半導体

2017年2月19日 (日)

打倒サムスン(三星)だった東芝の転落。。。(フラッシュ売却)

今日もテレビでやっていたけど、東芝、もう法的整理した方がいいんじゃない?

稼ぎ頭のフラッシュメモリの半導体事業を売却して、ショートしたキャッシュを補おうという
まさに自転車操業的な会社運営に、もはやこれからの先行きは見えない。。。

以前も書いたかもしれませんが、東芝の半導体工場には打倒サムスン(三星電子)、
シェア世界ナンバーワンを目指すという志が見られました。

それが、今、こんなことになろうとは。。。

莫大な投資、厳しい技術開発を経て、やっと今のサーバSSDブームなどで利益が
増えてきた最後の日本半導体大型企業だった東芝。
(ルネサスなどもあるけれどもやっぱり世界規模で戦えるのは東芝フラッシュ事業だけ)

数十年前、東芝と言えばインフラ関係もやっている、家電もやっている、本当に
家電メーカとしては、リスクの少ない企業だったはず。

それが今、中途半端なインフラ投資、金儲けのために誤った経営判断をしたために
巨額の負債を抱えて、東証一部上場から初めて東証二部への転落が確実に。

果たして、半導体を切り離して、これからどこに向かうのか、東芝。

非常にやりきれない思いがします。
現場の優秀なエンジニア、工場管理者達はこれからどうなるのでしょう?

では。



2015年10月25日 (日)

【ニュース】東芝、画像センサ事業をソニーに売却

今後はメモリ(NAND FLASH)に注力していく模様です。

東芝、イメージセンサ事業から撤退へ ―ソニーに売却でリストラ加速 (ガジェ速)

Toshiba_image_sensor CMOSエリアイメージセンサ(東芝HP)

イメージセンサ(画像処理センサ)はご存じの通り、スマホのカメラなどに使われる
最近ホットなデバイス(半導体)。

Cmos_fig01_3[画像クリックで拡大]

東芝については先日の不適切会計処理問題で赤字が問題になっており、
早急な構造改革(リストラ)が必要とされていました。

実は、東芝と言うと、NAND FLAHSばかりが注目されていますが、ディスクリート
半導体、つまり、レギュレータ、トランジスタ、光半導体リレーなど地味ながら
結構古くから変わらないデバイス(半導体)を供給してくれている貴重な会社だったのです。

ところが、ここ数年、これらのデバイスを次々と生産終了にしてきています。
これ、ハード設計しているメーカにとっては非常に困る話なのです。
理由は簡単で、フルコンパチ(完全互換)のあるデバイスの調達に困るからです。

アナログ系のこうした半導体で大手国産の最後の砦のひとつだっただけにショック。
今回のイメージセンサについても各メーカさんは設計変更などの対応が必要に
なる可能性がありますね。

ソニーと言えば、CMOSイメージセンサでは押しも押されぬ業界の盟主。
特に高性能という点が評価されて、iPhone、Galaxyなどのスマホに多く搭載されている
ようです。

Camera iPhone6s tear down (iFixit)

東芝の今回の件を見るにつけ、日本の半導体業界の低迷を感じるのは私だけでは
ないでしょうね。
九州に多くある東芝の各工場に勤務されている人はソニーに転籍かな?
どこも大変です。

では。

 東芝セミコンダクター社は本も書いているんですね。

2015年10月22日 (木)

【ニュース】ウエスタンデジタルがSanDiskを買収

いやー、このニュースは驚きました。

WDが2兆3千億円でSanDiskを買収 (PC Watch)

WD(Western Digital:ウエスタンデジタル)と言えばHDDの大手。
今、HDD業界は大手3社程度に減ってきているようです。
そんな中、SSDなどFlash NANDメモリのストレージへ大きく舵を切ったと
思われる今回の買収。

SanDiskはFlashメモリの大手第三位。
一位はサムスン(三星電子)二位は東芝になりますが、ご存じの通り東芝と
SanDiskは共同出資で工場を稼働しているので今後WDと東芝の関係も気になります。

それにしても金額が凄いですねぇ。。。
いずれにせよ、今後、どういう製品が出てくるのか、楽しみですね。

では。



2015年3月 1日 (日)

サムスンDRAMがiPhone6sに大量採用

韓国サムスン、次期アップルのiPhone6sに搭載されるDDR(LPDDR4)の半分以上を
供給するというニュースが入ってきました。。。

アップルの新機種所要のチップの半分以上が韓国サムスン電子から供給される
(Livedoor news)
サムスン、iPhone 6sとLG G4向けにDRAMを大量供給へ (Mobile & apps)

Iphone6slgg4dram

LPDDR4とは低消費電力タイプのDDR4で、モバイル向け。
特に電源電圧が+1.1V。

JEDEC、低消費電力版DDR4メモリ「LPDDR4」規格を公開  (PC Watch)

01 (クリックで拡大表示)

結構半導体に近い業界にいるので、「あー、いよいよLPDDR4が載るデバイスが
発売されるんだなぁ」と感慨深いです。

DRAMの動向はPC向けが以前はトレンドドライバーとしての役割を果たしていましたが
最近はスマホ、タブレットなどのモバイルデバイスにも大容量、高速、低消費電力の
メモリが要求されるようになりました。

しかし、プロセスが20nmかぁ。。。

色んな技術的な壁が見えてくる1xnm世代。
そういう時代にようやく突入しようとしているのですねぇ。

では、また。



2015年1月 8日 (木)

最近の異物混入騒動について

あのゴキブリ混入のペヤングソース焼きそば事件から、最近ではマクドナルドで
色々な物(プラスチック片、歯など)の混入まで色々出てきて大騒ぎです。

世間では、食品を扱うのだからほんの少しの異物も許容しない!みたいな
風潮になっていますが、果たしてそんなことできるんでしょうか?

まず、「異物」の定義を明確にして欲しいです。
異物の大きさを決めてもらわないと、チリレベル(数ミリ未満)の浮遊物でも
排除しないといけない、そんな製造工程って実現可能なのかな?(コスト的に)

話が飛躍しますが、半導体って「クリーンルーム」と呼ばれる非常にゴミの少ない
環境で製造されるというのは有名な話です。

しかし、それでも異物混入を全くゼロにはできません。

検査すればいいじゃないか、という話もあります。
いえいえ、そんな簡単じゃないんです。

半導体の故障モードで偶発故障(ちょっと専門的で済みません)というのがあり
それは、大体製造中の異物が検査をすり抜けて、使用している間に超間欠的に
不具合を起こすことがあるということなのです。

不具合ゼロというのはあり得ないのです。

話を戻しましょう。

例えば、たばこの煙には微粒子が含まれていてそれは発がん性があると言われています。
その粒子のサイズって非常に小さいですが、それでも受動喫煙と言われるように
たばこを吸わない人でもそれにより気管支関係の病気になることがあるそうです。

つまり、大きさではなくて健康への影響度、の方が重要ではないのか?

自分はもちろんゴキブリ入りのカップ麺なんか食べたいとは思いません。
でも、あれ、完全に焼き上げられている「虫」なので食べても死にはしません。
おなかを壊すか・・・は微妙ですが、中国だったかアジア圏で昆虫とかゴキブリ類を
食べるという文化もあります。

で、何が言いたいかというと、あまりにもSNS(ツイッター等)が普及して、
ネタのつもりでそういう画像をアップして大炎上して販売会社が謝罪する
というのは本当に良いことなのだろうか、という点。

物を作る立場から言うと、消費者センタや保健所に持ち込んで調査依頼するとか
本当に気になるならそういうしかるべきところに出るべきかと。

これがエスカレートすると、本当に完全密閉のクリーンルームでしか物を作れない。
そのコストは消費者に返ってきます。

別にマクドナルドもペヤングも擁護する気はないけれども、そもそも「超低コスト」の
商品です。安全性のコストを今までどれだけ意識していますか?

前にも書きましたが、マックのハンバーガーの肉はどうやって作っているか知っていますか?

関連記事:培養肉と成形肉、どちらが安全?

そっちの方がよっぽど恐ろしいのに、なぜか異物だけが目に見えるので大騒ぎしている。
消費者は低コストなのに高品質を求めている。

それは矛盾していませんか?

異物が入っていたら、一言、お店に言って交換してもらいましょう。
嫌なら、もうマックへ行かないことでしょう。

お店の衛生面を徹底するとか、騒いでいるけれど食中毒などではないのだから、
とちょっと冷静に思ったりします。

余談ですが、子供の頃、インスタントラーメン(袋)に髪の毛が入っていました。
メーカへ返品したら、代品とその他多数のラーメンが送られましたよ。

今だったら、ツイッターに写真を載っけて炎上させるだろうか・・・?
多分、ネタとしてやってしまいそうで怖いです。

自分も炎上させないように気をつけたいと思うと同時に、メーカやショップも
難しい時代になったと認識しているでしょう。

では、また。



2013年9月15日 (日)

DRAM価格高騰の予感?(SK Hynix火災事故)

先日発生した火災による影響が想定以上に大きい模様です。

中国:韓国SKハイニックスの無錫DRAM工場、火災被害は想定以上か(newsclip.be)

専門誌以外ではあまり報道されていない今回の火災。
SKハイニックスとはハイニックスをSKグループが買収した会社。
現在、DRAMシェアでは同じく韓国のサムスン同様、大きなシェアを持っています。

火災が発生したのは、中国の工場。
原因については詳細が無いので何とも言えませんが、影響としては
長期化によりDRAM価格が不安定になること。

PC向けのDRAMなのか、モバイル向けのLPDDR2/3なのかにもよりますが
いずれにせよ、現在、それほど需要が逼迫していないので影響は軽微かも
しれません。

今後の価格に注目したいものです。

では。

関連サイト

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ