英語

2017年7月13日 (木)

愚策?名案?迷走する大学入試の英語について

全く、学生が可哀そうになりますねぇ。。。

大学入試新テストの実施方針公表 英語で民間の検定試験導入 (NHK)

以下が非常に気になる点(抜粋)です。

大学入試センターの試験をやめて、書いたり話したりする力を測定するため、英検やTOEFLなどの民間の検定試験が導入されます。

はぁ?

普通のセンター試験の問題ですら難しい学生にもっと難しい試験をさせるという無茶。
無謀です。
そもそも、英検はともかく(もちろん英検がいいと言うわけではなく)、TOEFLって
どういう意図なのか、意味不明です。

TOEFL:Test of English as a Foreign Language = 「外国語としての英語のテスト」
(Wikipediaより)

これだけだとわかりにくいのですが、英語学習者なら皆知っている通り、
アメリカに留学する時に英語力があるかを確認するための試験です。

だから、無茶苦茶難しい。

今まで草野球レベルの練習で良かったのに、ある日からいきなり大リーグに
挑戦するような、そんな感じでしょうか。

そもそも、文科省は我々日本国民にどの程度の英語力を必要としているのでしょうか?

数学だって、物理だって、社会に出て使う機会はほとんどないけれど、大学の
授業に付いていくための基礎力としての勉強は理解できます。
だから、センター試験は難問、奇問というものが少なく、比較的基礎的な学力等を
見ることができる試験になっているはず。

つまり、努力すれば何とかなる、というものだったはず。
ところが、英語に関しては、基礎ができない=センター試験の成績が良くない、
そこをまず克服しないといけない、学校教育で基礎学習を見直すべき、というのが
私の想いです。

自分の高校時代、ろくな発音もできない先生が英語のリーダー(Reader)の先生で
中学時代の英語ペラペラな先生とのギャップに愕然としたように、発音という
言語学習の最も基礎となる部分をないがしろにする教育は間違っています。

だから、別にセンター試験でも発音問題をきっちりとやればそれだけでも
試験勉強、つまり普段の英語学習も変わるはずなんですけどねぇ。

発音できなければその音を聞き分けることができない=リスニングができない。
発音、それはリズムなので、自然な英語か不自然な英語か、という語感も育たない。
日本語だって、よくショッピングサイトで怪しげな中国人が書いたような機械翻訳の
日本語に失笑することがありますよね?
言語ってそういう自然さというものもあるので、本当ならもっと原書を読む時間、
原書を聴く時間が必要だと思います。

何でここまでこの問題を気にするか、それは、やっぱり学校での英語教育に
問題があると思っているからです。

こういう民間企業の試験を導入すると本当に英語力が付くのでしょうか?
それよりも現場の先生は自分が大学の教育課程で習わなかった言語教育方法を
どうやって生徒に伝えることができるのでしょう?

いまや、介護、保育士、教師と言った職業は半ブラック化しており、過重労働、
手当の付かない残業等問題になっています。

文科省はその問題を現場に放り出して、自分達で勝手に解決しろという。
それは無責任過ぎませんか?

小学校からの英語教育もこの試験と全くリンクするとは思えない。
つまり、思いつきでアレコレ試験をいじっている、としか思えないのです。

長くなりましたが、この試験で英語嫌いが増えないことを願いたいものです。

TOEFLなんて受けたくないです(英検だって同様です)。

では。


2016年7月10日 (日)

英検は1級にこそ意味がある?(英語)

今日は英検2次試験の日ですね。(私は受けませんが。)

ツイートから。

これだと、準1級で覚えた7000語とほぼ同じ語彙数を増やしてやっと1級なのよね。
でも、コレ、事実かもと思うのは、洋書を読むのにそれでも足りなくて15000語と
書かれている点。

実感と合っています。
英字新聞(The Japan News)で日本人が書く文章は辞書無し、もしくは数語辞書で
確認する程度なのが、ネイティブが書く文章だと、わからない単語が最初の1文から
バンバン出てきたりしますから。

学校の勉強で語彙増強って重視されていないのが問題だと思います。
こういう15000語という数字をきっちりと意識させてくれないと、いつまでも
相手の言うことがわからない、言いたいことが言えない状態になる気がします。

何はともあれ、本日受験の皆様、尊敬します。

頑張ってください。

では。



2016年6月 2日 (木)

英語教材:速読速聴・英単語 Advanced 1100 ver.4

4月頃からガジェットブログじゃなくて、語学ブログか!?という感じですみませんが
またまた語学ネタ。

今回はあの受験参考書で有名なZ会の速読速聴・英単語 Advanced 1100 ver.4について
簡単なレビューと言うか感想を。

Cover
最近買ったレンズで撮影(^^)

中身はこんな感じ。

Sample

この下位レベルにあたるCoreだと本文にスラッシュ(/)が入っていて読みにくいのですがこちらはそのようなものが無いのはいいですね。

さて、Ver.2, Ver.3と買ってきて今回大きく変わったことが1点あります。
それは、複数のページに分かれていた長文トピックが切れ目無く、1つの音声として
連続して録音されている
こと。

これは、聴くときに集中力を切らさずに済みますので私の中では大改善です。

レベルとしては英検では準1級から1級レベルとのことですが、他の英検1級用の語彙学習本と比較すると、ターゲット単語がまるで違いますのでこれをやったからと言って英検1級の単語学習に効果は無さそうです。(やさしいかなと。)

まあ、それだけ英検1級の単語は手強いということなんですが。。。

ただね、あの単語だけの学習って本当に英語を英語として勉強する行為とは別の暗記作業でして、苦痛しかないんですよ。

そういう時にこういう中身のある文章を時々聴かないと英語(英文)を忘れてしまいそうなのでやっぱりお勧め教材かと思います。

CDは3枚付き。
なので、時間も掛かります。

過去のバージョンにも収録されている文章が半分くらいあるのはちょっと不満だけれどもそれでも先に書いた録音の仕方を変えてくれたのでこっちの方が使いやすいです。

あと英文の後に内容理解を確認する質問文が流れるのもグッド。

あとは、どれだけ勉強して元を取るか、ですかねぇ。。。

では。



2016年5月22日 (日)

勝手にラジオ英語講座レビュー

4月からNHKラジオの英語講座も聴いています。

そこで、簡単に各番組について感想を。

Image

①実践ビジネス英語
昔は「やさしいビジネス英語」という名前だった杉田敏先生の講座。
昔はちっともやさしくなくて、超難しいと思った講座です。
ダイアローグをビニエットと呼び、単語は英検で言うと準1級レベルくらいでしょうか。
昔に比べて軟化したように感じます。

相変わらず、ビジネスと無関係な内容で、「こんな会話、仕事で役立つのかな?」
と思いつつ、杉田先生は教養ある英語を喋れるように目指すべきとのお考えの下、
どちらかと言うと「文化的」な視点での会話が展開されるのが特徴です。

今の私には難しいとは思えないけれど、実用性という点では「うーーん」という
講座です。
主に知らない単語が無いかのチェック用。
それにしても、かなり凝った表現、イディオムも出てくるので、アメリカ人以外には
使いづらい単語も含まれていて、勉強にはなるんでしょうけど、個人的には
あんまりお勧めしないかなぁ。。。

②入門ビジネス英語
①が難しい、実用的でないと要求があったのか(?)不明ですが、こちらは
柴田先生による本当に易しめの英語が使われる講座です。

会議での発言という現実的な用途、非英語圏でも通じるような易しめのフレーズ、
単語というのは実用的で個人的にはお勧め度はこちらの方が上です。

ダイアローグのスピードは①より遅め。
自分でも仕事で使えそうな表現があって、覚えるといいかなと思って学習中。
①が週3回でこっちは週2回。時間は同じ時間(月曜、火曜)。
①に比べると内容の密度はかなりスカスカですが、これなら挫折する人も少ないのでは?

③ラジオ英会話
昼休みに①②を聴くと12:40からのスタートなのですがその前にあるのがこの講座。
レベル的には②同等なのでしょうけど、会話スピードが意外に速いのと、カジュアルな
会話で簡単そうで結構そうでない。
ということで、途中からテキストを買って始めたのですが、案外面白い。
遠山顕先生の英語は柴田先生よりも発音が良いのはさすがは教育専門だからかな。

これは①②と違いテキストも2色刷で番組の時間も朝、昼、夜(9:45~)と一番
聞きやすそうな時間に設定されているようで、人気の程が伺えます。

単語は単純そうで、意外と難しく実用的。
ビジネス会話と違い、カジュアルなテーマを楽しく学習できるような工夫が各所に。
重要表現、発音のコツ(イントネーションなど)というのもよく出来ていると感心。

惜しいのは、遠山先生がアシスタント(2名もいます!)とフリートークする時に
時々何を言っているかわからないこと(ジョーク)があり、悲しい。
先生、このレベルの生徒には酷ですよ~。

まあ、そういう意味では一番実践的な「会話」という講座なんでしょうね。
週5回、うち4回は通常のダイアローグ、金曜は復習。
毎日、リスニングチャレンジのコーナーがあり、TOEICのようなリスニング文章を
聴くこともできます。

コストパフォーマンスは高いです。

<総括>
個人的には②と③がお勧めでしょうね。
①は英語が趣味という人向けかと。
ちなみに、英語の文法的な勉強などには基礎英語1~3という講座もありますので
勉強!という人にはそっちの方がお勧めかも。

<余談>
今はNHKのラジオアプリがあるので、インターネット環境であればPC、スマホ、
タブレットで綺麗な音声で聴けるのがありがたい。
しかも、英語の場合、専用アプリがあって前週の番組のストリーミング聴取も可能。
これもありがたい。
中国語もSafariなどでストリーミングが利用可能です(注:要会員登録)。

また以前にも書いたけど、CD、オーディオブック、NHKサイトからの音声ダウンロード
購入により、短時間圧縮版も聴けます。(もちろん有料)

但し、やっぱり15分ではありますが、説明は本放送の方が詳しいので、できれば
本放送での学習がお勧め。

いずれの場合にしても、語学は繰り返しが大切。
1回の放送や週末の復習だけでは全然不十分。
忘れた頃に音声聴いて思い出す(長期記憶化する)努力は必要かと。

コストという点では、Z会の速読速聴シリーズなどの方が安くて勉強になると思います。

では。

2016年5月21日 (土)

語学学習のコツ(ディーン・フジオカ流)

4言語を操るという俳優、ディーン・フジオカさんの記事が日経に載っていました。
内容が面白かったのでご紹介。

4言語を操るディーン・フジオカさんの「英語術」 (日経)

子供の頃から、洋画の字幕無しに親しんだりしたというエピソードも。

私が「そうだね、同感」と思ったのは以下のコメント。

・どんな言語を勉強する際も、「言葉を理解できるようになったら何をしたいか」に重点を置くといいと思います。「英語を上達させる」ことだけが目標だと、語学を学ぶことがつらい作業になってしまう。それでは長続きしませんよね。

・語学は何かを伝えたい時、何かを知りたい時に使う「ツール」に過ぎません。その言葉が理解できるようになった時、話せるようになった時にどんなことがしたいのか、いろいろと思い浮かべてみると、自然と語学に向き合う姿勢が変わってくると思います。

語学を学習することが目的になると大変だけど、「何をしたいか」にフォーカスすれば
非常にモチベーションを保つことになりますね。

最近、目標が高すぎてできないことばかりに目が行きそうなのでこの記事は
目から鱗。
久々に忘れてきたことを思い出しました。

言語はツール。

とにかく、楽しんで学習したいものです。

では。

Image



2016年5月 5日 (木)

【英語】マジタンやってみた #マジタンWEB

インスタのTLに流れていた #マジタン

2分程度で語彙力が分かるというものらしい。

こちら

Majitan

最初に知っている単語をチェック。
その後、25問連続で問題が出題されます。

制限時間付きでちょっと焦ります(汗)。。。

一応結果が出ました。

Result

ははは・・・絶対嘘ですね、コレ。

自分の語彙力は多分6000~8000語程度かなと思っているので1万語というのは
かなり甘めの結果ですね。

なぜ、こんなことを書いているかと言うと、今更ながら英検1級の語彙って
どんな程度かと思って過去問(英検HPで自由に閲覧可能)を見たら
全く見覚えの無い単語が選択肢に並んでいて腰を抜かしそうになったから。

英検1級過去問 (英検HP)

問題は無断複製禁止と書いてあるのでブログには貼りませんが、
例えば最初はこんな感じです。(2015年度3回目)

1 reenactment  2 repellent  3 confederation  4 concession

最初の単語なんか、「でる順パス単(旺文社)」「英検1級単熟語EX(ジャパンタイムス)」
にも載っていない単語
ですから、本を持ち込んでもわからないということに!(苦笑)

いやー、どれだけ単語覚えれば満足なのか、途方に暮れます。
こうやってみると語彙数だけはTOEICに比べて英検は格段に難しい。

話をマジタンに戻しますが、iPhoneアプリで現在120円。
先日も同じような単語学習アプリを買って遊んでいましたが、飽きてしまって
最近はもうやっていませんが。。。

では。

関連記事:
【アプリ】究極英単語、使用レビュー



2016年4月11日 (月)

NHK語学番組、別売り音声について困ったこと

NHKの語学番組(ラジオ)ですが、ビジネスパーソンには時間が合わないと
聴くのが難しいです。
そこで必要になるのは別売りの音源。

Dscf1729_3 by XQ1

昔は別売り音声と言えばCDの一択だったので、最初CD版を購入したのですが
後で調べるとダウンロードの方が安いと判明!

まず最初にiTunesで購入したのが「オーディオブック」形式。

Image1 (クリックで拡大)

これ、iBookという標準アプリで開くのですが、困ったことに1曲リピートができない

また、Walkmanなど他のMP3プレイヤーに転送する場合には、トラック分けができなく
1ファイルとしてしか保存できません。

(iTunesにてプレイリストに追加すると1ファイルだけになってしまい、トラック分けが
 無効になってしまいます。)

Image2 (iBooksで開くとトラック分けされています)

どうもこの辺がレビュー評価が低い理由のようです。

ただ、オーディオブックは速度を1.25倍、1.5倍、2倍速に変更できます。

Image3 (クリックで拡大)

ここはまあいいかな。

次にAmazonのMP3はどうなのだろうかと調べてみましたが、これはAmazonの
Musicアプリが必要。
それでもいいのですが、速度変更できないようで却下。

SONY Mora(モーラ)でのダウンロードもあるようなのですが、過去にモーラで
音楽を購入した時にファイル保護が厳しくてファイル保存に苦労した経験が。
CDに書き込んで(リッピング)、それをiTunesに取り込めば問題ないのですが
それはそれでまた手間です。

最終的にNHKの公式サイトからMP3ファイルをダウンロード購入する方法が
ベストと気づいた次第。

NHKサービスセンター ダウンロードストア

Nhk

これだと純粋にMP3ファイルがダウンロードできるので、iTunesやMedia Goに
取り込むのも楽勝です。

変な著作権保護も無さそうなのでこれがベストではないかと。

ちなみに、「ラジオ英会話」は上下の2式で600円*2式=1,200円(税込み)。
CD版だと税込み1,625円。

「入門ビジネス英語」だと1本なので900円(税込み)、CDが1,512円(税込み)。
CD版、高いよ~。

では。

2016年4月 9日 (土)

無資格で有料通訳OK?今までの資格取得者はどうなるの?(通訳案内士)

これも時代の流れなのでしょうか。。。

無資格で有料通訳案内OK…観光庁が法改正検討 (読売新聞)

観光庁は8日、政府の規制改革会議(議長=岡素之・住友商事相談役)で、「通訳案内士」の国家資格がなくても外国人相手に有料観光案内ができるよう、法改正を検討する方針を示した。

 通訳案内士は、外国語を使って外国人観光客を旅行案内するための資格で、1949年に創設された。通訳案内士法は、無資格者による有料案内を禁じている。政府は2020年までに訪日外国人を年間4000万人に引き上げる目標を掲げている。通訳案内士は全国で約1万9000人にとどまっており、同会議は外国人観光客増加に対応するため、規制緩和を求めてきた。

 観光庁は、無資格者の案内を解禁した場合でも国家資格は存続させ、より高品質のサービスを求める利用者が通訳案内士を選べるようにする考えだ。無資格のガイドにより、日本のイメージが悪化する事態を防ぐ対策も課題となる。
(以上、読売新聞より)

あれまぁ。。。
前々から通訳案内士の資格の難しさとなり手の少なさが問題になっていましたが。。。
昔、1ドルが300円頃は通訳というのは儲かる仕事だったようですが、現在の為替レート
つまり円高な時代1ドル110円程度ではあまり儲からないようです。

それでいて、資格は英検1級+ガイド知識というレベルの高さ。
(それでも以前は英検合格とは別にガイド試験というのがあってそれがまた
 単語の難しさ等で相当難しかった。)

これでも緩和されたのですが、課題は英語以外、つまり中国語などの通訳案内士が
非常に少ない点が課題なのです。

少なくとも日本で唯一の語学国家試験である通訳案内士。
これを取得するために、ガイド学校へ行ったり勉強した費用、時間を費やした人は
こんな暴挙を許すのでしょうか
ねぇ?

医師や弁護士の免許を突然、免許無くても診察したり裁判で弁護していい、となったら
どこかおかしいでしょうに。。。

それなりのプロが居て、品質を確保してきたのに、結局人手不足のため質の悪い
素人ガイドにお任せするということでコスト削減と人手不足解消という一石二鳥を
やるということになるのは明白でしょう。

民泊なんかも同じですよね。
プロのホテル、旅館の許可を民間(=素人)に任せて、それでいて安全性は
満たせ、なんて虫(都合)のいいことを適当に決めちゃうのが政治なのでしょうか?

そもそも、インフラ(観光客の受け入れ)がしっかりプラニングできていないのに
2,000万人だの4,000万人だの観光客を受け入れたいとは、どういう論理?

話が通訳とは離れますが、最近の日本にいる外国人観光客数は異常でしょう。
自分の国なのに、日本語以外の言語が多く聴かれる大型家電店とか、ホント
何か違うんじゃないか、という気がしてきます。

話を戻しますが、目先のことだけでなく長期的展望を持った案を政府には
考えて頂きたいと思う次第です。

では。



英語教科書「エレン先生」は英語教育に効果あるか?(苦笑)

最近の教科書は自分が子供の頃と違ってカラフルで、親しみやすいようです。
ところで、何でも英語教科書のイラストキャラクターがちょっと話題になっているようです。

英語教科書の「エレン先生」人気は出版元も想定外 なぜあのイラストが採用されたのか、そして初の試みとは (ねとらぼ)

Ellen

教科書はあの東京書籍のNEW HORIZON(ホライゾン)だそうで、自分も確かホライズン
だっただけに隔世の感がありますねぇ。

この本に出てくるのがエレン・ベーカー先生ということで、ちょっとアニメっぽいイラストが。

これで、英語への興味が湧けばいいのですけど、果たして効果は?
あまり話題になりすぎて保護者からクレームが来ないかと心配しているようですが
別にコレはコレで問題ないでしょう?

でも男の子ウケを狙っている感じしますね。
女子はどう思うんだろう?

(堅いことを言えば)いずれにしても、内容が一番大切で、教科書選定の基本は内容ですから。

自分の頃のホライズンはいきなり、
This is Japan. This is America. That is England.
だったかなと思いますが、いきなり定冠詞(a, an)不要な名詞を使う文章から
入るか?と子供ながらに驚いたんですが。

ちなみに、個人的に最初に習った英語の本(塾)の最初は
I
You

から始まっていて、最初の文章は
I am here.
You are there.

でしたから。

難しいよねぇ、学校の教科書は。
イラスト歓迎なんだけど、やっぱり採用する英文、そしてどのように文法を
バランスよく理解させてくれるか、等が難しいところでしょうね。

話が脱線しましたが、イラストが話題になっているだけではまだまだ
英語学習の道は険しいのかなと。

アニメ=日本文化というのもちょっと違う気がします。

果たして、子供達の反応はどうなのでしょう?

では。



2016年4月 5日 (火)

【アプリ】究極英単語、使用レビュー

英単語が最近頭に入らない。。。
ということで、最初、単語帳でも作ろうかな、と思ったので21世紀らしくない(?)ので
スマホアプリを物色。

選んだのは、コレ。

English

究極英単語、です。

公式サイトはこんな感じ。

Screenshot_1

選んだ決めてはコンテンツの多さ。
英検やTOEIC以外にも色々あって、また、記憶法則に基づくクイズ形式は
科学的(?)かなぁと。

で早速永年フリー契約で英検1級レベルをダウンロードしてやってみました。

結論から最初に書くと、・・・うーむ、微妙かな、と。

英語の練習アルゴリズムは良く出来ていて、一度間違えると2問後に再登場して
記憶定着をより強くする工夫がある点はGood!

でも、選ばれている単語がどーも「英検1級の過去問」とは微妙にずれている印象が。。。

試しにTOIECや他のコンテンツをやってみても同じような単語が出てきます。
確かにTOIECはTOEICらしい単語も出るのでいいのかな?と思うこともありますが
英検という試験に関しては「でる順パス単」「出る順に最短合格単熟語」
と言った単語集(本)と比べると単語の選定に違和感があります。

まあ、単語増えるのは悪いことでは無いのと、ゲーム感覚で楽しみながら
やれるのとサクサクやることができるのはメリット。

もう1つデメリットは永久会員が期限限定割引(50% off)付きでも3,700円もする点。

Champaign

相当使い込まないとペイしないかも。

他にお勧めのアプリがあれば、また使ってみようかな。

良かった点は単語の覚え方(繰り返し方)という点では参考になりました。

では。

注記:左の本は上記アプリとは無関係です。

関連サイト

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ