1つの時代がまた終わった、そんな気がしました。

では、また。



2016年6月26日 (日)

老化の始まり?耳年齢診断をやってみた(アプリ)

以前ニュースで見たけど、若い子には聞こえる高音が加齢により聞こえなくなる
という原理を使って、夜中の公園とかコンビニに「モスキート音」を出す装置を設置した
ということを思い出しました。

耳年齢診断というアプリの紹介です。

あなたの耳年齢を今すぐチェック!! (APP BANK)
耳年齢診断 ~《24秒で衝撃の結果が》 (iTunes)

Image

最近、英語とか聴いていても若い頃よりも子音や高音の聞き分けができないので
心配だったので早速ダウンロードして実施してみました。

その結果・・・

1st (クリックで拡大)

えーーー、やばい。

何回やっても改善しないので、ヘッドフォン(イヤフォン)を変更してみました。

その結果・・・

2nd

・・・(沈黙)

さて、念のために上記アイコンの「音」という箇所をタップすると周波数を変えて
聞き取れるかどうかの確認ができます。

こんなイメージ(下図参照)

Setting

で、確かめてみると、本当に高い音(=若い年齢)は聞き取れていないことが
はっきりとわかります。

そう言えば、ヘッドフォンで結構耳を酷使していたのかも。。。

一応、歳を取るとなぜ高音が聞こえなくなるのか、ググって調べてみました。

高い音が聞こえづらくなった (からだエイジング)
聴力の低下が起きる仕組み (ヒアリングストア)

耳の「蝸牛(かぎゅう)」の中にある有毛細胞の高音を識別する箇所が老化により
減ってしまうことが原因だとのことらしいです。

25_02

Img_0031

これを元に戻す方法はまだ見つかっていないらしい。。。
「γ(ガンマ)セレクター阻害剤」というものが有効らしいがまだ研究段階とのこと。

今日の教訓。
語学の学習は若いうちにやるべきですねぇ。。。

では。



2016年4月 5日 (火)

【アプリ】究極英単語、使用レビュー

英単語が最近頭に入らない。。。
ということで、最初、単語帳でも作ろうかな、と思ったので21世紀らしくない(?)ので
スマホアプリを物色。

選んだのは、コレ。

English

究極英単語、です。

公式サイトはこんな感じ。

Screenshot_1

選んだ決めてはコンテンツの多さ。
英検やTOEIC以外にも色々あって、また、記憶法則に基づくクイズ形式は
科学的(?)かなぁと。

で早速永年フリー契約で英検1級レベルをダウンロードしてやってみました。

結論から最初に書くと、・・・うーむ、微妙かな、と。

英語の練習アルゴリズムは良く出来ていて、一度間違えると2問後に再登場して
記憶定着をより強くする工夫がある点はGood!

でも、選ばれている単語がどーも「英検1級の過去問」とは微妙にずれている印象が。。。

試しにTOIECや他のコンテンツをやってみても同じような単語が出てきます。
確かにTOIECはTOEICらしい単語も出るのでいいのかな?と思うこともありますが
英検という試験に関しては「でる順パス単」「出る順に最短合格単熟語」
と言った単語集(本)と比べると単語の選定に違和感があります。

まあ、単語増えるのは悪いことでは無いのと、ゲーム感覚で楽しみながら
やれるのとサクサクやることができるのはメリット。

もう1つデメリットは永久会員が期限限定割引(50% off)付きでも3,700円もする点。

Champaign

相当使い込まないとペイしないかも。

他にお勧めのアプリがあれば、また使ってみようかな。

良かった点は単語の覚え方(繰り返し方)という点では参考になりました。

では。

注記:左の本は上記アプリとは無関係です。

2016年3月21日 (月)

iPhone使いこなし法(第6回:再生速度変更アプリ)

いつも語学学習時には、Walkmanの再生速度変更機能を使っていました。
しかし、最近、Walkmanシリーズはハイレゾ中心のラインアップになり、大容量&速度
変更機能付きモデルは3万円程するようになってしまいました。

iPhoneにも音楽と一緒に語学ソースを入れていますが、標準の音楽再生アプリでは
速度変更ができません。

そこで見つけたのは以下のアプリ。

Audipo ~ 倍速再生、耳コピ、リスニングに ~

Icon クリックで拡大

フリー版をダウンロードして試用。
フリー版は再生(リピート)や次曲に自動遷移しないのでプロ版を購入しようかと。

Pro_ver クリックで拡大

アプリ画面の右上の"i"というマークをクリックしてプロ版へのアップグレード。
価格は480円だったので、Walkmanを買い換える(買い増す)よりは安いと思い
早速ダウンロードして使っています。

似たようなアプリで「聞々ハヤえもん」(ぶんぶんはやえもん)というのがあって、
そっちはWindows PC版で使ったことがあったので期待したのですが、試用中に
フリーズしたり上手く動作しなかったので断念。

取り敢えず、これでWalkmanを一緒に持ち歩かなくてもiPhoneだけで速度変更(倍速)
再生が可能になりました。

追記:Android版もありますのでGoogle Playストアからダウンロード可能です。

では。

関連記事:
iPhone使いこなし法(第1回:無音カメラ)
iPhone使いこなし法(第2回:音声の一発停止)
iPhone使いこなし法(第3回:格安SIMを使う)
iPhone使いこなし法(第4回:Yahoo!乗換案内)
iPhone使いこなし法(第5回:天気アプリ)



2016年2月17日 (水)

料理が美味しそうに撮れるアプリ登場(Foodie)

LINEから料理が美味しそうに撮れるアプリが出たようなので早速使ってみました。

食べ物をもっとおいしそうに撮る専用カメラアプリ「Foodie」、LINEがリリース
(IT media)

L_foodie

iOSとAndroid版があります。
(悲しいかな、やっぱりWindows Mobile用は無さそう。。。)

iOS側はなぜかシャッター音がしません(?)
Android側は普通に音が出ました。
もちろん、無音の方が嬉しいですが。

iPhone6で試したのですが、一番左にある「デリシャス」だと何でもない普通の写真が
くっきり綺麗になる感じがします。

他に個人的に気に入ったのは「カフェ」というモード。
渋くてイイ感じです。

ちなみにAndorid(Galaxy S4)でも撮影しましたが、iPhone6より手ブレやAFが弱い
ようで、撮影に神経を使いましたが、同じようにイイ感じで撮れるようです。

こういうアプリが出てくると、本当にスマホはコンデジを凌駕するように思えてきます。
何より気楽に撮影でき、そこそこのクオリティであり、SNS(Instagramなど)との
親和性も良いので。

コンデジの料理モードというのは「料理を美味しそうに撮る」という1モード位しか無く
上述のアプリのようなカスタマイズという点では一歩も二歩も劣ります。

昨今のスマホのカメラは開放端でF1.8位は当たり前なので、SNS程度なら本当に
綺麗に見えるので十分かもしれません。

ということで、あまり外食をネット上に上げない私ですが、面白いアプリということで
紹介してみました。

注:右下に小さく薄く、アプリのロゴが入ります。レビューで酷評されていました。
無くなるといいですけどねぇ。。。

ロゴを表示する/しない、位置情報を残す/残さない、消音にする/しないが
設定で変更可能です。

参考サイト:Foodie(フーディー)食べ物の撮影に特化したカメラアプリ

詳しいFoodieの使い方、設定方法については上記サイトを参考に見てください。


では。



2015年12月19日 (土)

【アプリ】IIJmioのみおぽんの隠し機能

MVNOには自分の使用した通信データ量、残量などが分かるスマホアプリが
用意されていますが、IIJmioの「みおぽん」が便利。

以前もこのブログでも紹介しましたが、最近知ったのは以下の機能。

Img_0845  [クリックで拡大]

ファミリーシェアプランでは最大3枚のSIMカードを登録できるのですが、
電話番号がどの機器に入っているか?と時々迷います。

「みおぽん」では上記写真のように電話番号の上に自分の好きな名前を付与できます。

やり方は簡単。
電話番号欄を長押しすると上に文字入力することができるようになります。

唯一面倒なのは、端末毎にみおぽんの設定をしてあげないとダメな点かな。
つまり、スタンドアローン、端末のアプリ内でデータ保存しているだけなのです。
これが自分の契約IDとネット経由で保存できればなぁ。。。
また、PCのWEBではこの仕掛けが無いです。

何はともあれIIJmio契約中で「みおぽん」を使っている人は試してみてはいかがでしょうか?

では。

関連記事:
【ファイナルアンサー】mineoとIIJmioどっちがお勧め?
IIJmioへ逆戻り(モバイルMVNO)
【格安SIM】IIJmio低速モードでもRadikoストリーミングが快適



2015年8月 4日 (火)

iPhone使いこなし法(第5回:天気アプリ)

天気アプリ、皆様、何をお使いでしょうか?

天気と言えば、ウェザーニュース

Weathernews

昔、まだiPhoneでなくてiPod touchを使っている頃からずっと入れているアプリ。
複数の住所を登録できて、当日の天気を3時間/1時間表示できたり、
コメントが出たりしたりして使い勝手が良かったです。

しかし、最近、なぜかSNSっぽい仕様に変わってしまい、メニューが増えて
かえって使いづらくなりました。
残念。

変わってメインの座を奪っているのがTenki.jpというアプリ。

Tenkijp


Tenkijp_capture

このアプリは一日の気温が上記のように折れ線グラフ表示されていて見やすい。
あと、個人的な実感ですが、天気の的中率が高い(気がします)。
ちなみにこのアプリはあの「日本気象協会」が作っている模様。
さすが、日本気象協会、なのかな?

最後に番外編。
Yahoo!天気です。

Yahoo_tenki

このアプリのちょっとした便利な点は、アイコンの「バッジ」機能を使って
登録地点の「降水確率」を表示してくれる点。

Icon

こんな感じ。
なので、ホームページに置いておくだけでアプリを起動しなくても降水確率が
わかるのが地道に便利。

特に、Android端末の場合だとウィジットを使って同じような機能を実現できるのですが
残念ながらiOSの場合、ウィジットがありません。
こういう使い勝手、カスタマイズの自由度はAndroid端末の方が楽しいですね。

では。

関連記事:
iPhone使いこなし法(第1回:無音カメラ)
iPhone使いこなし法(第2回:音声の一発停止)
iPhone使いこなし法(第3回:格安SIMを使う)
iPhone使いこなし法(第4回:Yahoo!乗換案内)

2015年8月 3日 (月)

iPhone使いこなし法(第4回:Yahoo!乗換案内)

賛否あるかと思いますが、路線案内(乗り換え案内)アプリとして
最終的に落ち着いたのが、この「Yahoo!乗換案内」です。

個人的に気に入っている点は以下の通り。

1)音声検索が便利
 マイクのアイコンをクリックして「○○から○○」と喋るだけで検索候補が入力されます。
 しかも、精度が高い。
 手入力よりも数段速くてとっても便利。

2)停車駅の数がわかる

 初めて行くような場所だと特に、この電車でいいのか不安になります。
 停車駅の数とその駅名も表示してくれるのが助かります。

3)今走行中の位置がわかる
 上の2)と関連するのですが、今どこの駅と駅の間を運行しているかがわかる。
 これも乗り越ししないためにとっても便利。

しかも、色々とバージョンアップされてきて、アップデートのたびに使いやすく改良
されて来ている点も好感。

ということで鉄板アプリの紹介でした。

では。

関連記事:
iPhone使いこなし法(第1回:無音カメラ)
iPhone使いこなし法(第2回:音声の一発停止)
iPhone使いこなし法(第3回:格安SIMを使う)
iPhone使いこなし法(第5回:天気アプリ)

関連サイト

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ